« 予定と花 | トップページ | 教室風景 2 »

2009年3月26日 (木)

田舎暮らしも色々

          山野草

Img_0205

.

.

和歌山の紀南(紀伊半島の南)の景色が気に入って

5年間通った間に準備を進めて

移住してから8年半になりました。

景色だけでなく、温暖で食材の魚や野菜がとれとれ

(採りたての方言)で、空気が澄んでいるから

星がくっきりはっきり美しい(綺麗の方言)。

まだまだある。紀州の殿様の城があったので

歴史があり、移住して来てから世界遺産になった

高野山、熊野古道があり、鰹節、高野豆腐、お味噌

お醤油等々の発祥の地であると知りました。

特産品も多く、南高梅の梅干しと加工品、柿に桃、

紀伊国屋文左衛門で有名なみかん、かんきつ類、

最近では花粉症に効くと引っ張りだこのジャバラ。

和歌山には観光の素材がいっぱいなんだけど

宣伝が下手だったのか、残念ながらあまり

この様な事が知られていないようです。

最近テレビ等で田舎の人の人の良さなんかを

見せる番組が多いですよね。、私も潜在的に田舎は

いい人ばっかりと思っていましたけど、今まで住んでみて

それはどこも同じ。いい人もいればそうでない人もいる

と分かってきました。ただ都会よりはいい人の方が

多いのかなとは思いますけど。

ここまでは私の話で、移住して来てからすぐに

テレビ「人生の楽園」に出演した事もあり、

今までに田舎暮らし志望の人達が話を聞く為に

多く訪ねて来ましたけど、実際に移って来た人は

一組で、その人達も3年程で他に移って行きました。

和歌山はIターン者(移住者)が多い方だと思いますけど

暮らし方は色々です。

自分の気に入った場所には住みたいけど

地元の人とは付き合いたくないと閉ざしている人。

極端な人は地区会費等払わなければいけないものを払わなかったり。

また、Iターン者だけでかたまって生活している人。

ある程度の貯えもないようで、自給自足の生活をしてて

食べるのが精一杯という感じで、歯も抜けたまま

髪の毛は伸び放題ですが

本人達はそれで幸せそうにしている人もいます。

その点、定年退職して貯えもありそうで

年金も多く貰っている人は優雅に暮らしています。

田舎は就職口が少ないから、

若い人は余程の覚悟がないと、帰る人も多いようです。

自分に特技がある人は

教えたり、物を売ったりしてある程度の

収入を得て生活をしているようです。

私もその一人ですが。

塾の先生として勤めている人もいます。

芸術関係が多い地域もあります。

一口に田舎暮らしと言っても様々です。

先日も若い男の人が訪ねて来まして

詳しい事は言えませんけど

どう見ても知らない土地で一人で生き抜いて

いけるようには見えませんでした。

若い人はこれから過疎地の人口を増やしてくれる

可能性を秘めているので

よだれが出るほど来て欲しいのですが

余程の覚悟がないとすぐに帰る羽目になるでしょう。

そうハッキリ言ったのでそれでも来てくれる

しっかりした気持ちがあるかどうかですね。

来週もまた訪ねて来る人があります。

今度はどんな人でしょうかねー。

« 予定と花 | トップページ | 教室風景 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/44473714

この記事へのトラックバック一覧です: 田舎暮らしも色々:

« 予定と花 | トップページ | 教室風景 2 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ