« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

賢くなれ

happy01 6月SSM4の予定 5日(金):AM 11、18,25日(木):PM

  素焼きが完了しました。6月の1、2週が釉掛けです。

・地球が怒っている感じです。

 地震、津波、洪水、噴火、熱波 立て続けに災害が起きています。

 人間の傲慢さを怒っているのではないでしょうか。

・原発の事故は地球規模です。決して経済と秤に掛けるべきでは

 ないと思います。原発が本当に経済的か首を傾げるところです。

 人の英知を集めれば原発でなくても解決できるはずです。

 使用済み燃料やもんじゅの問題を見ても、「未完成の技術」で

 あり、人への信頼の限界であることは明白です。

 再稼働の審査も政治的な結論ありきの感は否めません。

 原子力については政府の闇の部分を感じます。

・国家予算の借金が1000兆円を超したそうです。返済できない

 額を積み上げても政治と云えるんですね。

 たぶん坂を転げ落ちている状況で、誰にもどうにもできないん

 でしょうが、「皆でやれば怖くない」式で誰も責任をとらないので

 呑気にして居られるんでしょう。 小説やドラマで構いませんから

 財政破綻時のシナリオを是非知りたいところです。

・科学や医療の進歩に人の倫理観がついてゆけない状況も、

 困った問題です。裕福な人達は恩恵を受けられるでしょうが、

 世界のいたるところの戦争で尊い命が不条理に失われている

 のも事実で、大いなる矛盾です。

移住してきた当時の日置川町では「原発建設反対」の看板が散見

 されましたが、建設しない方向の結論が出ていたようです。

 妻ともこれら色々な話題について話をしたことがあります。

 あまり理屈っぽく語ると、冷たくあしらわれるのでサラッとですが。

 突き詰めると、全ての問題が教育に頼って解決するしかなく、

 そのためには子供の環境が大事だと云う点に行きついたものです。 

 小市民の私としてできることは、せいぜい足元を固めて 

 子供の環境を守ることくらいでしょうか。

 Photo
    また、ウコンの花が咲いたよ。

    もう苦い奴を食べなくてイイヨナ。

2015年5月30日 (土)

実は心配だったんです

・昔々 50年近くも昔の話です。

 結婚するに当たって躊躇するのは、普通

  もっとイイ人が現れるんではないか

  末永くこの人と添い遂げられるだろうか

  未だ 知らない面や問題が隠れているのではないか

 などですね。

 私の場合 一番に思ったのは

  同じ人と長年暮らしたら 飽きてしまうのではないか、退屈では

  ないか と云う不安でした。

 亡き妻との50年間を振り返ってみると、これは全くの杞憂でした。

 恋愛~結婚~子育て~巣立ち~熟成期 とそれぞれの味がある

 刺激的な生活でした。

 また、それぞれが不完全で後悔することだらけですが、妻や子供

 達に感謝しています。妻の急逝と云う不幸がなければこのように

 振り返ることもなかったでしょう。

 パラレルワールドの予定外のレールを進み始めた感じです。

・「田舎生活」 「晴耕雨読」 から受ける印象は、 退屈 や 暇

 だと思いますが、実際は全く逆です。

 田舎生活に進んで飛び込む人は、はっきりした目的を持っています。

 そう云う人たちにしてみると、人生が短すぎると感じるでしょう。

 環境がガラリと変わると、知らないことや慣れないことが沢山あり、

 日常の全てが刺激的で退屈する暇などありません。

 中には I ターンで田舎に移住した人で、失敗して元に舞い戻る

 ケースもあります。目的の曖昧さや生活設計の無理が原因でしょう。

・今朝は5時前に起床して素焼きです。ちょっと疲労気味なのでペース

 ダウンしたいのですが、畑仕事、草刈り、ビワやタケノコの収穫など

 自然の営みは待ってくれません。

 まぁ、今の私には誰もが口を揃えて  ”忙しい位が丁度いい”

  って云いますが、 私もそう思います・・・

 

  0529
  素焼きスタンバイの窯です。結構重ねて詰めています。

 

2015年5月29日 (金)

土と語る

・陶芸の面白さを伝える言葉として

 「土と遊ぶ」 「土と戯れる」 などが有りますが、「土と語る」が

 深みが有って今の心境に合います。

 陶芸は他の工芸と違って刃物を使いません。また、形が気に入

 らなければ粘土を崩して何回でも作り直せます。

 材料が再生できるのは他にない特徴ですので、気軽に楽しめます。

 今まで、民泊などで相当人数の小・中学生と高校生が陶芸体験

 に来ました。

 お京先生が粘土をソフトボール状にするように指示すると、皆が

 一斉にペタペタ 泥団子 作りを始めて盛り上がったものです。

 殆どの生徒がピカピカの泥団子作りの経験があるので、表情が

 完全に幼い頃に戻っていました。

お京 先週の教室で、生徒さんが手びねりで鶴首に挑戦したん

 だけど、形がイマイチで結局潰した。その人が昨日再挑戦して、

 誰の手も借りずに旨く出来て 「学習する教室」 らしくなった。

 「○○さんの首を絞めるつもりでもっと思い切って絞めて」って、

 お京先生が言っていたって本当か?

・土には癒し効果があるらしく、近辺の腰の曲がった高齢者が畑仕

 事や草引きを苦にせずにやっている姿を良く見ます。

 私(腰は曲がっていませんが高齢者です)も、土と向かい合って

 いる時は無心になったり、哲学者になったりしています。

 そう云えば小学生の頃、左官屋さんのまねをして赤土を壁に塗り

 付けた覚えがあり、大人に「筋がイイ」って言われました。

 それが 職人「茂さん」 の原点かも知れません。 

  Photo
    どこに咲いているやつだか分かるかな

 

 

2015年5月28日 (木)

隠岐の島

happy01 今日 木曜日 AM:オープン PM:SSM4

  週末に素焼きをやります。6月の1、2週が釉掛けの予定です。

お京 関東に出かけていたり 忙しかったりして、テレビの録画が

 50本近く溜まっていた。先週の「笑ってこらえて」のダーツの旅

 で隠岐の島をやっていたよ。

 島が好きなお京の念願が叶って、隠岐の島に観光旅行をしたの

 が丁度1年前だった。フェリーが面倒だと思ったけど船旅も

 旅気分が盛り上がって悪くなかった。

 結構方々へ行ったけど、隠岐の島の景色は天下一品だったし、

 馬好きのお京を喜ばす放牧中の馬も見れた。

 そうそう、それから辺鄙な所のトイレがどこも綺麗でしきりに感心し

 ていたな。役場の人が道路脇の草刈りやトイレ掃除をしていて、

 やる気が伝わってきて好感が持てたな。

・他の番組でも隠岐の島の海士町(あまちょう)が紹介されてたよ。

 高校生がフェリーで通学していたな。

 岩牡蠣で町興しをしているそうだ。お京は牡蠣が食べられないから、

 旅館の夕食に出た岩牡蠣は俺が平らげたんだっけ?

・台所仕事をしている時などに、目の片隅をお京の影がよぎる事が

 ある。以前は反射的に影を追っていたが、今は視線を動かさずに

 気配を楽しんでいるよ。これって単なる タレ目 のせいかな。

 Photo
  色々なアジサイが咲き始めた。混乱しそう。

2015年5月27日 (水)

クロックパルス

happy01 今週 木曜日 AM:オープン PM:SSM4

  週末に素焼きをやります。6月の1、2週が釉掛けの予定です。

・コンピューターなどのデジタル処理が「0(ゼロ)」と「1」だけの識

 別で構成されているとは驚きですね。

 計算だけではなく音楽や映像まで表現できるとは、技術の進歩

 には目を見張ります。

 デジタル処理の信号の受け渡しや書き換えのタイミングを支配し

 ているのがクロックパルスで、一昔前の1000倍位の速さになっ

 ているようです。

・人間の脳内の信号伝達には化学物質が介在しているようですが、

 コンピューターと同じように、時計的な周期で伝達や情報処理が

 されていると思います。

 60歳過ぎから考えるようになりましたが、歳を取ると脳のクロック

 パルスの速さが若い頃の半分位になっているようです。

 ですから、動作が遅くなり 「今日は何と何をやろう」と計画しても

 半分くらいしかできないし、月日が経つのを早く感じたりもします。

・最近の自分を振り返ってみると、一日に4時間位しか身体を動かせ

 ておらず、仕事などで一日動くとぐったりして体力を取り戻すのに相

 当の休養が必要になります。

 これが歳を取ると云うことなんだ実感し、「人生の閉じ方」を真剣に

 考えるきっかけにもなりました。

 更に、考えた仕事の半分しかできないと云うことは、

 常に何かの仕事に追われているので、若い人には分からない

 でしょうが、 「意外に忙しい」 私なのです。

・昨日が日置川の鮎釣りの解禁日でした。竿出しはちょっと先に

 なりそうです。

  Photo

  アケビの実がなったけど、3個しか見つからないよ。

  去年は10個以上だったと思うけど、どうでもイイやな。

2015年5月26日 (火)

一方通行

happy01 今週 木曜日 AM:オープン PM:SSM4

  週末に素焼きをやります。6月の1、2週が釉掛けの予定です。

お京 昨日の夕方台所仕事をしている時に、変な感覚に襲われた。

 「お京と一緒に暮らしている」と云う感覚だ。

 ずーっと続いて欲しい感覚だけどそうはゆかないだろうな。

 勿論、俺が作り上げたイメージだろうから、会話は自作自演。

 お京は俺の操り人形だ。 一筋縄では行かない人形だけどな。

・昨日は 孫M の誕生日だった。もう大学生だ。

 プレゼントは高校生までだったと思うから、

 メールだけにしたけどそれで良かったのかな?

 相手を喜ばすのがプレゼントだけど、実際はそれだけではなく

 贈る方も楽しいもんだよな。

 贈る相手のことをあれやこれや考えて、品物を選ぶ。

 その一体感が嬉しい。

 普段付き合って居ないと、どんなものが喜ばれるか分から

 いから、最近は希望の品物を聞いたり、お金で贈ったりしてい

 たな。楽しみが半減だけど仕方ないよな。

 でも、プラスαの品物を一緒にダンボールに詰めて贈ったりして

 それなりに楽しんでいたみたいだな。

お京 晩酌の一杯を飲んでも前みたいに ホンワカ しないよ。

 前は直ぐにイイ気分になって、「しゃべり過ぎ」 って怒られたけど、

 今はビールとお湯割り一杯では足りずに、お代わりを抑えるのに

 苦労している。 

 やっぱりホステスが居ないと酔わないんだな、これが。

 Photo
    可愛い ホタルブクロも もう終わりだよ

 

 

2015年5月25日 (月)

何が望みなのか

・昨日はせっせとビワのジャム作り。

 静か過ぎる日曜日だったせいか、妙に寂しい一日でした。

 身の回りの物 全てが亡き妻に繋がります。

 鳥の声や物音までもがです。

 月日のお陰でその辛さも少しずつ和らいできています。

 しかしその感情には波が有り、落ち込んだ時は一気に時間が

 戻ってしまいます。

・「妻のために何かをやっている」 時が一番平静で居られること

 に気づきました。 

 天国に居る妻にやって上げられることは、大して多くありません。

 ブログは天国宛のお手紙みたいなものなので、役立ちます。

 霊前の花と花瓶の水の交換や、供物の上げ下げも仕事です。

 本人の陶芸作品の販売は「処分」の意味が強く、悲しいものが

 あります。

 亡くなった本人が何を望んでいるか。

 要は私自身がどう捉えるかであって、実際の意味はあまり関係

 有りません。

 「奥様の分まで長生きして」とお悔やみの言葉を言われたことが

 あります。 私も誰かに言った覚えがあります。

 直ぐにでも妻の元に行きたいと云うのが今の私の本音ですから、

 余り嬉しくない言葉です。

 妻にも 「直ぐに来て」 と思って欲しいのですが、残念ながら答え

 は私が出すしかありません。

  ・・・と云うことは、無理に長生きを意識せず

    淡々とお迎えを待つ と云う答えも ありですね。

  Photo

  金曜日の生徒さんがゴキブリ退治のホウ酸団子を作って持って

  来てくれた。これは俺の分で、皆の分が別にいっぱいあったぞ。

  ゆとりサロンcafe 「陶房日置川」 バンザイsign03

2015年5月24日 (日)

頑張れ 6次産業

お京 今週は久しぶりに 木・金・土曜 が教室だったよ。

 教室の東の窓から見える例のビワの木、鈴生りのビワをよく皆

 で話題にしていたよな。 このところヒヨが2・3羽飛んで来て、

 騒々しく突っついていたんだけど、よその木だから それ程勿体

 ないとは感じなかった。

 昨日の朝、その果樹園を管理している さん の奥さんが

 「ビワを取って食べて」と云って来た。以前ご主人が木から落ちて

 怪我をしたらしいから、無理をしないことにしたんだな。

 そう言われた途端に自分の木みたいな感じになって、ヒヨを追い

 払いたくなった。全く現金なもんだ。

・ヒヨに食べられる前に早速収穫したよ。

 ついでに真竹のタケノコ狩りもやった。

 留守にしてたから、タケノコが伸び過ぎているんじゃないかと気に

 なっていたんだ。案の定20本位は2~3mになっていた。

 気のせいか今年も数が少なそうだよ。誰かが取った形跡もある。

・以前テレビを見ながら「6次産業」の話をしたな。

 生産(1次)、加工(2次)、販売(3次)を足して6次なんだけど、ビワ

 はこれからジャムに、タケノコはあく抜きをしてから保存袋に入れて

 冷凍庫に入れる。その後適当に自分達で食べたり、人に上げたりし

 ていたよな。ビワもタケノコも栽培している訳じゃないけど、これって

 6次産業パターンだな。全部自分でやるんだからちょっと疲れる。

・田舎では山菜、野菜、魚、ジビエの保存技術が大事だって、移住して

 直ぐ分ったな。そしていつの間にか保存処理は俺の担当になった。

 保存処理と云っても ジャム、マーマレード、トマトソースと単純な

 冷凍保存位かな。そうだ、ぬか漬けと干物もやってるな。

・このところ、高齢者(70歳以上?)が転落して亡くなったと云う話を良く

 聞くよ。きっと自分は 「まだ若い」 と思って油断するんだな。

 この頃の俺たちの合言葉は 「脚立に気を付けろ」 だよ。

 猿も木から落ちるって云うから 俺も無理をしないようにするよ。

  Photo
淡竹(はちく)や真竹のタケノコは、孟宗竹のタケノコと違い

50cm位伸びた先端もおいしく食べられます。孟宗竹より

小振りなので皮を剥くと、ホンの少しになってしまいます。

 

2015年5月23日 (土)

ご褒美は?

happy01 今日曜日AM:オープン

・生きてゆくと云うことは日々の営みが大変です。

 独り住まいだと本当に煩わしく感じます。

 朝起きて顔を洗ったり、身だしなみを整えたり、風呂に入っ

 たりすることは自分のことですから、特に何も感じません。

 多分これらが面倒くさくなったら「人間をやめる」時だと思います。

・家の掃除、窓の開け閉め、外周りの手入れ、洗濯、料理~食事

 の支度、洗い物などは夫婦が健在ならば自然と分担していると

 思います。

 我が家でもそうでした。

 ある日 突然 その流れが変わり 何もかも一人でやることにな

 りました。当然以前と全く同じにはゆかず、手抜きもあります。

・つくづく感じます。 諸々の家事をやった時のご褒美

 妻の笑顔だったり 妻との団らん だったんだと。

 誰かが、私の目の前にニンジンをぶらさげてくれれば、全力で

 走るんだけど・・・・・・

お京 生徒さんから、またフキを貰ったよ。

 欲張って20本以上貰ったから、煮物と佃煮風の2種類作った。

 今回は十分水に晒したから、出汁の色が黒くならずに旨かったよ。

 「おいしい」って 自画自賛しながら、

 旨そうに食べていた お京の顔が浮かぶ。

 これって 日本人らしい 味だな。

 Photo
 調味料が皆揃っているから 直ぐにできたよ

 

 

2015年5月22日 (金)

兄弟会 その2

happy01 明日曜日AM:オープン

・平均年齢70歳の7人兄弟の殆どは東京近郊に住んでいます。

 秋田の末っ子の弟(他界)と私だけが遠方に住んでいます。

 私達夫婦が和歌山に移住する際は「今生の別れ」に近い覚悟

 で来ました。 実際は8年前に移住生活や新居を見て貰うため

 に大部分の兄弟が当地に来ています。

 気軽に行き来できない遠方に住むと云うことは、兄弟の絆を断

 ち切るとまでは行かないにせよ、それに近い状態でした。

 今回の兄弟会で皆の話を聞くと、関東の兄弟達で結構旅行を

 したりして、良い思い出作りをしていたようです。

 私達夫婦は和歌山で気儘にやっていましたから、関東組みが

 羨ましいとはそれ程思いませんでした。

 意外だったのは、関東組み同士の付き合いがここ3年位前から

 途切れ勝ちになっていたことです。

 その一番の原因はご多分に漏れず高齢化と健康上の理由です。

・兄弟と云うのは年代がほぼ同じですから、自分と同じような問題

 を、皆がほぼ同時に抱えると云うことなのですね。

 皆がハッピーな訳ではなく、中には小説になりそうな境遇の兄弟

 も居ることを知り、助ける手を何も差し伸べられない自分に歯が

 ゆい思いをしました。

 過ぎた時間は取り戻せませんが、残された時間を大事にしたい

 ものです。

・後どれくらいの時間が残されているのでしょうか。

 Photo
           一路 和歌山へ

 

 

2015年5月21日 (木)

12時間

happy01 今日 木曜日 AM:オープン 明日 金曜日AM:SSM4

・私の兄弟の集まりがあり、千葉へ行って来ました。

 参加候補者は私を入れて10人ですが、健康上や地理的な理由

 で無理な人を除いて集まったのは6人でした。

 出席者の平均年齢が70歳くらいですから、なかなか全員集合と

 はゆきません。

・埼玉や東京にも ついでの用事が有ったので、移動の都合を考

 えて自動車で行きました

 飛行機や高速バスなども考えたのですが、綿密な計画を立てる

 気が無く、妻との旅行と同じに行き当たりばったりにしました。

 自動車にした一番の理由は、道々車の中で妻との会話(実は独

 り言)が気兼ねなくでき、助手席に亡き妻の気配を強く感じられる

 からです。

・片道12時間のドライブを満喫しました。

 長渕剛の歌を大音量で聞き、合唱(?)もしました。

 妻と行くつもりだった新東名の噂のSAにも寄りました。

 頂上に雲が掛った富士山も見ました。

 

 もう 「寂しい」 とは言いません。 当たり前のことですから。

 Photo
   帰り道のSA 今の心境に似合う侘びしい景色でした。

2015年5月20日 (水)

実を云うと

happy01 今週 木曜日 AM:オープン 金曜日AM:SSM4

・私の腹の中に不安が有りました。

 「妻はどの程度私に満足し、心を許していたのだろう」 と

 云うことです。

 このような微妙な事を上手に表す言葉も浮かびません。

 現代っ子ならば 「愛する」 と云う言葉を極普通に使って表現

 するのでしょうが、私の世代ではそれだけで嘘っぽくなってしま

 います。

 今回良い言葉が見つかりました。

 妻は 「第二志望の私と50年間連れ添った」 と云うことです。

 そう考えると色々な状況下の、妻の反応や態度の説明が付きます。

 普通は結婚を決断した時に「白馬の王子様」をスパッと諦めるもの

 ですが、妻の場合はそこまででは無くとも「フェラーリの御曹司」が

 と思っていた節があります。

 このようなことはお互いに分かってしまうものなので、私としても旨

 く表現できないまでも悟っていました。その状況を敢えて人に云う時

 は「片思い」と云っていましたので、そのことで妻を責めることは有り

 ませんでした。何と言っても人生の大半である50年間を、付き合っ

 ていた事実の重みは凄いものがありますから。

 私は納得していても、常に「2番目」に甘んじていた妻の心境は気の

 毒なものがあります。

 本当は、私自身がそれを解決してあげなければ いけなかったんで

 すね。 フェラーリを買えば良かった。

 今の状況は 本当の意味で 妻を独り占めです。 

  Photo_2
  アジサイ もうすぐ色が付いて賑やかになるよ。

 

 

2015年5月19日 (火)

境遇

happy01 今週 木曜日 AM:オープン 金曜日AM:SSM4

・「運命」ってありますよね。

 過去を振り返った時に見える人生の分岐点など。

 人ではどうにもできない大きな力や偶然性のことでしょうか。

 色々の出来事も結局は、諸々の要素の積み重ねだと思います。

 その要素が余りにも複雑に絡み合っているために、「運命」と

 呼ぶしかないのかも知れません。

・自分が置かれた「境遇」がどんなものかは、

  自分が描いていた画の通りか

  他人(ひと)と比較してどうか

  他人(ひと)に指摘されて

 などでつかむことができますが、総じて主観的です。

 世の中の色々な境遇を「運命の結果」と受け入れなければ

 ならない場合もありますが、逆境におかれた人々は大概そ

 れを打破するために努力したり、あがいたりします。

 境遇をどう思うかは本人次第です。自分の判断や行動が招

 いた結果だと諦める場合もあるでしょう。

 でも、「過去は過去」と考え方を少し変えることで、改善できる

 場合もあるでしょう。

・私の場合も色々後悔するような行動の結果だと思うことがあ

 ります。

 妻が病気で急逝したことは、不可抗力ですから如何ともし難い

 ですが、その他のことは苦境から抜け出す努力をせねばと考え

 ています。・・・・・・殆ど生存本能のなせる業ですが。

  Photo
  
アジサイ 「いつ咲くか」 蕾も楽しみだな

 

 

 

2015年5月18日 (月)

先にあるもの

happy01 今週 木曜日 AM:オープン 金曜日AM:SSM4

・私だけだと思いますが、10代の頃は「人生は先にある」と思って

 いました。

 人生の将来設計と言うほどのものではなく、「将来は○○になる」

 「○○をする」と言うイメージや希望程度でした。

 そしてそれを達成するプロセスや、達成後に得られる結果が

 「人生」と思っていました。

・子育てが終わった頃にはその考えが誤りと気づきました。

 「その時々、毎日々々、現在そのものが人生」ですよね。

 「人生」とは生き様の内容や結果であり、経験や日々の積み重ね

 のことだと思うようになりました。

 このように考えるようになって、毎日を大切にするようになり、

 色々な状況で「後悔しないように」決断しています。

 時間は取り戻せません からこの心がけは大事だと思います。

・と言うことは、大きく変わった私の人生は

 これからの 毎日の行動や判断 で決まり、

 先にあるものも変わる訳です。

 ここまでは、なにか当たり前のことを書いてしまいましたが、

 更に突き詰めると何かが見えそうです。

  I
   お京 アジサイが似合う季節になったよ

   随分好きだったな(雨女だからか)、これから次々咲くよ

 

2015年5月17日 (日)

多面性 その2

・私も遠からずあの世へ逝きます。

 この機会に私自身が皆からどういう人間に見られているか、

 私自身が総括してみます。

 私が想像するしかないので、正答率は50%でしょうか。

・陶芸の生徒さんから見たら

  お京先生が言っていたより陶芸のことをよく知っていて、

 特別な技術以外は問題なさそう。

 意外と話し好きのおじいちゃん。

・若い頃勤めていた会社の友人

 仕事を頼まれたら嫌とは言わないイイ人

 一本筋を持ち、それから外れたことは認めない頑固な人

 人との付き合いは一線を引き、それ程深入りしない人

 何かと言うと「うちのカミさんは」と話の引き合いに出す人

・住まいのご近所さんや地域の人

 いつまでも関東弁で話す正体不明の人

 活動組織の面倒な会計の仕事をする一見イイ人か、もの好き

 技術的なことには詳しいそうだけど、

 畑仕事や運動はどんくさい人

・配偶者や肉親

 これについては一言では語れず、本人の思いとのズレが大き

 そうで、残りの人生で整理しなければと考えています。

 今でも書けますが殆ど創作になりそうなので・・・

  Photo

   何と言う花かな 霊前が華やかになるな

2015年5月16日 (土)

その後の茂さん

・物語や歴史上の人物の有名な逸話の後日談として、

 「その後の武蔵」など話があります。

 大概の物語はエピソードだけで十分で、そこで全てが終わるの

 が普通のことです。

 現実はそうはゆきません。

 妻が逝った段階で、私の物語も終わりかと思っていました。

・しかし実際は現実感がない日々が過ぎ、4か月以上経ちました。

 これからも私の人生の新しい頁が、多分一枚々々重ねられて

 ゆくことになるのでしょう。

 しかし その頁はモノクロで 決して カラーにはなりそうもあり

 ません。

 Photo_2
  白い蛍袋が草の陰にあったよ

  四国の伊方半島に行った時のやつが生きていたんだな

2015年5月15日 (金)

もう少しで一窯になります

・作品がポツポツと溜まってきました。

 今月末に素焼きが出来そうです。

 釉掛けに2週間キープしましょう。

 今回の本焼きは 還元 に挑戦する予定です。

・昨日の午前中の教室にムカデの小型が出ました。

 外で草引きをしているとあっと言う間に蚊に刺されます。

 自然たっぷりの田舎の宿命です。

 田舎に来て15年、そう云った危険に身体が順応し、動くものを

 に目敏くなったり、靴を履くときに無意識にトントン払ったりする

 ようになりました。

 そう云えば、妻は両手でパンッと蚊を殺すのが上手で、

 旨くいった時は得意げな顔を私に見せました。

 私の打率は2割ぐらいでしょうか。

 

 0514
  今乾燥中の作品を入れたら丁度いいくらいになります。

2015年5月14日 (木)

DNAに魅かれて

happy01 今日 木曜日 AM:オープン PM:SSM4

・関東に住んでいる義弟から、私を慰めるために何人かで和歌山

 に来てくれるとの連絡が以前にありました。

 私が暗中模索の状態だったので「今は寒いし、どうせなら皆に会

 いたいからそのうち、こちらから出向きたい」と返事をしました。

 暖かくなるのは遠い先のことで、実際にその日が来るとは当時は

 思っていなかったのが本音です。

 FITの助手席に亡き妻のオーラが滞留しています。

 近々そのオーラと関東までドライブに出かけるつもりです。

・私は心身共にダメージを受けた状態ですが、このような時は当然

 のことかも知れませんが、近親者の空気みたいなものを求めるよ

 うです。お互いに「無条件に受け入れる」ことが根底にあるからで

 しょうか。

・今回は妻のDNAではなく、私と同じDNA由来者に会います。

 (義弟は特別です、発起人で段取りをしてくれました。 感謝!)

 Photo
  教室への通り道に キイジョロウ が出っ張って来たよ。

  いつものようにネットなどで 何とか抑えるけど

 お京が居ないと価値が半減 力が出ないよ。

 

2015年5月13日 (水)

多面性

happy01 明日 木曜日 AM:オープンPM:SSM4

       金・土曜日 クローズ

・妻が1月に逝ってから色々考えさせられることがありました。

 ここ何カ月かが、人生を閉じた妻の総決算でした。

 これからは徐々に歴史の一部にに変わってゆくんだと思います。

 勿論私にとっては、未だこの世に居る伴侶のような感じです。

・陶芸教室の生徒さんから見た、

 人生経験豊かで頼りがいがある「お京先生」。

 時には優しくそして厳しく。

・弔問に来て下さった古い友達から見た、

 一緒に居て楽しかった、

 そして悩みごとなどを親身で聞いてくれた「お京さん」。

・こちらで知り合った友人と地域の方々から見た、

 縁もゆかりもない田舎に飛び込んで来た、

 活発で行動力溢れる「お京さん」。

・夫や肉親から見た、

 天衣無縫かと思うと、

 B型にしては神経細やかな所があり、

 しっかり者で、

 妙に人懐っこいかと思うと、見切ることもあった

 掴みどころのない妻、母、お婆ちゃん、・・・

・皆 どれも同じ一人の人間 お京 です。

 自分に振り替えて考えると良く分かりますが、人は相手や状況

 によって態度や対応が変わります。

 また、それがお互いに影響し合う訳ですから非常に複雑です。

 「どんな人だったか」 とても一言では言えませんし、極根源的

 な部分以外はたぶん正答が無いと思います。

 なにせ、更に時間とともに変わったりもする訳ですから。

・人間関係について 「ウマが合う、合わない」 とか 「自分のこと

 が自分では分からない」、「ボタンの掛け違い」 などの灰色の

 言葉が沢山あります。

 だから小説や映画・ドラマの材料が尽きることなく面白いんですね。

 Photo

 あちこちからラズベリーの新芽がいっぱい出て来たよ。

 こいつは種が多すぎてジャムにするのに苦労したな。

 心を鬼にして 切って 終活かな。

 

 

2015年5月12日 (火)

どうしてなのか不思議

happy01 今週 木曜日 AM:オープンPM:SSM4  台風6号が接近

       金・土曜日 クローズ

・昨日の夕方、私からの近況メールを受けた友人から電話が入り

 ました。その話の中で最近「娘と長文メールでやり取りしている」

 と話をしました。 まぁ長文は娘の方なのですが。

 私のブログを見てくれているその友人に、「書くことが好きなんで

 すね」と云われました。多分親子共々と云う意味で仰ったんだと

 思います。しかし若かりし頃 妻の交換日記に満足に応えられな

 かったくらいですから、私自身は筆不精と認識していたので後か

 ら考えると意外でした。私の最終学歴は工業高校ですが、その高

 校では実験結果のレポート提出が課題で、いつも徹夜状態でレポ

 ートの厚さを稼いだものです。・・・決して熱心だった訳ではなく、

 期限が迫らないと手を付けなかったせいです。

 技術系のサラリーマンになった後も、設計仕様書など技術系の文

 書を書くのが仕事だったので、人間相手の社交文などは苦手で

 書いた記憶はあまりありません。(提案書や始末書は少し・・・)

・今思い出すと、一つ心当たりが有ります。

 ほぼ30年前の当時、製造会社の社員だった私が、営業~製造

 までの情報伝達の電算システム開発のプロジェクトリーダーを

 担い、何とか無事完成してそのレポートを上司に提出しました。

 その時の上司のコメントが「○○君のレポートは小説みたいだね」

 でした。 自分ではスムースに頭に入る文章だと思っていたんで

 すが、云われてみると確かに数値的なデータが一切無い内容で

 した。言い訳すると時間的に相当無理なテーマだったために、何

 回も暗礁に乗り上げ、壁にもぶち当たりました。その度に個性豊

 かなメンバーの一言や、周囲の方々の援助に救われて、やっと

 日の目を見たシステムだったので、人間的な感情が溢れてしまっ

 たんです。

 熱心なブロガーだった妻の気持ちを理解できなかった私が、こうし

 てセッセと投稿しているのが不思議です。キーボードに亡き妻の

 手が付けた粘土が残っています。

 私のこの手を動かしているのも ひょっとすると妻かも知れません。

・電話して来た友人はこちらからメールすると、いつも必ずと言って

 いい位 直ぐに電話をしてきて声を聞かせてくれます。

 何回も癒されました。

 この友人は電話派なのに、年賀状は毎年近況報告の文章で一面

 ビッシリです。(Mさんブログネタにしてすみません)

 0511

 昨日は環境組織の仕事で、小学生の田植え自習をしました。

 昨年は5年生全員で20人でしたが、今年は14人に減りました。

 0511_2
 ホタルブクロが咲いたよ、霊前でも画になるな。

 

2015年5月11日 (月)

時を止める

happy01 今週 木曜日 AM:オープンPM:SSM4  台風6号が心配

       金・土曜日 クローズ

・今の私は時間が止まった状態です。周辺の季節は確かに移り

 変わり、寝具や衣類も冬から春に装いが変わっています。

 しかし、その実感が無く夢の中に居るようで、他人の手足を動か

 しているようです。

 「時を止める」とは五感を閉ざしたり、鈍くすることなのですね。

 若い頃はそのようなことを意識したことはありませんが、妻と

 結婚してからその手段を知りました。

 夫婦喧嘩をした時に相手を無視したり、没交渉の辛さを逸らすた

 めに五感を閉ざしました。

 その前までは単に拗ねたり、ふて寝する位でなかなか我慢比べ

 には勝てませんでした。

・今は意図的に時を止めている訳ではなく、生存本能のなせる技

 なのか3次元の世界にワープしています。

 その所為なのか、この冬は一度も風邪をひかず、寝込むことも

 ありませんでした。

 そうそう花粉症もそれらしい症状は極僅かでした。

 でも、料理やビールを 旨い! と感じられる方がいいですね。

 Photo

 ハナダイコンって云うんだな。二人が「大根の花」って呼んでた

 やつだけど、以前は庭の方々に咲いたけど今年はこれだけみ

 たいだよ。俺に抜かれないように鉢に保護したんだな。

 

2015年5月10日 (日)

田舎とは

・朝日テレビの土曜日夕方6時からの番組「人生の楽園」は、

 ご存じの方もいらっしゃると思いますが、我々夫婦と少し縁が

 あり、ここ白浜町(当時は日置川町)に移住してきた翌年にこ

 の番組の取材と撮影を受けて放送されました。

 それまでこの番組のことは知らなかったのですが、それ以来

 夕飯を食べながら夫婦で見ていました。

 昨晩放送された宮城県柴田町へは行ったことがありませんが、

 紹介されていたワラビ畑で思い出したことがあります。

・私達は「自然がいっぱいの田舎では、山菜のワラビは採り放題」

 と思っていました。実際近くの山に自生しているのですが、山に

 は持ち主がおり、また花木の栽培者も居るために許可を得なけ

 ればなりません。

 許可と云っても「山に入らせて貰うよ」と、一声掛けるだけの事な

 のですが借りを作る煩わしさがあるので、案内してくれる人と一

 緒に隠れるようにして採りに行ったものです。

 ちょっとスリルが有り、山の雰囲気も独特で面白かったんですが、

 2~3回行っただけで自然と足が遠のきました。

 季節の物が好きだった妻も、確か2回ぐらい同行したと記憶してい

 ます。14年くらい前ですから山登りも楽しめたんです。

  0509
 

    昨日は畑周りの草刈りをやりました。

    田舎では雑草との闘いの日々です。

お京へ 竹やぶで 鶯 がしきりに呼んでるよ

      去年と同じ鶯かな?

      夜は田んぼの蛙の大合唱だ。

 

 

2015年5月 9日 (土)

現実逃避

・現実逃避の手段には色々あります。

 我々夫婦の場合 観光旅行、ドライブ、映画などでした。

 私については それらに加えてテレビ、小説の読書があります。

 読書からは 老眼がきつくなって自然と遠のいています。

 趣味として、人に堂々と云えるのは旅行とドライブ位で、他は余

 り頻繁だと呆れられるので、回数を控えたり内緒にしたりしてい

 ました。

・以前の妻は殆どテレビを見ることが無く、夕食時に私に付き合っ

 て少し見る位で、私によく 「あなたは本当にテレビが好きね、

 あなたはテレビがあればキット生きていけるわね」などと言われ

 いました。

 そんな妻もここ2~3年テレビを少し見るようになり、私が面白そ

 うなドラマを録画しておくと、「○○ある?」と云って催促するよう

 になりました。現代劇はあまり見ませんでしたが 内野聖陽の

 「とんび」や堺雅人の「半沢直樹」などを楽しみにしていました。

 定番の水戸黄門は見ませんでしたが、その他の時代劇は大好き

 で池波正太郎原作の「鬼平犯科帳」や「剣客商売」が特に好きで

 した。人情味溢れる原作と中村吉衛門の人柄がピッタリで、妬け

 るくらい惚れ込んでいました。私はそれらも好きですが、藤沢周平

 もののゆったりとした流れがお気に入りです。

・妻が私に付き合って、弁護士ものの海外ドラマも少し見るようにな

 ったのはホンの半年前位からだったでしょうか。今思うと教室の残

 業で疲れた頭と体をリラックスさせていたんですね。

 そんな妻でしたが、私が「衣装や画面が素晴らしくきれいだぞ」と

 韓国時代劇を進めても、チラッと横目で見るだけでパスしていま

 した。時間を有効に使う人でしたから、自分に歯止めを掛けてい

 たんだと思います。

・今の私は安直な現実逃避の手段として、テレビに逃げ込んでいま

 すが、以前ほど没頭出来ていません。当然ですよね。

 Photo
  今年の君が代蘭も凄いぞ

 (俺がリュウゼツランって云うと必ず云い直したな)

 

 

2015年5月 8日 (金)

先生不在の陶芸教室

お京先生へ 他の曜日の人が皆来てくれたので、昨日は大賑

 わいで、削りや成形の作業を熱心にされてたよ。

 俺が引き継いだ時に「教えることができないから、管理人です」

 と云うことになっており、経験者が教えたり皆で助け合う条件で

 運営してきたのを知っているよな。

 昨日はタタラ作りと蓋付き器の受け口のろくろ成形の方法が

 話題になった。いずれも俺の経験が殆どない技術なので見てる

 しかなかったけど、「そう云えば先生がこうすると言っていた」とか

 「先生がちょっと手を加えると見違えるようになったとか」 色々

 思い出しながら成形していたよ。・・・陶芸って奥が深いな

  0507
        今日の作品の一部

2015年5月 7日 (木)

触れていないこと

happy01 今日木曜日 AM:オープン  PM:SSM4

・2009年から6年間 妻がこのブログを書いていました。

 その膨大な記事に「夫」は一言も出てきません。

 「○○へドライブに行った」 「○○で食事した」 時には大部分

 がパートナーの私がドライバーであり、同伴者です。

 実際の「お京」を知らない人は、既婚なのか? 年代は?など

 想像の域を出ません。

 本人はその状況を結構楽しんでいたかも知れません。

・私が記事に一切出てこないことを 「嫌われているのか?」など

 ちらっと思いましたが、それほど深く考えませんでした。
 

 自分で投稿するようになり、理由が分かりました。

 実名を書かないにしても、記事を本人が読めば自分のことだと

 直ぐに分かってしまいます。

 書いた内容に本人が「違うよ」とか、「書いて欲しく無かった」など

 クレームでは無いにせよ、摩擦が起きる可能性があります。

 そう云うことにならないようにするためには、表現する段階で色々

 斟酌しなければなりません。その煩わしさを避けるために、一線を

 引いて いっそ一切触れないようにするのが、適当な手段として

 落ち着き先だったんだと思います。

 特にコチョコチョ細かい(ナイーブな)夫の場合は、考えざるを得な

 かったでしょう。・・・決して毛嫌いしていた訳では・・・

 0429
 お京へ 偶然去年と同じ4月29日に撮った写真だ、
ブログには

      花の名前が書いてなかったよ。昨日、部屋の中が微妙

      に匂って「スワッ やもめ所帯の生ゴミか?」と思って調

      べたら、ジャスミンの香りが雨上がりの匂いやら何やら

      と、混ざって室内に入ってきてたんだ。

2015年5月 6日 (水)

皆 忙しい人

happy01 木曜日(7日) AM:オープン  PM:SSM4

陶芸教室に通って来ている生徒さんは、大部分が家庭を支えて

 いる主婦の皆さんです。

 そう云う方々は当然生活能力が高いので、近親者のために出か

 けて家の仕事を請けたりすることが多くなります。

 若い女の生徒さんは、結婚を機会に遠くへ行ったりして教室を辞

 めますが、中堅どこはそのような家庭の事情で辞めたり、長期に

 欠席されます。最近は特に介護関係が多くなりました。

 そんな訳で稽古事や習い事などを、アクシデントなしに予定通り

 に出来ることは、決して当たり前のことなどではなく 恵まれたこと

 なんだと境遇に感謝すべきかもしれません。

 Photo
  雪の下が見かけによらない花を咲かせたよ

 0503
  水をやってないけど 何か可愛らしいのが咲いてた

 

2015年5月 5日 (火)

あまり変わらない

happy01 木曜日(7日) AM:オープン  PM:SSM4

・今日は妻の4回目の月命日です。

 遺影と話をする毎日ですが、4か月経った今も辛さは同じです。

 そんな自分が情けなくもありますが、敢えて逆らわずに自然体

 の方が良いかも知れません。

 結局は現実をどう受け止めて前へ進むのか、感情と理性のせ

 めぎあいなのですから。

 妻にもっと長生きして貰い、もっと人生を謳歌して貰いたかった。

 妻ともっと長く一緒に 人生を 色々と 楽しみたかった。

 意味が有り はりあい有る日々 会話が一杯ある日々 を

 もっともっと 送りたかった。

 自分だけ生き残った罪悪感 や 諸々の後悔

 などの無念さを自分で一つ一つ整理して 納得したり 場合に

 よては何かに置き換えたり もしなければ と思っています。

お京 生徒の I S さんが昨日来てくれて、話しかけたのが分か

 ったかい。また静岡にとんぼ帰りだそうだ。

 バラを持って来てくれたんだ、一気に華やかになったぞ。

  0505

 

 

2015年5月 4日 (月)

奥様方 ちょっと立ち止まって

happy01 5月の教室は実質今週からですね。木曜日(7日) PM:SSM4

                            15,16日の金・土はクローズ

・世の中の頑張り屋の奥様方 頑張るのは結構ですが、張りつめ

 た弦は切れやすいです。身体の不調があったら余り我慢せず

 言葉に出し、検診を受けましょう。 旦那さん”ウチのは頑丈”な

 んて安心していては後悔しますよ。

 今日と同じ明日が来る保証は全くありません。

 言い古された言葉 ”自分は大丈夫” は何の支えにもなりません。

・昨日は畑に枝豆と大葉、葱の種播きをやりました。

 作業が終わった夕方5時半頃、お誂え向きの雨が降って来ました。

  ・・・あと15分早ければ水撒きをしなくて済んだのに

 それと庭先の草引きもやりました。畳5~6枚分が限界です。

お京へ 庭で可愛らしい花を咲かせている奴はやっぱり抜け

 ないな。それと片隅のイチゴがぽつぽつ成り始めたけど、

 採る人が居なくなっちゃった。小皿に公平に2~3粒つづ入れ

 て いかにも女の人らしいデザートだったな。

 Photo
  

 
 Photo_2

 Photo_3

2015年5月 3日 (日)

静かな連休

・昨日は誰も訪れる人が無く、静かな休日でした。

 最近は郵便物もめっきり減り、独居住宅らしくなりました。

 今日、郵便受けに入っていたのは新聞と自動車税の納入通知

 書でした。・・・コンビニに行かねば

・我が家では、5月の連休にストーブと扇風機の入れ替えをする

 のが恒例でした。昨日はパソコンやテレビに触ることなくその作

 業に取り掛かりました。

 石油ストーブ4台、電気ストーブ2台があり、屋外の物置に仕舞

 いますので、しっかり梱包しないと砂埃や虫達に汚されます。

 結構時間が掛かり大変ですが、強い日差しの中 休み休み何と

 か終わらせました。

・ストーブ3台は教室や店で使うものですから、今までと同じ時期

 に処理しようとこだわりました。

 母屋の居間の電気カーペットや寝床の掛け布団などは、今暫く

 は冬姿のままですが、電気敷き毛布はさすがに2週間位前に

 片付けました。

  Photo
      中庭の台に勢揃いしたストーブ

2015年5月 2日 (土)

とにかくアタック

・大概はブログに投稿する内容とタイトルを、はっきり決めずに

 入力画面に向かいます。

 草引きや台所仕事をしている時に面白そうなネタが浮かぶこ

 とがありますが、すぐに忘れてしまいます。

 以前は小さめのノートをネタ本として、材料をメモっていたので

 すがクラーイ材料ばかりで、それもそろそろネタ切れです。

 妻に占領されていたディスクとパソコンを使っていますが、周辺

 には妻のネタ本らしきものは一切無く、唯一和歌山の方言と花

 言葉のメモ書きがあるだけです。 きっと妻も思い浮かぶまま入

 力していたんだと思います。

・丁度一週間前に書きましたが、とにかく「新しい事を」と考えてモ

 バイルパソコンを買って、WiFi(わいふぁい)と云う無線信号で

 LAN(らん)を組んで信号線なしでも、家の中でインターネットを

 使えるようにしました。

 若い人ならスマホやタブレットにするのでしょうが、老眼の私は

 少しでも大きめの画面の方がいいし、指をトントンツーとするタ

 ッチパネルへの憧れもあったためモバイルパソコンにしました。

・OS(おーえす)がウィンドーズのVISTA(びすた)から8.1に変

 わったため操作方法が今までと大きく変わりました。

 この頃は、思うように操作できないこのパソコンと口喧嘩しなが

 ら過ごしています。 

 暫くは我が家の I T (あいてぃ)革命ネタが続きそうです。

 Pc
   とにかく私の云う事を聞かないパソコン

2015年5月 1日 (金)

ひと区切り

・地域の環境組織の26年度報告書類作りがやっと終わりました。

 書類には役場への提出分と、組織で継続的に保存する分があり

 ます。新制度に変わって提出書類が減って楽になったはずです

 が、集中力が続かず結構時間が掛ってしまいました。

 それでも一つの責任が果たせてホットしています。

・今日からは、遅れていた今年度分の出納業務です。会計として

 はこちらが本業ですが、色々な記録や資料作りと、出納作業の

 切り分けが難しく、皆会計の仕事になっています。

 皆から感謝され、それなりにやりがいは有りますが、後2年続け

 られるかどうか以前ほど自信がありません。

 Photo
  完成した年度報告・記録書類ファイル

 写真帳がプリントではなく、CDになったので薄くなりました。

 

 Photo_2
出来た さくらんぼジャム(1.7キロから小瓶3本)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ