« 久し振りの声変わり | トップページ | 熊野の大花火 2 »

2010年8月18日 (水)

熊野の大花火 1

私は、今回で2回目。熊野の大花火は、やっぱり日本一。

世界一とか、日本一とか、唱っている所へも行って見たけど、

花火が上がる場所のロケーションや、周囲の雰囲気が違う。

世界遺産にもなっている景勝地の浜辺で、座って見ている前で、

一万発の花火が、地響きをさせながら上がる。ヽ(´▽`)/

300年以上の歴史があり、今ほど大規模ではなかったけど、

起源は、お盆の初精霊供養に花火を上げ、その火の子で、

灯籠焼きをしたと言う事で、今もそれを引き継いでいて、

花火を上げる前に、○○家のコメントがアナウンスされる。

昔は、花火は夏の観光客向けのイベントと思っていたけど、

紀南に移住してから、この辺では、お盆の供養と花火とは、

関連があるのだと言う事が分かってきました。

今回は、生きている内にと言う希望の、2家分も上がりました。

それぞれのコメントだと、立派な生き方をされて来た方の様。

花火だけを見れれば、最高なんだけど、毎年15~18万人の

人出と言う事で、人と車が渋滞して、トイレも渋滞で大変。

帰宅したのは、朝の4時半頃でした。それに引き換え、

豪華客船が、4艇観覧に来ていて、優雅にみえて、

来年は、あれにしようかと言う案も出ました。

こんなに観光化する前は、浜辺に寝そべって見れたと聞き、

その頃が羨ましい限り。

Img_5264

Img_5265

Img_5267

Img_5268

飛鳥2世、パシフィックビーナス、富士丸、日本丸。

船の手前に見えるのは、花火の打ち上げ台です。

.

Img_5284

追善○○家の文字。

この後で、花火が打ち上げられます。

.

ハードな日帰りツアーで、風邪は横這いなり。

でも、花火は良かったー。

« 久し振りの声変わり | トップページ | 熊野の大花火 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/49181242

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野の大花火 1:

« 久し振りの声変わり | トップページ | 熊野の大花火 2 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ