« 悲しくなんかない! | トップページ | 昨日は何故だか »

2015年4月24日 (金)

花のチカラ

・花が生き物と云うことは皆が知っていることです。

 でも動物や昆虫のように意思を持っているとは思えません。

 しかし、改めて考えるとヒトに対する影響力は凄い物です。

 人を感動させたり、癒しを与えたり、歌でも多く詠われています。

 砂漠の国で草木が無い環境ならば、また感性も違うでしょう。

 自然が豊かな環境にあればこそ人生のエキスに成り得ます。 

・家の周りを巡ると、色々な花や草木から刺激に近いものを受けま

 す。陶芸の生徒さん達も教室に入る前に、ひとしきり草花を観賞

 して話にも花を咲かせています。

 日々の生活のブログについても、やはり草花を除く訳にはゆきま

 せん。 と云う訳で私の記事が 亡き妻のブログの花シリーズの

 2番煎じのようになるのは避けられません。ただ私の場合は景色

 や季節を映す花であり、名前も満足に伝えられません。

・陽気が良くなってきたのは嬉しいのですが、遺影に飾ってある花が

 直ぐに萎れてしまいます。家の周りの花を切り取って飾ろうかと思う

 のですが、生前の妻が「私は切り花は嫌い、自然に咲いているのが

 好き」と良く云っていたので、その声が聞こえてきそうで迷っています。

 天国から見下ろせるなら その言葉通りですが、遺影の近くに魂が

 あるなら、花を切り取って見せて上げても怒らないでしょう。

・いつも木曜日からその週の教室が始まることになります。

 教室の入り口近くにある流し台の棚の上に私が作った花瓶があり、

 そこに花を生けるのが木曜日の私の役目になって8年位が経ちます。

 もう亡くなりましたが生け花の先生が、一時期教室に通って来られ

 た時があり、その花に関するやり取りが楽しみでもありました。

 そこの花瓶に生ける花は、手近な所から私が切り取ったもので

 「隣の土地にはみ出た枝だよ」とか「誰にも見えない向きに咲いて

 いたやつだよ」とか結構頻繁にバトルを繰り返していました。

 Photo
 

 お京へ 大手毬の枝を切ったよ。もう切ってもいいよナ。

 

 

« 悲しくなんかない! | トップページ | 昨日は何故だか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/61484817

この記事へのトラックバック一覧です: 花のチカラ:

« 悲しくなんかない! | トップページ | 昨日は何故だか »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ