« 体験指導時の物をヘンシ~ン | トップページ | 案内看板の新規と補修が完 »

2013年2月11日 (月)

最近の私が興味を持った事は

東京時代、埼玉時代の時の、

お店をしている家の屋号は、芸名みたいなもので、

何の疑問も持たなかったけど、

この辺では、お店をしていない一般の家にも屋号があって、

苗字でなく屋号が話の中に出てきたりします。

昔、お店をしていた名残りなのかなと思ったけど、   

そうではないらしい。興味を持って少し調べ始めたら、

江戸時代に、武士や大きな商人や大きな農家以外は、

姓が名乗れなかったので、農漁村などで苗字の代わりに、

家の地位、所在地、特徴、等で屋号(家号)を決めたようです。

本も出ているようなので、探してもっと詳しい事がわかったら、

またブログに載せたいと思います。

.

この辺の屋号(苗字とは全く違います)

ちよりべや          かくろく

せんすけや                     まんご

いたや             かあと

げんじ             へべや

かあと             りんす

ひろこうじ           ようすけや

まいご             じうす

ますや             こうす

じうべや            おりと

しょべい            はんろ

*地元の生徒さんが書き出してくれました。

« 体験指導時の物をヘンシ~ン | トップページ | 案内看板の新規と補修が完 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/56741073

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の私が興味を持った事は:

« 体験指導時の物をヘンシ~ン | トップページ | 案内看板の新規と補修が完 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ