« 延び延びになっていた事を | トップページ | 和歌山県紀南の方言 22  »

2010年3月18日 (木)

お稽古事が続けられる幸せ

午前と午後のお教室があって、夜は自作品の作陶と、

お教室がある日の、いつものパターンの一日でした。

先週から、来たくても来れなくなった生徒さんが一人います。

御主人が入院したので、病院へ通うようになったからです。

以前にも触れたけど、自分のしたいお稽古事が続けられるのは、

幸せの証だと、つくづく思うんです。

自分が病気になっても、家族が病気になっても、来れなくなるし、

親の世話をしなくてはいけなくなったり、収入が減ったり、

家族に理解がなくて、来る事ができなかったり・・・・・・等々で。

.

今日(京)のお花

Img_3504

           雪柳

椿と桜と雪柳が写っています。

.

Img_3497

.

Img_3479

       ゼラニューム

花言葉・・・・・・・尊敬と信頼

« 延び延びになっていた事を | トップページ | 和歌山県紀南の方言 22  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんとに・・・・

自由がある幸せ。

見る、聞く、話せる幸せ

この時代に、出会えた幸せ

ありがとうございます。

私・・・もっともっと地に足付けて

生きて行かねば。


紅蓮さん、毎日の様にお出掛けのようで、
人生を満喫していますね。
そして、御夫婦の仲が良くて、幸せ幸せですね。
仲良くするのも、お互いの努力が
必要だと思いますが・・・・・偉い!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/47844996

この記事へのトラックバック一覧です: お稽古事が続けられる幸せ:

« 延び延びになっていた事を | トップページ | 和歌山県紀南の方言 22  »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ