« 2月分、1回目は酸化焼成です | トップページ | 窯出しと、2回目の窯詰め »

2010年3月 1日 (月)

陰(かげ)の仕事

ここの所、間に合わせの買い物しかしていなかったので、

調味料等、何から何までなくなりそうになってきて、

午前中は、歯の検診と、大量の買い出しで終わってしまいました。

明後日は、2月分の2回目の窯焚きなので、

明日は、窯詰めをするんだけど、クラブに行く予定なので、

帰ってから、すぐに窯詰めが出来るように、作品の点検をして、

不備な物(裏底に付いた釉薬を拭き取りきれていない物、等)を

手直ししました。これで、窯詰めに掛かる時間が大短縮されます。

いつも点検するので、確か今迄の9年以上の間、棚板に焼き付いた

事がなく、それが裏目に出るようで、生徒さんに説明はしてあっても、

実感がないから、完璧にしない人が多いんでしょうねー。

他の陶芸教室では、時々棚板に焼きついて、使い物にならないのを

目にした事がありますけど、(自己責任らしい)

生徒さんには、陰の仕事を分かってもらえるでしょうか?

.

今日(京)のお花

Img_3308

Img_3303

ミニサイズの2点

桜草の種が飛んで来て、ミニで咲いたのと、

昨年に挿して、まだミニのピンクの雪柳です。

« 2月分、1回目は酸化焼成です | トップページ | 窯出しと、2回目の窯詰め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/47697932

この記事へのトラックバック一覧です: 陰(かげ)の仕事:

« 2月分、1回目は酸化焼成です | トップページ | 窯出しと、2回目の窯詰め »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ