« 筆談しながらの陶芸体験 | トップページ | 先週は田辺に今週は新宮へ »

2011年7月10日 (日)

身近で想定外の土砂崩れが

山の多い和歌山県は、大雨が降った後の土砂崩れは、

時々耳にする事だけど、最近は身近で2ヶ所目です。

今年の梅雨は、いつもの倍くらいの雨量があったらしいので、

その影響だと思うけど、言い古された言葉通りに、

“まさか”の感です。9日に日付けが変わってすぐの、

夜中の0時過ぎに、ダンプカーから砂利を下すような音がして、

3時間程停電がありました。訳も分からず、朝を迎えたら、

朝一で、役場関係の放送があって、状況が分かりました。

光ケーブルも切れて、午後まで、電話もパソコンも駄目でした。

殆どが、その道を通って来る生徒さんなので、

通行止めになって、迂回路を通る事になるのを連絡しました。

迂回路は山の中になるのに、夜の生徒さんも真っ暗な中で、

わかりにくい道を、お休みしないで来てくれました。

一日も早く、車が通れるようになって欲しいです。(;´д`)トホホ…

Img_8205
.

今日(京)の庭

Img_8196

ここ数日は、色んな種類の揚羽チョウが沢山飛んでいます。

« 筆談しながらの陶芸体験 | トップページ | 先週は田辺に今週は新宮へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/52172775

この記事へのトラックバック一覧です: 身近で想定外の土砂崩れが:

« 筆談しながらの陶芸体験 | トップページ | 先週は田辺に今週は新宮へ »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ