« 時間よ止まれ | トップページ | 絆 »

2015年10月14日 (水)

ジワジワと

happy01オープン予定 明日:木曜日AM  (SSM4 今週お休み)

・考えた事が有りますか。

  戦後に大きく社会構造が変化し、科学技術の進歩で「古き良き時代」

  の良さを色々捨て去って来たことを。

  ◇ウサギ小屋と呼ばれた狭い日本の家、誰もが西欧風の広い家に

    憧れて子供達にそれぞれの子供部屋を与えるようになりました。

    親の時代には夢だったことを子供の時代に実現させました。

    自分の部屋を持てて便利だとかプライバシーが保てるとか、

    本人にとっての利点だけではなく、独立性の推進とそれに伴う責

    任、それから 個室=孤立 では無く、むしろ 益々家族の団らん

    や協調性が必要になることを認識し、教えなければなりませんね。

  ◇生活の水準が上がり、結婚すると親と別居するのが当たり前にな

   りました。 「家族と結婚した訳ではない」、嫁・姑の関係の煩わし

   さを避けられる、新家庭のプライバシーや生活ペースを守られる

   などの利点があります。

   その結果はどうでしょうか。祖父母と孫の距離が広がってしまい、

   祖父母と接触が無かったり希薄になりました。

   祖父母と同居している子供は、情緒面が違うそうです。

   同居していれば、子供夫婦に問題が起きた時に両親が助けにな

   ることも有るかも知れません。

・生活が便利になり、収入面もレベルアップして、他人の力を借りなけ

 ればならない事がどんどん減って来ています。

 また、そう云う方向に世の中が進んでいます。

 全てが人間関係を希薄にする要素ばかりで、

 「良くなる」「便利になる」 ことの反面の怖さが目立たぬようにジワジワ

 と襲ってきている気がします。

・世界的なテロ行為、学校でのイジメ問題、子供への虐待、どれも力や

 罰則で押さえつけるモグラ叩きには限界があります。

 罪を犯す理由を除かない限り無くなりません。

 時間は掛っても根本の教育から始めなければ解決しません。

 罪を犯す側から見れば、育った環境や社会に責任の一端があること

 は否めません。

・学問以外の情緒面やしつけの教育は、親から子へ、子から孫へと世

 代を引き継いでゆきます。どこかの時点で誰かが、しっかり始めれば

 未来へ繋がります。

 新しい「習慣や規範のDNA」と云うべきものを取り入れる結婚は、そ

 の面でも意味が有り、良い機会です。

 私も随分カルチャーショックを受けたものですが、それでも不十分で

 後悔しきりです。

  Photo
  キイジョウロホトトギス 咲き始めたぞ。

  例によって葉っぱは虫にやられて穴だらけ。

 

 

« 時間よ止まれ | トップページ | 絆 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/62469918

この記事へのトラックバック一覧です: ジワジワと:

« 時間よ止まれ | トップページ | 絆 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ