« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

2月分、1回目は酸化焼成です

Img_3268

             点火時

いつもの事だけど、作品が残らないように、

パズルのごとく、ギリギリまで詰めてあります。

2回目の窯に入れる分で、釉薬が掛かっていない分の

釉掛けをしたり、雑用をこなしながらの窯焚き中です。

身体の中で、一番弱い目が疲れたので、目を使う事はもうヤメ。

いやいや二番目に弱いのだ。クイズ、一番弱いのはどこでしょう?

.

今日(京)のお花

Img_3295

開花するのが楽しみな蘇芳(すおう)

.

Img_3277

ますます綺麗でしょ!

2010年2月27日 (土)

2月分の窯焚きは、2回に決定

12月と1月は、体験作品も少なかったので、1回の窯焚きでした。

今月からは、通常に戻って、1回目の窯には、作品の半分位しか

入らなかったので、2回の窯焚きに決まりです。

Img_3267

1回目の窯詰め。後は、この後の夜のお教室分の中から、

入れられるだけ、入れるだけです。

.

今日(京)のお花

Img_3257

素敵!素敵!

.

Img_3261

2010年2月26日 (金)

2月分、釉掛けと窯詰めの週

昼間は、午前と午後のお教室で、生徒さんが釉掛けをして、

夜は、私が体験作品の釉掛けを、せっせせっせとこなして、

生徒作品と体験作品の両方の高さが同じ位の物を選んで、

揃った物から窯詰めをして、明日のお教室の分と、残っている分は、

明日中に窯詰めを終えて、明後日が窯焚きの予定です。

.

今日(京)の苔玉

Img_3253

Img_3255

実物より良く写っていないけど、

苔玉を自分でも作っている、苔玉が大好きな生徒さんが、

私が作って置いている苔玉の内で、褒めてくれた2点です。

2010年2月25日 (木)

思わぬ贈り物にビックリ!

心当たりのない、ゆうパックが二つ届いて、名前を見たら、

時々、大阪から体験に来てくれる、リピーターのカップルからで、

手作りの額と、手作りのストラップ、それと食品でした。

品物も嬉しいけど、心に掛けてくれていると言う事が嬉しいですね。

私の宝物の一つになります。こんな私は、幸せ者ですよねー。

Img_3251

若い人だから、ピンクの可愛いい作品です。

大事にしますからね。本当にありがとう。

.

今日(京)のお花

Img_3241

Img_3242

らっぱずいせん

花言葉・・・・・・・報われぬ恋

.

Img_3250

生徒さんが持って来てくれた、雪柳のピンクです。

花言葉・・・・・・・愛らしさ

2010年2月24日 (水)

よく働いて、よく遊べる幸せ

今日は、クラブでヨガをして、一緒に行っている人とのランチを終え、

マッサージ機でのマッサージをしながらウトウト。

その後で、目がさめていなかったのか、床が濡れていたのか、

ロッカールームで、スリッパ(備品の薄いゴム製)が見事にすべって、

思いっきり左腰を打ってしまって、まだ少しばかり打ち身の痛さが。

でも、その後で、予定通りに、卓球を交代なしで1時間15分しました。

.

帰りには、夕日がすごく綺麗だったんだけど、今日に限って

カメラを持って行ってなくて、残念。いつも持って行ってても、

写す機会がないので、置いて行ったら、こんなもんですねー。

.

今日(京)のお花

Img_3216

Img_3238

芝桜

花言葉・・・・・・・臆病な心

2010年2月23日 (火)

和歌山県紀南の方言 21

久し振りで、紀南の方言を載せます。

*いごいご・・・・・・・・・・・でこぼこ

*いてる・・・・・・・・・・・・・いる

*いね・・・・・・・・・・・・・・帰れ

*おまぜ・・・・・・・・・・・・まぜ寿司

*くすばい・・・・・・・・・・・くすぐったい

*ごんぱち・・・・・・・・・・・いたどり

*たいそうがり・・・・・・・・大げさな人

*ついていく・・・・・・・・・・押していく(自転車等)

*同級生・・・・・・・・・・・・同学年、同年齢

*やんちゃくれ・・・・・・・・不良少年

.

今日(京)のお花

Img_3208

Img_3236

藤が芽吹きそうです。

2010年2月22日 (月)

素焼きの窯出し分

Img_3233

作品を重ねて写していますから、今月は結構沢山あります。

.

今日(京)のお花

Img_3202

Img_3215

やっぱり綺麗で写しちゃう。

穴場の梅林

ウチから車で10分程度の所にある、梅の実を育てる為の梅林は、

観光地にしていないので、知っている人も少なくて、

人や車で混雑する事もなく、広範囲に梅の木が植わっているので、

観光地になっている所よりも、はるかに綺麗で壮観です。

Img_3218

Img_3221

Img_3223

Img_3228

Img_3230

下の2枚の写真は、低い所に植えてある梅の木を

上の方から写した物です。

2010年2月21日 (日)

ちょっと、ヒヤッ!とした窯焚き

朝から、予定通りに、素焼きの為の窯焚きを始めました。

始めて少しして、窯の近くが濡れているのに気がついたけど、

濡れたスポンジを持ったままで点火したからかなと思って、

近付いてみたら、灯油の導入管の末端から、灯油が漏れてました。

よくよく見ると、ナットのパッキンが劣化している模様。

管が裂けてるとかの大事でなく、5分間に1滴位の漏れだったので、

布で、灯油を拭き取りながら、窯焚きは無事に終了しました。

この窯も10年目。年を取って故障があったとしても当然です。

それなのに、見た目は、まだ若くて、良く働いてくれてます。

これからも、一緒に働いてね。よろしくお願いしますよ。

私の誕生日と製造月日が同じ窯さんへ。

Img_3210_2

窯焚き日の作業場のテーブルの上は、こんな感じです。

本焼きに備えて、ゼーゲルの準備をしたり、

事務的な事をして、温度調整の記録をとって、

目が疲れて、飽きてきたら、時間の合間をみて、

庭木の剪定をしたり、お花の写真を撮ったりで、

気分転換をしています。

またまた、厭な税金申告関係は後廻しになりますねー。

.

今日(京)のお花

Img_3186

Img_3175_2

何と美しい!

2010年2月20日 (土)

素焼きの窯詰め、ほぼ終了

Img_3200

明日は、素焼きの窯焚きです。

今日は、土曜日なので、午前と午後のお教室が終わって、

夕食後には、夜のお教室があります。

.

今日(京)のお花

Img_3199

先日のストックは、こんな風に。

.

Img_3195

題名  なかよし

季節を無視して咲いている、菊の種類です。

2010年2月19日 (金)

リピーターの作品とお土産

今夜は、素焼きの窯詰めを、乾いている作品だけ、詰めました。

遠くから来てくれる、リピーターの内の一組で、

もう何年も前から、時々作品作りに、大阪から来てくれている

御夫婦が、やっと時間が出来て、久し振りでやって来ました。

私の好物を持って。最近では、“陶芸をしに行こうか?”ではなく、

“先生に会いに行こうか?”で、私に会うのが目的になったと、

告白?されました。(* ̄ー ̄*)

泣かせる事を言うじゃあ~りませんか。喜ばせてくれてありがとう。

Img_3188_2

.

今日(京)のお花

Img_3187_2

Img_3179

ゼラニュームの赤い花、一番咲き。

花言葉・・・・・尊敬と信頼

2010年2月18日 (木)

追い込みの週

今夜も、夕食後に作陶をして、母家に戻った所です。

今度の日曜日は、素焼きをするので、それに乾きが間に合うように、

作らなければならない物の、大きめの物から、段々小さい物へと、

移行していっています。最終的に、乾かなかった時と、

教室作品や、体験作品で、窯が一杯になった時には、

次月へ持ち越しになるけど、作るだけは作っておかないとね。

今月は、その気になるのが遅かった感あり。なんでかなー。

.

今日(京)のお花

Img_3173

開いたーヽ(´▽`)/

.

Img_3178

スノーフレーク 一番咲き

花言葉・・・・・純潔、けがれなき心

.

Img_3181

生徒さんが持って来てくれた、ストックの八重

花言葉・・・・・永遠の美しさ

2010年2月17日 (水)

今日のはたらき

一番嫌いで、だから疲れる、事務的な事をして、

昨夜作った、作品を仕上げて、

生徒さんが、石に“い、らっ、しゃ、い、ま、せ”と書いて

持って来てくれた物と、一五市で買った、石ころペイントを

組み合わせて、ミニ看板を作ったり、

お客さんがあったりして、一日が終わろうとしています。

夕食後には、また作陶をするつもりでいま~す。

Img_3171

生の高さ、27センチです。

.

Img_3170

どーお。いいでしょ?

.

今日(京)のお花

Img_3167

Img_3168

いつまでも咲き続けてくれている花達の続きです。

2010年2月16日 (火)

人間(私)って不思議

多少疲れてて、身体のあちこちが痛い時にも、クラブに行くのを

やめないで、外に出る事と運動をすることで、気分も身体も爽快

になって、帰って来ます。今日は一日中クラブで過ごして来ました。

“病は気から”と言う言葉もあるように、自分の好きな事をしている

時には、あまり疲れないし、かなり、気分で疲れ具合が、

左右されますよね。特に私は、そうみたいですよー。

夕食後には、注文品を作る予定でいます。

.

今日(京)のお花

Img_3123

Img_3128

Img_3161

Img_3164

いつまでも咲き続けてくれている花達

.

Img_3163

開くのが楽しみな、変わった種類の椿です。

2010年2月15日 (月)

2月の一五市[手作り市]

昨夜からの生憎な雨で、お客さんが少ないだろうねと、仲間同士で

話していたけど、思ったよりは、お客さんが来てくれました。

いつもと同じに、古布関係のお店が一番多くて、次に多いのは、

アクセサリー関係で、後は私の陶芸と、さおり織りと、編み物と、

アジアンの物と、パンと、餡子の入ったお餅と、乾物類ですね。

野菜と石ころペイント等は、お休みでした。

新しく加わったのは、シーグラスと貝で作った、若い人の作品です。

Img_3144

Img_3149

Img_3147_2

Img_3155

Img_3143

いくつかお買い上げ頂いた後の、中盤に写したので、寂しい感じ。

今回は、お雛様と、梅に関係ある作品を持って行きました。

2010年2月14日 (日)

今日は、色々と・・・

色見本の補充をする為の作品を仕上げたり、

リピーターの方が、頼まれていた品物を受け取りに見えたり、

明日の一五市に持って行く作品を詰めたり、

梅農家の生徒さんが持って来てくれた、梅の枝を外の花器に

入れたり、(決して生けたとは言えない( ̄ー ̄)ニヤリ)その他~色々。

Img_3139

.

今日(京)のお花

Img_3134

ピンクと白と中間色の桜草

.

Img_3135

デモルホセカの一番咲き

2010年2月13日 (土)

私の作品が?身に余る光栄 3

「紀州ほそ川」さんの旧家をお店の敷地内に移築してあり、

コーヒーでも出すお店にする予定があるようで、

骨董好きの私としては、よだれが出そうな家と調度品でした。

Img_3095

Img_3103

Img_3105

Img_3107

.

南高梅発祥の地の碑

Img_3111

2010年2月12日 (金)

私の作品が?身に余る光栄 2

Img_3120

特に紀南の人は、

スーパー等で、

こんなマークの付いた、

鶏肉や、卵を目

にした事があるのでは?

細川さんは、前向きで、

梅干しの他に、

梅を使った色んな物を

考え出してて、

梅酢を加工した飼料を鶏に与えると、

病気になりにくく、お肉も美味しくなる事を大学との研究で実証し、

Img_3119_3

最近では、

養殖の鯛の餌としても

使われているようです。

そうゆう事が認められ、

受賞したりしているのを、

数年前から、何回も、

新聞紙上で目にしたり、

ラジオで耳にしたりして、

頑張っている人なんだな

と思っていました。

それとは関係なく、

私が入選した「鶏冠壺」という作品をお店に飾っていたら、

何人かの人から、これって“うめどり”?と言われ、

その内に、父と同じ名前で、苗字も一字違いだし、何かの御縁かと、

細川さんに差し上げようかなという気持ちになりました。

見てもらった上で、もし良かったらと、昨年の一月に申し出たら、

早速に見に来てくれて、気に入ってくれたので、差し上げました。

そして、「青空と梅花」の作品も気に入って、お買い上げ頂きました。

それで、今回の内々の“梅まつり”に呼んでくれた次第なんです。

久々に対面した作品は、応接室の特等席に飾ってもらってあり、

この作品が来てから、数々の受賞をしたり、商談も良い方向にいき、

“福の神”だと言って頂き、身に余る光栄でした。

本当は、上昇気流に乗っている細川さんだからこそなんですけど、

そう思ってくれるのは、細川さんのお人柄ですね。

Img_3077

Img_3076

Img_3098

2010年2月11日 (木)

私の作品が?身に余る光栄 1

「紀州ほそ川」さんの“梅まつり”に参加させてもらって来ました。

最初なので、どんな様子か分からないで行きましたけど、

身内と従業員さんの家族とで、毎年していて、外部から呼んで

くれたのは、私が初めてという事でした。

若い従業員さんが多くて、皆さんが感じ良くて、アットホームな感じ。

やはり上に立つ人の感じが良いと、働いている人達も

良い雰囲気になるのだろうなと思いました。

私と細川さんとの御縁については、また、明日載せますね。

写真も沢山写して来たので、一度では載せきれませんので。

Img_3096_2

Img_3101

Img_3108

2010年2月10日 (水)

過密スケジュール

明日は、みなべの梅屋「紀州ほそ川」さんの“梅まつり”に

呼んで頂きましたが、お教室がある日だったので、駄目だと思い

ながら、一応生徒さんに他の日に替えてもらえるかどうかを打診

したところ、気持ち良く前後の水曜日と金曜日に別れてくれたので、

“梅まつり”に参加させてもらう事になりました。

そこで今日は、本来なら木曜日午前中の生徒さんのお教室があり、

お教室が終わってすぐに、久し振りでスポーツクラブへ行きました。

遊んで帰ったら、やる気が出るというもので、夕食をすませてから、

昨日の陶芸体験の作品を削って、3分の1ほどを仕上げた所です。

明日が楽しみ。また報告するつもりです。

.

昨日の日本蜜蜂

Img_3062

椿の中で蜜を吸っている、小さな虫は、

日本蜜蜂らしいです。

2010年2月 9日 (火)

地元の人達の陶芸体験

企業の催し物として、地元の人達が、午前と午後に別れて、

体験に来ました。「大好き日置川の会」で顔見知りの人あり、

初対面の人ありでしたが、作陶しながらのおしゃべり、

終わってから、コーヒーを飲みながらのおしゃべりで、

懇親会のような、楽しい時間を持つ事ができました。

初めて陶芸なるものをした人も、過去に少し経験がある人も、

全員が楽しんでくれたようでした。

今度は、個人的に体験に来るか、お教室に通うか、

検討している人もいて、実りある一日でした。

Img_3055

Img_3066

Img_3067

Img_3068

Img_3070

2010年2月 8日 (月)

田舎暮らしと仕事

明日、午前と午後で、17~18名入る陶芸体験の、

午前の分の準備をしました。

Img_3053

.

Iターン(移住者)の先輩として、これから田舎に来る人の為に、

マスコミ等から、県や役場を通して、取材の申し込みがあります。

最近は、人口が減って、田舎は過疎化しているので、

何とか人に移り住んで欲しいと、各県が本腰を入れてきています。

今回は、県から委託を受けて、和歌山県に住んでもらう為の研究や、

手助けをしている所から、先輩達が移住して、どんな仕事をして

暮らしていっているのかを参考にして貰うために、何人かを取材し、

ホームページに載せると言う事で、取材に来ました。

田舎に来たい人はいても、この“仕事”というのがネックなんです。

若い人は特に、子育てをしていくのに充分な収入を得るのが難しい。

公務員等の資格を持っているとか、何か特技があって教室を開くか、

人が関心を持って、遠くからでも来てくれる、特徴あるお店を開くか、

年輩者だったら、年金で暮らすか、自給自足に徹するかですよねー。

.

今日(京)のお花

Img_3050

Img_3045

多分、アカバナ。

2010年2月 7日 (日)

お店の模様替え

お雛様バージョンに模様替えをしました。

関東では、3月3日が過ぎたら片付けたけど、

この辺では、4月3日まで飾ります。

タイミング良く、並べてすぐに、ミニ雛をお買い上げ頂きましたので、

それは、写真に写っていないです。すごく可愛いかったんだけど。

(写っていないから、何とでも言える?o(*^▽^*)o)

Img_3034

Img_3035

Img_3037

Img_3038

Img_3041

2010年2月 6日 (土)

初めての作品

今月から生徒さんになった御夫婦の、初めての作品です。

今度、これを素焼きして、釉薬を掛けて、本焼きして、

使えるようになるのが楽しみでしょうね。

段々と良い物が出来るようになってくるので、比較して実感する為、

最初の作品は、大事に取って置く事をすすめています。

Img_3031

.

今日(京)のお花

Img_3029

何回でも写したい、今が盛りの梅の花です。

2010年2月 5日 (金)

東京ビッグサイトへ 3

会場内が広くて、人が多いので、身体は普段より動かしていない

はずなのに、不思議なくらい、中にいる時は、疲れを感じました。

もう、すっかり田舎の人になってしまったからなのか、

仕事をしている時の方が、ぜんぜん楽だと思いましたよ。

私が帰る日に、友達が大学生の息子さんと会いに来てくれました。

その子が小学校1年生の頃に、友達から作文が苦手だと聞いて、

自分の経験から、手紙を書くようにしたらいいと思って、

私と、しばらく文通をしてた子なので、もう大学生になって、

親と出掛ける事もないみたいなんだけど、一緒に来てくれました。wink

何年振りかで会えて、今回の一番の収穫かな?

折角来てくれても、短い時間しか会えなくて悪かったんだけど・・・。

次の収穫は、和歌山の地酒の中で、私の好きなお酒“黒牛”の

酒造メーカーもブースを出してて、社長がこちらの商工会の所まで、

挨拶に来てくれた際、話をした中で、私が和歌山に来るきっかけに

なった人と、友達であることが分かった事ですね。

.

今日(京)のお花

Img_3019

やっと開花した、カランコエと桜草。

Img_3025

2010年2月 4日 (木)

東京ビッグサイトへ 2

東京は、1日の夜から2日の朝にかけて雪が降りました。

紀南の人達は、雪が珍しくて、すごく喜ぶんですよ。

Img_2997

Img_2998

ホテルの部屋から、下を見た所です。

,

会場の写真をいっぱい写して来るつもりだったけど、撮影禁止。

食品からファッション、インテリア、雑貨、電気製品、骨董、等の

何から何までの、すごい数の出店があって、その場での売買はなく、

商談が主で、兎に角、大勢の人が来場するので、

(主に業者関係だけで、当初知らされている入場予想人数は3万人)

過去に、盗難だとか詐欺だとかあったみたいで、

各会場入口には、ガードマンがいて、予め貰っている、社名等の

ネームプレートを見えるように下げていないと入れない程の警備で。

個人商店や会社のブースは、広くて魅力ある品物も沢山並べてて、

見応えがあるけど、自所と前と隣の商工会のブースだけパチリ。

Img_3011

Img_3003

Img_3005

2010年2月 3日 (水)

東京ビッグサイトへ 1

「第7回グルメ&ダイニングスタイルショー春2010」

       ニッポンいいもの再発見!

の中に、全国商工会連合会も参加してて、日置川町商工会からは、

ほんまもん体験と民泊の宣伝目的で、ブースを出しました。

1日から5日迄で、私は1日に行って、さっき(3日)帰宅した所です。

行きは、雨が降っていたけど、飛行機の中から写した景色3点で、

雲上は青空!

Img_2991

Img_2993

Img_2996_2

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ