« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

多少空席あり

happy01来週 木曜日 AM:オープン

  8月の1週目もオープンします。(7月の延長として扱います)

  釉掛けができます。折角の機会なので都合良い日で予約を!

・昨日は教室の室温34℃の中、生徒さん達が頑張って釉掛けしました。

 温度計が40℃を指していたので、温度計を壁から机上に移しました。

 エアコンをフル稼働し、トタン屋根にホースで水を掛けてもこの温度で

 した。 でも何かに熱中している時は意外と耐えられるものですね。

 釉掛けが終わった作品から順次窯詰めしています。

 8月の教室は観光客の陶芸体験や、お盆などで先生と生徒さんが

 共に多忙なことから例年夏休みです。私の走馬灯窯になって初めて

 の夏ですが、それを踏襲します。

 体験観光は関係無くなりましたが、夏休みは夏バテ防止などの意味

 がありますから、しっかり夏休みをとるつもりです。

・前回の本焼きが6月14日でした。生徒さんの作品だけですから先ず

 先ずのペースですが、夏休みで間が空き過ぎるのでなるべく早く本焼

 きをしたいので、来週も例外的に釉掛けの週にしました。

 0730
    まだ右上に空席が有ります。

  この空席を埋めたいので 是非、ご協力を!

 

2015年7月30日 (木)

自由過ぎるのも困る

happy01今日 木曜日 AM:オープン  PM:SSM4

  8月の1週目もオープンします。(7月の延長として扱います)

  釉掛けができます。折角の機会なので都合良い日で予約を!

・昨日は釉薬など釉掛けの準備をして、外周りの仕事も少しやりました。

 とても暑い日だったので、午前中と午後は4時ごろから少し身体を

 動かしただけです。

・私の日課の優先順序は、陶芸教室運営関係、家事、畑仕事、家の

 外周りの草引きや剪定 と云ったところです。

 これに私の使命(この言葉がピッタリで気に入っています)としての

 終活がありますが、日課がこれだけあるとなかなか終活関係に手

 が廻りません。

 気分が落ち込んだ時は、更にテレビをずるずると長い時間見てしまう

 こともあります。

・以前は妻の手前、そんなにだらしない姿は見せられませんでした。

 今は自身を律してテキパキと物事を進めなければなりません。

 私はそれが苦手な性格だと分かっていたので、サラリーマンの道を

 選びました。何もかも自分で管理している自由業の人を見ると、自分

 にはとてもできないと尊敬したものです。

・自由過ぎる生活にも慣れなければいけないんでしょう。

   ・・・早く 慣れなければならないことが 多すぎます。

・昨日は玄関前のアケビ棚の改造が終わりました。

 実際はアケビの他にツルウメモドキ、ジャスミン、ヤマブドウなどが

 混在しており、改造にはノンビリ2日位掛けました。

 私の主義は「天然素材の利用」ですが、寄る年波には勝てず、

 交換が必要な竹の部分を最小限にし、重みが掛る所は鉄製の

 単管にしました。台風で腐った竹が折れたりしたのを切っ掛け

 に転がっていた材料と買い足した単管を使いました。

 これで、私が手入れできなくなっても直ぐに崩れることはないでしょう。

 

  Photo

2015年7月29日 (水)

社交が必要

happy01明日 木曜日 AM:オープン  PM:SSM4

  釉掛けができます。折角の機会なので都合良い日で予約を!

・私が投稿の為にパソコンに向かう時は、天国のお京やブログを見

 てくれている皆さんに語りかける時です。

 手軽に不特定多数の方に発信できるなんて、一昔前には考えられ

 なかった便利なツールですね。

 一方的であるために、ともすれば独り言になりがちですが、それ故

 自分の気持ちを整理したり、感情を発散させる効能があります。

 独居の私が投稿をする時の心構えは「社交」そのものです。

 虚しい気持ちや天涯孤独みたいな気分になった時に、ブログネタ

 を考えたり、投稿を始めることも年中です。

 とても改まった気持ちでパソコンに向かいますが、格好はカジュア

 ルと云うか・・・見せられない格好です。

・亡き妻のブログは陶芸や趣味を交えた遊びの記事に、主に花の写

 真を散りばめた内容です。

 私の場合は記事の材料がそれ程ありませんから、生活臭たっぷり

 の内容にならざるを得ません。

 いつまで続けられるか分かりませんが、もう暫くお付き合いください。

  Photo

 キンミズヒキ 教室入り口の奴、雑草の葉っぱみたいだったから

 余程抜こうかと思ったけど、念のため残したら地味な花が咲いた。

 

 

 

2015年7月28日 (火)

生きている

happy01今週 木曜日 AM:オープン  PM:SSM4

  釉掛けができます。折角の機会なので都合良い日で予約を!

・昔からよく言いますね

 「人は死んでも残された人の心の中に生き続ける」 って。

 全くその通りです。

 私の一挙手一投足が、亡き妻そっくりでハッとすることが多々あります。

 妻は歯のトラブルが特に多かった訳では有りませんが、歯医者に

 定期的に通って検診や手入れをしていました。 

 私も4・5ヵ月前に歯の被せ物が取れたのをきっかけに、妻に倣っ

 て毎月手入れをして貰うようにしました。昨日はそれで歯医者に行く

 日でした。それに備えてゴシゴシと歯を磨きましたが、その様子が妻

 そのものでした。

 話は変わりますが、とことん自然治癒を狙う私が歯が痛いとこぼすと

 もっと酷くなるから、早く歯医者さんに行きなさいと脅されたものです。

 洗面台の周りや風呂場に、妻の歯の手入れ用品がいくつか残ったまま

 です、それらが変身を誘ったのかも。

・この歳になって料理もどきをする羽目になりましたが、妻のすることを

 意識して見ていた訳ではないのに、細かい仕草が妻のコピーです。

 食欲がありませんから夕飯は、おかず一品と晩酌で十分なのに、妻の

 やり方をいつの間にか模倣して4~5品を並べてしまいます。

・昨日は泥だらけの軍手4組を、水洗いして干している自分が居ました。

 洗った軍手は縮んで使い難いので私は滅多に洗いませんでした。

・この前の一五(いちご)市では、常連の売り子さんに「奥さんと話し方

 がそっくり」 と言われました。今までそんな風に言われたことは全く

 なかったのにです。

 「心の中に生きている」って不合理ですが信じたくなります。

お京 冷蔵庫と棚から干しうどんとそうめんが出てきた。

 余りにも古いから人に上げる訳にもゆかず、うどんは袋に書いてあっ

 た方法で、そうめんはインターネットで調べて茹でて食べたよ。

 これでランチメニューが一気に二つ増えた。

 両方とも暑い夏に向けて助かるよ。在庫もたっぷりだし。

 そうめんにはちゃんと缶詰のミカンを入れ、つゆにはねぎ、みょうが、

 生姜、しろごまを入れて完全お京式にして、なかなかの味だった。

 流しのコーナーを旨く使う、湯こぼしするやり方もお京式だ。

0727
   昨日素焼きした作品を窯出ししました。さぁー釉掛けです。

2015年7月27日 (月)

今週は釉掛けです

happy01今週 木曜日 AM:オープン  PM:SSM4

  釉掛けができます。折角の機会なので都合良い日で予約を!

・昨日は素焼きの窯焚きで教室に7時間詰めました。

 30分毎にバーナーの油量と風量の調整をする時以外は、亡き妻

 とたっぷり会話ができました。

 窯焚きは二人三脚的な作業でしたから 「本当に一人ぼっち」 に

 なってしまったんだと痛切に感じ、寂しさがひとしおです。

・子供たちが独立し、巣立った後の親の役割ってなんでしょう。

 平均寿命(余命)が大幅に延びた現代では、その時間が人生の

 半分位を占めます。

 「良く子孫を残し、子育てをやった」 ご褒美として神様が夫婦に

 楽しむ時間を与えてくれたんだ、とも思えません。

 子孫を残すだけが人生の目的ではありませんから。

 きっと「社会に貢献する生産的なことをやりなさい」と云うことですね。

 世の中にはそう云う人達で溢れています。

 人間社会は複雑で、人は意外と脆い部分があります。

 巣立ったとは云え、子供たちが年寄りの知恵や、助けを必要とす

 る時が来るかもしれません。

 「その時まで、程々に楽しみながら備えなさい」と云う事かも。

 拠り所にする楽しみが無くなった今 刹那主義では限界があります。

 先ずは、そこから抜け出さなくてはいけないんですね。

  0725
     ハマユウが一杯咲いたよ。

   この前の一輪は気が早い奴だったんだ。

 

 

 

 

2015年7月26日 (日)

今日は素焼きです

・皆さんがこのブログを見る頃には、窯に火が入っていると思います。

 作品数は少ないですが、前回本焼きの窯に入らなかった分があり

 ますので、丁度本焼き一窯分位になると思います。

・一昨日辺りから晴れるようになりましたが、地面はまだ乾いていません。

 洗濯物が乾くようになっただけでも助かります。

 自分にノルマを課さないようにしながら、溜まっていた外周りの仕事を

 のんびり片付けています。

・一昨日は朝7時半から地区の花壇の手入れやゴミ拾いをやりました。

 環境組織から老人会にお願いしている活動で、多い時は20人

 位参加してくれますが、今回は18人でしたからまずまずです。

 皆が集まると合言葉は「熱中症に注意。無理をしないで」です。

 当然高齢者ばかりですが、地区(人)の役に立つ作業を、仲間と

 世間話や冗談を言いながら楽しくできるので皆生き生きしています。

・花壇は県道沿いに相当の面積がありますが、大勢でやるとあっと

 云う間です。 私も参加し、草刈り機を1時間位ブンブン回してから

 帰宅しました。帰宅後シャワーを浴びてテレビの前で一休みするつ

 もりが2時間も寝てしまいました。

・今の私にとってのテレビは娯楽だけではなく、社会への窓なのですね。

 通勤で電車に乗る訳でもなく、集団に交わることもないので、一段落

 するとテレビを点ける癖がついてしまってます。

 それにしても、グルメや娯楽の番組が多すぎますね。

   ・・・誰も彼もがそれらを求めている訳ではないのに。

 

  0725
      窯詰めが楽でした

  Photo
台風で延期され一昨日になった、地区花壇の手入れ作業です。

2015年7月25日 (土)

財布の紐

・今時の若い人は「財布の紐が堅い」なんて言い方はしないと思い

 ますが、亡き妻はウインドウショッピングに行っても決して無駄遣い

 はしませんでした。「ウインドウ」ですから当然と云えば当然ですが。

 結婚は考え方や環境が違う人間が一緒に暮らす訳ですから、お互

 いに影響し合うことに意味が有ったり、興味深い面があります。

 私が若い頃は結構衝動買いや無駄遣いをしていましたが、晩年は

 妻の影響を受けて慎重になりました。

 電動工具などを買う時も1カ月近く考え、買う価値があるかどうか

 考え、妻に「本当に要るの?」と聞かれた時に「ずーっと考えていた」

 と即答したものです。

 特に年金暮らしになってからは、千円を超すものは価値判断が厳し

 くなりました。

・そんな倹約家の妻が財布の紐を緩めるのが、観光旅行でした。

 30歳後半くらいからでしょうか、「遊びにケチケチしていたら意味が

 無い」 と言っていたもんです。

 松竹梅の選択がある時に「梅」を選ぶような私でしたから、その言葉

 にはカルチャーショックを受けました。

 確かに旅行には「一期一会」の要素が有り、普段の制約から解き放

 つことに意味がありますから、私は手放しで同意しました。

 もっとも、私が暴走気味になると、ブレーキをしっかり掛けることも妻

 は忘れませんでした。

・昨年5月に4泊5日で隠岐の島に旅行しました。

 主だった4つの島の中、2つの島に宿泊してドライブをしました。

 貧乏育ちの私としては精一杯の贅沢だったのですが、その時の

 妻のブログを見ると、折角の機会だったので他の島にも渡れば

 良かったと少し後悔したようです。

 大蔵省の妻が言えば、運転手の私は喜んで従ったのに・・・残念です。

 

    Photo
      台風に耐えた ノボタン だよ。

この花は直ぐに散るみたいで、落ちている花びらの方が多いな。

 

 

 

 

 

2015年7月24日 (金)

仮想世界

・昨日も雨模様でしたが、台風で教室が休みだったり、都合で来れ

 なかったりしたために、陶芸が待ち遠しかった人達で盛況でした。

 私は長雨で滅入っていたので、一昨日辺りから仮想世界に入り込

 んでいましたが、現実世界で生徒さん達と交流するのが、まさに生

 きている実感がします。 

・以前に書きましたが私の最近の仮想世界は、パソコンを使って

 インターネットで映画やドラマを見ることです。

 見る都度プリペイドのギフトカードでお金を払いますが、今のところ

 月に均すと1,500円位の配信サービスです。

・最近の目ぼしい映画は殆ど見てしまい、次は何で気を紛らわせよう

 か物色していたんですが、当分退屈しない番組を見つけました。

 アメリカのテレビドラマで 「24 -TWENTY FOUR」 と云う番組です。

 このタイトルを知らない人でも、主人公の 「ジャックバウアー」 と

 云う名前は耳にしたことがあるかも知れません。

 お笑い芸人のネタにもなった人です。

 このドラマは2004年から日本でテレビ放送され、10シーズン有る

 ようですが、大分前に4~7シーズンをテレビで見ました。

 政府のテロ対策機関のヒーローの活躍を描いたドラマで、場面展開

 のテンポや緊張感が突出していますが、一番の特徴はドラマの進行

 を実際の時間に合わせてあることです。

 結構複雑な筋立ても24時間に収めてありますし、主人公が銃で撃た

 れて少々怪我をしても、何時間か経つと普通にアクションしたり、車で

 の移動時間が圧縮されていたりする無理はありますが、良くぞ作った

 と感心します。

・数々の陰謀や企てを解決するのに、「24時間は短すぎる」 と考えま

 すよね。 でも実際は違う問題があります。 それぞれのシーズンごと

 にドラマがほぼ完結しますが、その1本を見るのに24時間掛かる点

 です。 今 見ているのは、2001年にアメリカで放送された古いシリー

 ズなので1時間(1エピソード)分が100円で、1ドラマ2400円と云う

 ことになります。 大河ドラマの半年分相当なのでその位はしますね。

 裏切りの連続のサスペンスものなので、24時間分は必ず見たくなります。 

 と云っても24時間ずーっとテレビに張り付けませんが。

・最近の映画やドラマは、時間を過去に戻したり、未来に進めたりする

 脚本が多いですね。 筋を面白くするためなんでしょうが、既にありきた

 りの手法になっており、年寄りには分かり難く却って負担に感じます。

 その点リアルタイムは単純で付いて行きやすいです。

・目ぼしい映画を物色していて気付きました。

 妻と一緒に映画館で見た映画のなんと多いことか。

  I
        カエデアオイだっけ? 

 毎日同じ花が咲いているのではなく、日替わりって本当か。

 

2015年7月23日 (木)

”話” していますか?

happy01今日 木曜日 AM:オープン  PM:SSM4

  今月は5週目もオープンします。

・近畿地方が梅雨明けしたと云うのに、まだ雨続きです。

 板張りの床も、新聞などの紙類も湿気を帯びています。

 「天気の話になる時は、話題が無くなった時」って言いますね。

 書きたいことは沢山あるのですが、今の天気と同じで湿っぽいこと

 ばかりです。

 私の事を気にかけてくれている人達に、余計な心配は掛けたくない

 ので、暗い話は極力避けています。

 大体 ウジウジしているのは、余りカッコ良くないですし。

・妻との日々の暮らしの中で、少しだけ後悔していることがあります。

 それは もっともっと妻と会話 すれば良かった、と云うことです。

 私は結構しゃべりで、人一倍話はしていた方だと思います。

 だから、よく衝突もしました。

 そんな私でも会話が不十分だったと感じます。

 話の内容が頑固な押し付けだったり、相手の考えや立場を理解しよう

 とする姿勢が無かったり、思いやりが足りなかったり。

 結果的に平行線で、互いに自分の殻に閉じこもることも多々ありました。

・どれだけの時間を会話したか ではなく、会話を通してどれだけお互い

 を理解し合えたか、自分の気持ちを伝えられたか、が問題なんですね。

 口は物を食べるだけではなく、話すためにも有る訳ですから使わなけ

 れば。 高倉健みたいな寡黙さは理想ですが、現実はなかなか・・・

 そうそう、口は愛情表現にも使いますが、そっちは・・・悔いなしです。

  Photo_2
   カサブランカ 寂しそうに咲いているよ。

 今年はやっぱり変だな、朝顔がまだ全然咲いていないよ。

2015年7月22日 (水)

循環

happy01 明日 木曜日 AM:オープン  PM:SSM4

  今月は5週目もオープンします。

・昨日は元気を振り絞って、葦簾(よしず)の張り替えをやりました。

 ちょっと屋外仕事をやると例によって汗だくです。

 今の時期に外へ出ると、アッと云う間に蚊の餌食になりますので、

 蚊よけのスプレーを額、頬~耳~首周りと手首に吹き付けて、

 更に長袖を着ての完全装備ですから、汗だくになるはずです。 

 そんな訳で、外の仕事をやる時は覚悟が必要です。

 額の汗と一緒に蚊よけのスプレーが、目に垂れてきたらちょっと

 した悲劇です。 歳を取ると蚊に刺された跡がいつまでも残るので、

 それも気になります。

 母屋の裏手が竹藪なので、蚊も豊かな自然の付属品です。

 蚊の日中の居場所は草木の葉っぱの裏側らしく、草引きなどをやる

 とてきめんに団体で攻撃してきます。

・昨日張り替えた葦簾は、台所に西日が射すのを防ぐためのもので、

 竹で組んだ枠の上に乗せる6尺×6尺物です。

 竹は原価ゼロでいくらでも手に入るので、色々な場所に使っています。

 しかし、竹は雨ざらしで使っていると腐ったり、虫に食われたりして長く

 ても2年位しか持ちません。

 私は常々「錆びたり腐ったりすることは、自然に還(かえ)ることで

 イイことだ」 と他人には云っています。

 自然素材を使うことで環境には優しく、職人さんの仕事も確保されます。

 しかし、自分を含めての高齢化や、職人の後継者不足の問題を考える

 と、一概にそうも云っていられません。

 そうとは分かっていますが、ホンの少しづつでも構わないですから

 「極力自然素材を使って循環する」 また 「その為の技術や職人

 を維持・育てる」 世の中に戻って欲しいと思います。

 便利さや効率、そして安直さを求め過ぎた結果が、世の中の格差

 や歪を生んでいる気がしませんか。

  Photo
  葦簾の値段も高くなりました。以前は300円台だったのが、

  今は700円位です。(輸送費だけではなく、中国の生活レベルも

  上がったのでしょう、これも自然の摂理ですね)

 

 

 

2015年7月21日 (火)

昨日も後始末

happy01 明後日 木曜日 AM:オープン  PM:SSM4

  今月は5週目もオープンします。

・昨日も朝7時半から、田んぼに倒れこんだ杉の木の撤去作業でした。

 大体直径40cm、長さ15m位の相当大きな木でした。

 チェーンソーで切って、田んぼから運び出すお手伝いをしました。

 倒れた木は無人の廃屋の敷地に立っていた木なので、お助け隊

 の出番になり4人でやりました。

 1時間位の作業で汗だくになりましたが、一番手こずったのは足場

 の悪さです。 田んぼなので普通の長靴だと抜けなくなり、足だけ

 が抜けて長靴ポツンと田んぼに取り残され、マンガみたいな状況

 になります。

 Photo

・台風で落ちた青いトマト。勿体ないので以前から糠漬けにはしてい

 たんですが、他に料理方法は無いかとインターネットで検索しました。

 さすがインターネットですね。結構色んなレシピがありました。

 結局、使えそうな青いトマトが5~6個で約1Kg有ったので、カレー

 味のピクルスを作ってみました。

 Photo_2
  5日位経つと食べ頃だそうです。それまでお預けです。

  (梅酒瓶は大き過ぎました)

2015年7月20日 (月)

焦り

happy01 今週 木曜日 AM:オープン  PM:SSM4

  今月は5週目もオープンします。

・昨日もなんやらかんやら台風の後始末です。

 朝一で環境組織の仕事で「異常気象後の巡回・点検」をやり、

 その後は畑の後始末の続きをやりました。

 夏の間は日よけの葦簾(よしず)を教室や母屋の8か所に設けて

 います。その内の半分は ほぼ一年中付けたままです。

 今回の台風で、何年か使っていた古い葦簾2枚が、空中分解した

 ので、買物ついでに買ってきましたが、取り付けは先送りしました。

・てきぱきと色々やらなければと思ってはいるのですが、モチベーシ

 ョンがイマイチです。

 私の残りの人生の第一目的は、終活だと割り切っているつもりです

 が、心底納得しきれておらず結構グラグラしています。

 「日々をこんなに雑用に追われていたら、終活の暇が無い」と云うの

 が悩みの種で焦っています。

・何故終活にこだわるのか。

 私達夫婦のポリシーは 「子供達に迷惑を掛けないこと」です。

 夫婦で、ある意味勝手に遠方に移住して来ましたから、これだけは

 果たさなければならないと常々思っています。

 妻の遺品や私の趣味の物などを整理して不用品を処分することも

 終活の一部です。

 亡き妻のためにできることは、本当に限られています。

 この務めを果たすことは、妻の為に何かをやっていると云う気分

 になれます。

 また、終わらせない限り妻が私を天国に呼んでくれません。

 0720
       オニユリ 台風で皆 下を向いちゃったよ。

   咲き終わったら、草刈り機で丸坊主にできるから待ってたんだ。

  玄関先のノウゼンカズラが写真を撮った後に、更に華やかだったん

  だけど台風で跡形無くなったよ。

 

2015年7月19日 (日)

台風に負けた

・昨日の午後にやっと雨が上がりました。

 台風でどの程度被害を受けたか、家の外周りを調べました。

 敷地の東側はお隣(空家)の所有地で、親戚の方が時々手入れを

 しています。しかしご多分に漏れず高齢化で竹林の手入れなどが

 滞りがちで、今回の台風で10本以上の竹が倒れて作業場の屋根

 にもたれ掛かっていました。

 本数は多いですがこれは毎度のことです。

・精神的にダメージを受けたのは畑です。

 台風に備えて支柱などをしっかりしたつもりですが、殆どの作物が

 倒れていました。

 キュウリは収穫が終わっていたので関係ありませんが、これから

 実る枝豆と、まだ半分位しか収穫していないトマトとミニトマトは残

 念です。特にトマトは赤くなるのを待っていた青い玉が、10個以上

 落ちてしまいました。

・台風をちょっと舐めていました。

 今回は珍しく強い東風で、今まで飛んだことが無いものまで飛んで

 いました。

 やるからには、万全を期さなければ意味が無い、と云う教訓を得ま

 した。  来年はそれを実践出来るか?  覚えていられるか?

   Photo

            倒れた竹

 

  0718

    作物が倒れた畑

   0718_2
          かろうじて落ちなかったアケビ棚

2015年7月18日 (土)

ほっと一息

・今回の11号はとても進行速度が遅く、台風一過とはゆかず

 昨日も一日中雨でした。 カッパを着てまで屋外に出る気にも

 ならず、夜中に何回も目が覚めて寝不足気味だったこともあっ

 て、テレビに張り付いていました。

・私の住んでる地区には、日置川本流に流れ込んでいる小さな

 支流が有ります。日置川上流の山地に降った雨や、ダムの放流

 で本流の水位が上がるとその水が地区の支流に逆流して田ん

 ぼや民家が水に浸かってしまいます。

 その逆流を防ぐために5・6年前に大がかりな水門ができました。

 発電機も備えた電動式ですが、ゲートの昇降操作は地区の消防

 団や区長さん達の仕事です。

 地区の支流には地区や近辺の山に降った雨などが流れますが、

 ゲートを閉めると支流を流れる水の行き場が無くなり、地区の洪水

 を招きます。その対策として2年前位から、支流の水を大きな水中

 ポンプで汲み上げて日置川に流すこともやっています。

 このポンプアップをするようになった切っ掛けは、高速道路の工事

 業者が、工事用の水中ポンプ、発電車、クレーンを使って自主的に

 やってくれたことのようです。

・今回のように大型台風が来る度に、我々があまり良く知らない所で

 消防団、自治会、それから行政の方々が、防災のために滅私奉公

 してくれていることに、改めて感謝しなければと思いました。

・我が家にどの程度被害が有ったかは、今日調べるつもりです。 

 場所柄、テレビのニュース画面のような洪水、土砂崩れ、倒木などの

 被害に会う可能性がありますが、今回は風が強かったので植木と竹林、

 それと畑の被害が大きそうです。

 

  0715
 草だらけの鉢に咲いてたけど ヤブカンゾウ かな?

2015年7月17日 (金)

台風11号

・昨日は教室がある日でした。

 午前中は時々雨が降る位で晴れ間も出る天気でしたが、

 結局まる一日休みになりました。

・環境組織の役員会が夜に予定されていましたが、それも延期に

 なり、思わぬ自由時間ができてしまいました。

 その時間を利用して一昨日の一五市の売上げ記録を付けたり、

 溜まっていた整理をしました。

 収穫していたピーマンとナスが保存の限界近くになり、上げよう

 かと当てにしていた生徒さん達も、休みになってしまったので一

 気に揚げ物料理にしました。

・独居になって初めての台風らしい台風です。

 大して失うものが無いので「怖くは無い」と思っていたのですが、

 家がバリバリ、雨戸がガタガタするとやはり相当緊張します。

 台風→停電→地区の井戸ポンプ停止→断水 と云うことになりま

 すので、ポリタンクに水道水を汲み置きする必要があります。

 その他懐中電灯の準備をしたり、風で飛びそうなもの片付けたり

 する対策は以前から私の仕事で、妻は普段通りでした。

 「平然とした妻の顔」それが私にとって、随分と心強かったのですね。

 雨風が強く雨戸に打ち付けていた昨夜、それが分かりました。

 0716

 昨日の朝9時 教室の掃除と準備が終わり、オニユリもお出迎え

 スタンバイでしたが、台風で休業になりました。残念。

 

 

2015年7月16日 (木)

女・おんな・オンナ

happy01 今日 木曜日 台風のためクローズ。

  今月は5週目もオープンします。 

お京 一五市へ行ってきたよ。

 ブースは20区画程だった。

 店の前を通ったお客さんは50人位かな。

 (居眠り中の通過者を除く)

 製品を入れたコンテナ運び以外は、座りっぱなしで身体が休めた。

 60点位の製品を出品した。例によって割れ物の梱包と開梱は手間

 が掛る。俺の素性を知ってる人が開梱を手伝ってくれた。

 帰る時の梱包は割れないように気を使わすのが気の毒だったから

 遠慮したよ。撤収は例の遠くから来る雑貨屋と一緒の最後だった。

・お隣のメロンを売る人が、お京が逝ったことを知らず 驚いていた。

 大体の歳を言ったら 「エーッ とてもそんな歳に見えなかった」 と

 ダブルで驚いていた。試食のメロンがとても甘く、買おうかと思った

 が男やもめでは・・・と考えて堪(こら)えたよ。

・売り子は雑貨屋さんと俺ともう一人が男で、他は皆女性だった。

 「手作り市」と銘打った商品が衣類、アクセサリー、クッキー等食品

 と今回はウィッグまで出ていたけど、趣味がほぼ同類だから殆ど

 歳恰好が似た女の人達だな。

 ウィークデイの昼間だから、お客さんも9割以上が女性。

 何を言いたいか 分かるかな・・・

・出店は朝10時~午後4時、帰る頃に霧雨がちょっと降ったけど

 それまでは台風の影響も無く良い天気だった。

 例によって身内(売り子)同志の買い物が盛況だったよ。

 俺の売上か? ン千円だった。

 お京が出店した時の帰りの車の中、「売れたか?」って聞いても

 「まぁまぁ」 「今日はちょっと・・・」 と言葉を濁していたな。

 行きよりも帰りの方が、荷物が増えていたことも有ったっけ。

 そう、参加することに意味がある。

 陶器を買ってくれたお客さんに感謝

 Photo

    これでも60点近く有ります。

2015年7月15日 (水)

いざ! 一五市へ

happy01 明日 木曜日 AM:オープン  PM:SSM4

      台風で荒天でしたら無理をしないで下さい。

annoy今日 すさみ ホテルベルヴェデーレの一五市に出店します。

・生まれて初めて物売りをします。

 この歳で初体験とは何んとも刺激的です。

 妻がフリーマーケットやリサイクル店巡りが好きだったので、

 そのお付き合いで結構あちこちを見て回りました。

 あの雰囲気は嫌いではありません。

 私が商売人に向いているか?  ダメですねェ。

 お愛想もできないしキッチリ請求もできないから、妻から「アンタは

 駄目」と常々言われていました。

 非常事態ですから それでもやってみます。

 出陣に臨んで、損失を出すようなポカをやらないようにだけは、

 気を付けようと思っています。

・今日は 資源ごみの月一の回収日、一五市から帰ってきたら

 明日の教室の準備をして、夜は役員会の資料準備。

 大忙しです。

  Photo
 台風に備えて雨樋の掃除をしました。

    ここでも蜘蛛の巣が悪さをするんです。

  自然との共存は大変です、見返りがありますが。

  Photo_2
  可愛らしくひっそりと咲いた花、なんて言う名前?

2015年7月14日 (火)

一歩踏み出し

happy01 明後日 木曜日 AM:オープン  PM:SSM4

annoy明日 すさみ ホテルベルヴェデーレの一五市に出店します。

お京へ:昨日 地元のホテルへ販売委託していた商品を回収して

 来たよ。 力が入った作品30点位だった。

 この半年全く動きが無かったし、俺に問い合わせも無かった。

 連絡なしで行ったんだけど、状況が分かっていたようで直ぐに

 了解してくれた。 俺に気を使っていてくれたんだな。

 以前から 「商品棚の中の照明を消したままで、売る気があるの

 かどうか分からない」って不満を漏らしていたな。

 昨日も照明が消えていたよ。商品を売るだけではなく地元産品の

 PRもある筈なのにな・・・・

 

 一五市への出店を以前から打診されていたんだけど、心身ともに

 余裕が無くてパスしていた。半年の区切りだし今回の機会を逃す

 と縁が無くなるような気がして、忙しくなるけど出店することにした。

 当然 お京の作品が殆どだけど、価格を30~50%OFFするつも

 りだよ。何と言っても 買って貰って、その上使って貰えたら最高だ

 もんな。 それでイイよな。

 駅前の製材所が廃業だそうだ。県道の拡幅のために敷地が狭くな

 るのを機会にそうしたようで、建物の解体・撤去が殆ど終わったよ。

 短期間だけど俺が働いたこともあるし、木材を買ったり何かと縁が

 あったし、従業員とも知り合いだったのにな。

 結局は高速道路の延伸に伴う、観光面の効果を期待してのことだ

 と思うけど、それ以上に寂しく感じるよ。

 お京はこんな寂しい思いをしなくて済んで良かったな。

  Photo
        空になったショーケース

      (回収前の写真を撮り忘れた)

  0713

 写真では良く分かりませんが、台風の影響で凄く荒れていた海

  (防波堤から30m位の国道は潮飛沫で煙っていました)

2015年7月13日 (月)

汗をかく

happy01 今週 木曜日 AM:オープン  PM:SSM4

annoy水曜日 すさみ ホテルベルヴェデーレの一五市に出店します。

・今週は環境組織の役員会があるので、資料作りなどに追われ

 そうです。 期限付きの仕事が2つ3つあると、どれから手を付

 けるかなかなか決断できず、どれもつい先送りしてしまいます。

 妻には「優柔不断」と良くからかわれました。

 自分では、ランチや居酒屋のメニューは即断するし、右か左か

 でそれ程迷った記憶が無いので、決断は早い方だと自負してい

 ました。 妻の目の方が確かだったようです。

・昨日畑仕事をしながら感じたことが有ります。

 久々の好天の中 今週の台風に備えて、枝豆が倒れないよう 

 に竹の支柱を組み立てました。 2時間位の作業でしたがそれ

 が一段落して、麦わら帽子を脱いだ時 なんとも心地よい風が

 吹いてくれました。 

 屋外の現場仕事で汗をかいた時、まるで褒美のように吹く 

 心地良い風があることを 思い出しました。

 そして、今の子供や若い人が 「汗をかく労働の大切さ」 や

 「苦あれば楽あり」の言葉を知っているか、またちゃんと実践して

 いるか気になりました。

 こう云う当たり前のことの積み重ねが、人や人生の幅を広げます。

 そして人生の壁に突き当たった時、簡単にはギブアップしない

 抵抗力を持ち、結果として自分の命を大事にし、自分と同じよう

 に他人の命も大切に思えるようになるんだと思います。

 「若いうちに色々な経験をする」ように 大人が引っ張らなくては。

0712

 素焼き待ちの作品です。まだ窯の2/3位ですが、重ねてありますので、

 本焼きでは8割位の量なると思います。

 

2015年7月12日 (日)

背伸び

・昨日は台風に備えて、野ボタンの花に支柱を添わせました。

 今までにない位 沢山蕾を付けています。

 野ボタンは高さが1.2m位に育っていますが、幹が弱くちょっと

 した風でも折れてしまいます。

 それが分かったのは近年のことで、今シーズンは紐で割合しっか

 りと2本の支柱に縛ってありました。それが功を奏したのだと思い

 ます。 野ぼたん と云う位ですから自然の花だと思いますが、

 何故、人が支柱を添えないと折れてしまう位まで、背を伸ばしてし

 まうんだろう と不思議です。

 以前は単純に 「情けない奴だな、背伸びはイカン」 と思っていま

 したが、昨日はフッと 「折れることに深い意味がある」 のか とか

 「人の都合で花壇に植えた時点で、自然ではなくなっている」 など

 と考えてしまいました。

・こんな他愛ない話も亡き妻に良くしました。

 「あんた飲み過ぎ」 「考え過ぎ」 と、まともに話には乗ってはくれま

 せんでした。

 一方通行と云う意味では、今 ブログで語りかけているのと似た状況

 ですね。

  Photo
       一輪咲いた 野ボタン

Photo_2
       ノウゼンカズラ(拡大可)

 周りの草を刈ったら結構いっぱい咲いていたよ、最多だな 見てるかい。

2015年7月11日 (土)

危険がいっぱい

・一昨日の頑張りの証しの足腰の痛みや疲れを考えて、昨日は

 あまり動きませんでした。

 それでも一人住まいだと、最低限の家事はこなさなければなり

 ません。 特に折角の晴れ間を逃す訳にはいきませんから、

 洗濯機を回しました。

・足腰が弱くなり、カナヅチの私にとって磯釣りや鮎釣りは相当の

 リスクがあることは普段から意識しています。

 また、家の周りの法面(のりめん)の草刈りも落下の危険性が

 あります。

 それらの危険性は動きや作業に伴うものなので、注意すべきポイ

 ントが身体に染み込んでいます。

・一昨日の体験インストラクタの仕事で、手長エビを唐揚げする際に

 5~6匹をまとめて油の中に入れる時に、無造作にやって危うく火

 傷をするところでした。

 昨日はラズベリージャム作りの途中で鍋を吹きこぼしてしまい、

 ガスレンジが赤い汁で汚れてしまいました。

 反射的にそれをペーパーで拭き取ろうと、熱い金具に触れてしまい

 ました。幸い大したことは無かったのですが、頭の片隅ではストップ

 を掛けていたのに、手への命令が間に合いませんでした。

・料理も危険がいっぱいですね。

 危険は包丁だけではないとシミジミ思い、改めて主婦の方を尊敬です。

 そう云えば亡くなった妻は、菜っ葉などを茹でて、要らなくなった熱湯

 が入った鍋を玄関先の外まで運び、雑草を殺すために蒔いていました。

 見ていてとても危なっかしく、 「頼むから止めてくれ」と見る度に云っ

 ていたのですが、とうとう最後まで無事 我を通しました。

 私には真似が出来ません。アナタハ偉かった。

 Photo
  オニユリ 勝手口の正面の奴が一番乗りだよ 

 「花粉が服に着くと取れない」って言ってたな。

  霊前には飾れないな。

2015年7月10日 (金)

忙しかった一日

・昨日の午前中は生徒さん5人で陶芸教室、午後は民泊の中学生

 の川釣り体験のインストラクターをやり、帰宅したのは夕方5時近

 くで忙しい一日でした。

 陶芸の生徒さんはおとなしい人ばかりでしたが,5人だとそれなり

 に賑やかで、これが亡き妻の日々の原動力になっていたんだと

 感じ、私も同じ思いを味わうことができました。

・川釣り体験をしたのは女子中学生の40人ほどでした。

 開始の直前は猛烈な雨で、とてもアウトドアーの体験は無理と思っ

 ていましたが、生徒たちの強い要望でやることになったようです。

 メニューが始まる頃にはポツポツ模様になり、途中からは陽が出て

 雨合羽を脱がないと暑くて我慢できないような天気になりました。

・釣る魚はハヤやオイカワなどの小魚ですが、糠を撒いて魚を寄せ

 て、ミミズやウドン、チクワなどの餌で釣ります。

 地元の人たちはやらない釣りですが、初めての生徒達にはウキ

 が沈んだのを見て竿を合わせて釣れた時のビリビリ感はとても

 新鮮な経験です。

 一番の圧巻は自分たちが釣った魚をその場で唐揚げして食べる

 ことです。塩コショウした唐揚げを熱々のうちに食べると意外におい

 しく敬遠する生徒は居ません。一人に2匹ぐらいの数でした。

 ダムの放流で水が濁ったため、川エビ(手長エビ)掬いができず、

 それをやる予定だった生徒も川釣りになりましたが、メンバーが

 用意したピチピチ生きているエビを、唐揚げで食べて貰いました。

・今回のインストラクターは7人で、その仕事は釣りの仕掛けなど

 基本の説明と補佐ですが、今回は時間が短かったので魚の鱗

 取りなどの処理と料理もやりました。 インストラクターが一番頼ら

 れるのはミミズ付けと糸の絡らみなどトラブッた時のお助けマンです。

 呼ばれる時はいつもは「おっちゃん」が多いですが、昨日は名前や

 「先生」 と呼ばれました。 校風があるのですね。

・一日頑張ったので、ちょっと腰や足の裏が痛いですが、

 社会の一員として参加した充実感があります。

 腰痛などの特効薬は妻の苦笑い気味の笑顔だったのですが・・・

 Photo_2
  4つのグル―プに分かれて 先ずは釣り場へ

 Photo_3
     釣り開始

 

 Photo_4
     釣り方が大体分かって来ました

 Photo_5
    そして 誰も居なくなりました

 

2015年7月 9日 (木)

今月は本焼きしましょう

happy01 今日 木曜日 AM:オープン  PM:クローズ

flag 8月は教室が夏休みです、作品が少なくても今月は本焼きします。

・長雨の合間に、時々雨上がりや晴れ間が訪れます。

 一昨日からその合間を使って、畑の草刈りや庭木の剪定をしました。

 ぶつ切りの短時間作業なので疲れることがなく、年寄り向きです。

 同じようなことを考える人が居るのか、長雨に業を煮やしたのか、

 遠くから草刈り機のエンジン音が聞こえました。

・畑の手入れをまめにやる方ではありませんが、夏野菜は毎日チェ

 ックして収穫する必要があります。

 毎日一度は畑に出なければならないので、そのタイミングに合わ

 せて屋外仕事をこなします。

 ナスの生育はイマイチですが、トマトが毎日1~2個収穫できます。

 キュウリはそろそろ終わりですが、食傷気味なので寂しくありません。

 寂しいのはアジサイが色あせたり、散ったりすることです。

・クローゼットの引き戸が湿気の所為か、敷居のレールにこすれて

 開閉が大変になりました。以前からの症状ですがイライラの原因

 で、当たり散らしたくなります。

 それではイカンと意を決して、カンナで扉の下端を2mm位削りました。

 外は雨でしたので、手頃な仕事でしたが、

 妻からのご褒美が無い虚しさを感じるのは 相変わらずです。

 Photo
     
クローゼットの引き戸式扉

   幅80cm(中折れ式)、高さ230cm、4枚

  Photo
      久々に仕上げカンナを使いました。

 

2015年7月 8日 (水)

太陽

happy01 明日 木曜日 AM:オープン  PM:クローズ

・こんなに長雨が続くと本当にsun太陽が恋しくなります。

 sun太陽が出ないと洗濯物が乾きません。

 農作物や花と木も陽の光を待っています。

 川のアユも育ちません。(あと何年釣りができるか分からないのに)

 屋外の仕事が遅れに遅れてしまいます。

 プールの水泳授業や海水浴の予定が狂ってしまいます。

 庭や道、それから畑の雑草が猛烈に伸びています。

 何もかもカビ臭くなり、蟻の行列が家の中に侵入して来ています。

・地球は太陽の恵みを受け、その引力で周りを廻っています。

 太陽やその引力が無くなったら・・・考えるだに恐ろしいですね。

 今更ラブコールでは無いですけど 私のsun太陽がとても恋しいです。

 私の人生の大部分は 亡き妻を中心に回っていたんだと 思い知ら

 されています。

 「明けぬ夜は無い」などと、太陽の恵みを当たり前のように思いがちで

 すが、失って初めて当たり前では無いことに気付きます。

・いつまでも失った太陽を惜しんでいる訳にも行きません。

 太陽の代替はありませんから、何とかmoon3月明かりで生きてゆく

 工夫をせねばと、遅ればせながら覚悟を新たにしています。

 

  Photo

       教室を南側から見た景色

  藤棚、ハマボウ、君が代蘭、ラズベリー,etc

  これでも剪定しているんですけど、越境して肩身が狭いです。

 

 

2015年7月 7日 (火)

タイムスリップ

happy01 明後日 木曜日 AM:オープン、SSM4も  PM:クローズ

・妻が逝ってから半年、「遺骨の散骨が終われば一区切りする」

 と思っていました。

 責任の一つを果たしたからでしょうか、何となく身軽になった感じ

 はします。 

 しかし、妻が恋しい、恋しいと思う気持ちがぶり返してしまいました。

・何日か前からの散骨の準備から始まり、散骨が終わるまで、

 私の頭の中は「妻」一色でしたから 無理もないですね。

 ちょっと油断していました。

 一気に時間が1月に戻ったようです。

 このところ、防衛本能的に自分の五感が鈍くなり、頭に妻のことが

 浮かびかかるとサラッと冷静に回想出来るようになっていました。

・近親者が半年ぶりに集まり、皆と話をしたり孫の顔を見たりして

 楽しい一時を過ごしました。

 しかし皆がそれぞれ関東の家路に向かい、自分が一人ぼっちに

 なった時の反動も大きいものがありました。

 この雨ばかりの陰気な天気も苦手です。

  Photo
    ハマユウ 去年は7月23日だった。

  色んな花や草の間で苦しそうに咲いていたのを見つけた。

 

 

 

2015年7月 6日 (月)

祇園講

happy01 今週 9日(木)AM:オープン、SSM4も  PM:クローズ

昨日の日曜日は1年に1度の祇園講でした。近所の20軒くらいで

 維持している小さな社「祇園さん」があり、毎年そこにお参りをした

 後にお宿に集まって飲食(なおらい)をします。

 祇園さんとお宿の掛け軸には、お寺の住職が神様に合わせた特

 別のお経/祝詞を上げます。

 お宿での飲食が終わった後、祇園さんで恒例の餅まきをします。

・100世帯位の地区ですが、それぞれ近隣の人達が守る「○○さん」

 と呼ぶ社などが5ヶ所程あります。今は余り見掛けませんが、昔は

 毎日お参りする人が居たでしょうから、気軽に歩いて行く距離にある

 ことが大事だったんだと思います。

・和歌山には「火構え」の風習があり、喪中の人は神事に近づかない

 と云う事を聞いており、今年は参加するつもりはありませんでした。

 しかし、年々参加する人が減り寂しくなる一方で、49日を過ぎていた

 ら参加しても良いと話があり、出さして頂きました。

 私を元気付けようとの気遣いに感謝です。

 関東から移住してきた我々夫婦を早くから、快く皆が受け入れてくれ

 ました。 元々直会(なおらい)は男の人が出席し、ご婦人たちが料理

 の支度をする形だったようですが、良く知らなかった私達は夫婦で出

 席したこともあります。 地元の人が、お酒が大好きと公然と云う妻を

 面白がって受け入れてくれたようです。

・祇園講に参加する人達の思いは、ご近所さんとの親睦の他に

 「地域にある昔からの文化を何とか残したい」ところにもあります。

 因みに今年の参加者は今までで最少の8人でした。

 Photo
           
恒例の餅まき

2015年7月 5日 (日)

半年?

・妻が急逝して 今日で半年経ちました。

 相変わらずもう一つ実感がありません。

 家の中で振り返ったら、そこに妻が居ると云う感覚を捨てきれな

 い自分が居て 「もう話も出来ないんだ」 と気付く度に辛く、酒に

 酔っている時と寝ている時だけが楽になります。

  眠れば妻に会える気がします。

・昨日 海に散骨しました。

 20年近く前に、当時は法律的に微妙だった散骨を進める活動を

 している会に、夫婦共々入会していました。

 夏休みや台風シーズンになる前にと考え、妻が生前希望していた

 場所に散骨しました。

・故人は自他共に認める「雨女」でしたから、雨降りを覚悟して雨具

 を用意しましたが、曇り空で済み 雨は降らず船が港に着いたら

 ポツポツ来ました。 

 故人の思いやりなのか、はたまた同行した「晴れ女」の力か、濡

 れないで済みました。台風が3つもある来週だったら大変でした。

・散骨の前日、いざ散骨に臨むと自分が涙するのではないかと思っ

 ていましたが、中一の孫娘の船酔いに気をとられてシンミリした気

 分になる間が無く、海に向かって手を合わせるのも忘れてしまいま

 した。片道20分位の航走で湾内は穏やかでしたが、散骨ポイント

 に近づくつれてちょっとしたジェットコースター状態になりました。

 でも、磯釣りをする冬の海に比べたらとても小さな波でした。

・娘2人、娘婿、孫、妹と私の総勢6人で、2人位が船酔いで辛そうで

 したが 皆 和気あいあいでした。

 セレモニーとか「お別れ」ではなく、

 故人のために 「何か出来ることをやる」 と云う気持ちを 皆で

 共有して 慰められるんですね。

 Photo

   定員30人の船に6人と乗員2人でした。

 Photo_2

 散骨:お骨を粉にしたものを、水溶性の6つの紙袋に小分けして

     それぞれの場所から花やお酒と一緒に散骨しました。 

2015年7月 4日 (土)

製品開発とデザイナーの皆さん

・世界的に人類史上類を見ない高齢化社会になり、また地球規模

 で気候が変化して来ていますよね。 

 商品のデザインのカッコ良さや華美を追求する前にちょっと考え

 て下さい。 今までは許されていたことでも、これからは立ち止ま

 って考える必要があるかも知れません。

・その差別化のためにその資源を投入する価値があるのかどうか。

 特に日本の製品は過剰包装気味だと批判されています。

 デザインや開発の能力を「省資源」に振り向けて欲しいです。

・年寄りが困っていること

   ◆包装に印刷されている説明文が小さい。

     大分前に新聞も文字が大きくなりましたね。

   ◆包装に透明テープが使われていて、外す場所や切る場所が

     分からない。中にはよく出来ている物もあるのでそれかと思っ

    てしまう。無い力を振り絞って、結局ハサミに頼るんです。

    透明テープでなければならないですか。

    切り口や鋏みマークをもっと目立つようにしても良いのでは。

   ◆蓋付きの透明トレーの蓋の開け方がまちまちで、苦労する。

    メーカーによって違うのはやむを得ませんが、蓋と本体の大

    きさと形を同じにする必要がありますか。見て直ぐ分る手を

    掛ける段差が欲しいですね。

   ◆ペットボトルのリサイクルのための、胴体シールにミシン目

    が入っていないものや、接着されているものがある。

    必要性を認識していないのか、単に時代遅れなのか。

・感謝している点もあります。商品の小パック化や、賞味期限の

 延長化などです。

 ところで話は変わりますが、化粧品の容器のリサイクルやゴミ

 分別について、まったく配慮されていないようですが、治外法権

 的ですね。どなたか先鞭を着けませんでしょうか。

 ベルトコンベアーで毎日何万台と生産される自動車、それと同じ

 速さでリサイクルや廃棄処理がされないと、どこかに廃車の山が

 できることになります。ゾッとしませんか。

  0703
        ハマボウが咲いたよ。

  剪定が大変な割には パッとしない花だな。

 

 

 

 

2015年7月 3日 (金)

新幹線の中で

happy01 今週 金・土曜日:クローズ

・焼身自殺、関係無い人まで巻き添えにして言語道断です。

 これから飛行機並みに警備が厳しくなりそうですね。

 どう云う思考経路で、このような人生の清算方法に行き着くので

 しょうか。 先ずは社会への不満、人との繋がりが希薄、必要と

 されていない自分、生き甲斐が見つけられない、自分の思い描く

 人生とかけ離れた現実、失望、今以上に失うものが無い などで

 しょうか。

・せめて死ぬ時位は、世間の注目を得たいと思ったのかも知れません。

 しかし事件の悪質さや異常さだけが皆の記憶に残り、本人の主

 張はどこかに消し飛んでしまいます。

 自殺者は私と同年輩です。自殺(と云うよりは犯行)の要因のい

 くつかは私にも当てはまります。要因の中の一つでもいい形に

 なっていたらこんなことは起きなかったと思います。

 例えば普通の形の家族が居たら、生き甲斐になったかも知れま

 せんし、その家族に被害が及ぶようなことは、決してしないはずです。

 貧困が絶対的な原因である筈がありません。貧困で困っている

 人達は大勢居ますが、皆が皆犯罪に走る訳ではないですから。

 結局、人との繋がりを無くした人間は、普通では考えられないこと

 をやる可能性がある と云うことでしょう。

・孤立する人間を作る社会や風潮、例えば いじめ や 離婚率の

 増加、貧富の格差の拡大などの問題が、ジワジワ効いて来ている

 ような気がしてなりません。

 Photo
  この名前も教えてもらったな ハンゲショウ

 「半化粧」とばっかり思っていたら、 「半夏生」とも書くんだな。

 

 

 

2015年7月 2日 (木)

建前と本音

happy01 今日 (木)AM、PM(SSM4):オープン  金・土曜日:クローズ

・自民党若手のマスコミに関する失言問題。 つい個人的な本音が

 出てしまったんでしょう。

 表現の自由がその人達にも当てはまりますから、根源的には問題

 ありません。しかし公人としての立場からは許されない発言です。

 公人の言葉や行動は一般の人達への影響が大きく、国の政策にも

 影響するからですね。

 こう云う事を無くすのに、「建前と本音を旨く使いこなせ」 では困り

 ます。 何故なら建前には建前たる理由や理念があるからです。

 今回の話題の「報道や発言の自由」が侵されると、政策などに対す

 る批判が許されなくなり、戦争への道などの間違った方向に突き

 進む恐れがあるからでしょう。

 ですから、建前と本音の差がないことが望ましく、もし差が大きいよう

 ではその人はその立場に相応しくないことになります。

・今回のことでマスコミに対しても、改めて「責任ある報道」が求めら

 ています。 松本サリン事件のように全くの無実の人が、犯人扱いさ

 れた例もありますから。

 それにしても我々一般人の見聞は殆どがマスコミを通してであり、

 また政治家の発言は建前ですから、我々も真贋を見極める努力が

 必要ですね。

・関西電力の株主総会で「脱原発」が否決されたそうです。

 経営者としての建前の結果だと思うのですが、人間としての本音を

 是非聞きたいものです。

 「脱原発」への道 本当に無いものでしょうか。

 Photo
 珍しがっていつも気にしていた ハナイカダ だよ。

 前回の「人生の楽園」に出てた女の人が言っていたけど、

 この花にはオスとメスがあり、ウチのはオスらしいな。

2015年7月 1日 (水)

コロッケが好き

happy01 今日から7月  明日 (木)AM、PM(SSM4):オープン

                          今週 金・土曜日:クローズ

・誰かに言われました。

 「一人暮らしになったら、好きなものだけ食べていては駄目」って。

 そうですよね、健康面を考えてくれたり、批判する人が傍に居ない

 訳ですから、食事がとかく好きなものばかりに偏ってしまいます。

 私の場合好きなものが色々ありますが、ちょっと食べ応えがあるも

 のが欲しい時はコロッケが第一候補です。

 60年位前のまだ子供の頃、おやつ代わりに肉屋さんのコロッケを

 食べたのを思い出します。ポテトたっぷりのホカホカでした。

・妻は、出かけていて料理する時間が無くなった時、惣菜屋でコロッケ

 をよく買って来ました。

 私のコロッケ好きを見透かして、コロッケを食べさせておけば文句

 を言われない、と云う思惑が見え見えでした。

 でも、大きいやつを3つも目の前に積むのは やり過ぎですよね。

・コロッケの件は妻が分かっていた通りですが、何十年も一緒に暮ら

 した夫婦でも、意外と相手の事を誤解していることが多いものです。

 私達の場合もいくつかあり、晩年に誤解を解くような会話をしたこと

 がありますが、「そうだったの!」と明確に見直すようなやり取りは

 無かったと思います。

 長年思い込んでいたことは、簡単には改まりません。

 誤解の一つは、私が 「カレーライスを余り好まない」 と妻が思い

 込んでいたことです。 実際は大好物でお腹が痛くなる位食べたい

 のを抑えている位です。

 どうやら私が機嫌が悪い時 「手抜き料理」 と批判したことが原因

 のようでした。 何年か前に誤解は解けましたがカレーの回数が増

 えることはありませんでした。

 しかし、妻が窯焚きの時の夕飯はレトルトカレーと簡単なサラダ、

 そしていつもは日本酒で晩酌する妻も、私と同じ焼酎のお湯割りに

 することが定番になりました。

 Photo
     毎年咲くようになった 月桃 だよ

  直ぐに散る 花の虚しさを感じさせるやつだな。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ