« 釣りをするのも考えもの | トップページ | 本焼きが終わりました »

2015年8月 9日 (日)

誰も言わない

・妻を失った悲しみを和らげるには、「忘れる」ことが一番です。

 しかし、50年も共に生きた人を忘れることは、所詮無理だと分

 かっています。

 また、忘れることは故人を冒涜することにもなります。

 だから、忘れろとは誰も言いません。

 悲しみを時間が癒すと云うことは、時間が経てば忘れられると

 云うことではなく、その人なりに現実を受け入れる為に時間が

 必要だと云うことですね。 まぁ 諦めたり、割り切る為の時間

 とも云えます。

・私達夫婦は葬儀など宗教的なことは一切やらない主義です。

 ですから、お墓、仏壇、位牌などもありません。

 初盆(関東では にいぼん:新盆 と呼んでたと思います)の時期

 になり、妻と交流が有った方からいくつか供物を頂いております。

 無宗教を公言しており、仏壇や提灯等の形が全く無いので心苦し

 く思いますが、故人に対するものですから代わって受け取りました。

 正直に云うと初盆を意識したこともなく、常識程度の知識も無かっ

 たので不意打ちを受けた気分です。

・私は一日24時間とは云いませんが、起きている間は一瞬たり

 とも妻のことが頭から離れたことが有りません。

 仕事や車の運転など、目先のことに集中している時は妻のことを

 忘れているのではなく、意識の裏側に遠ざけているんですね。

 そんな私ですから、初盆と言って故人を改めて偲ぶまでもありませ

 んが、生前に好意を持って頂いた人達にしてみれば、大事な行事

 であることは納得できます。

 なお、妻の魂は常に私と共にありますので、迎え火等はしません。

 0808
  タカサゴユリ 凛とした姿に思わずシャッターを切りました。

  2度目の登場です。

 

 

 

 

 

« 釣りをするのも考えもの | トップページ | 本焼きが終わりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/62044866

この記事へのトラックバック一覧です: 誰も言わない:

« 釣りをするのも考えもの | トップページ | 本焼きが終わりました »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ