« 絆 | トップページ | 身体がもう一つ »

2015年9月13日 (日)

大洪水

・栃木、茨城、宮城で洪水による大きな被害が出ています。

 私が住んでいる地区も、60年近く前に洪水で1階部分がすっかり

 水に浸かるような被害を受けたそうなので、他人事とは思えません。

 4年前の大雨と洪水では、田んぼが水に浸かったり、家屋の床下

 浸水もありました。また和歌山県内では土砂崩れで人的被害もあ

 りました。 最近は色々な県がニュースに出て来ます。

 2年前の伊豆大島、昨年の広島など過去にあまり聞かなかった

 場所の被害が出ています。 全くどこに大雨が降るか運次第ですから、

 普段からの対策や心構えが大事だと云う事ですね。

 また、自然に対して人間が如何に無力かを思い知らされます。

・私達夫婦が現在の場所に移住してきた時、当時の日置川町から防災

 無線の受信機が支給されました。

 ちょっと大きめの携帯ラジオと云った外観です。

 普段の連絡や夕方放送される「良い子は早くお家に帰りましょう」のア

 ナウンスは、使用者がセットしたボリュームで放送されますが、気象警

 報が発表された時は、そのセットに関係なく自動的に最大音量で放送

 されます。 その音量たるや相当のもので、夜中でも何でも飛び起きて

 しまいます。 その位の音で無いと役目をしないんでしょうけど、余り

 関係無い波浪警報が出た時も、ビックリさせられてしまいます。

 警報が出た時の放送は、テレビのテロップが出るのとほぼ同時です。

・その受信機の電源はコンセントからとる100Vと、電池の2電源方式です。

 災害に停電は付き物ですから電池駆動は必須です。

 しかし、この地区の停電が多いせいか、直ぐに電池が消耗してしまいます。

 そんな訳で、設置して直ぐに電池補給を怠けるようになり、今ではコンセン

 トからの電源だけで動いていますので、停電中に警報が出ても分からない

 状態です。

 この受信機は電池が無くなったことを、ランプが点滅して知らせてくれるの

 ですが、それ位だったら充電式の電池に対応してくれればいいのにと思っ

 てしまいます。  

 無料の支給品ですからちょっと言い過ぎでしょうか。

 Photo
  お京 「よってって」 の長かった改装が終わってオープンした。

  駐車場が一杯で止めるのに苦労した。

  こう云う産直店を覗くのが二人とも好きだったな。

« 絆 | トップページ | 身体がもう一つ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/62269304

この記事へのトラックバック一覧です: 大洪水:

« 絆 | トップページ | 身体がもう一つ »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ