« 人生を閉じる | トップページ | モノづくり »

2015年11月19日 (木)

使い捨て

happy01オープン予定

  今日 木曜日 19日 AM

  SSM4予定:今日19日(木)AM、来週27日(金)PM

・先月 自動録画されたテレビ番組を見ました。「D&DEPARTMENT」

 (ディアンドデパートメント株式会社)と云うユニークな会社が紹介

 されていました。

 全都道府県などに出店することを目指し、現在は12店舗の

 ようです。商品の品揃えのポリシーが 「長く使える良い物」で、

 食器、調理器、日用雑貨、家具などを売っています。

 フランチャイズ制のチェーン店ですが、取り決めが3つあります。

 社長がOKした商品であること、出店場所の地域性を出すこと、

 それともう一つが、店にカフェを併設すること、だそうです。

 「売らんかな」の店では無く、カフェの隣に商品がある と云う

 ゆったりした雰囲気を狙っているようです。

 田舎に住んでいると、このような店が展開しつつあると云う事は

 テレビで紹介されないと、なかなか知りようがありません。

・社長は元々デザイナーだったのですが、一流デザイナーの椅子が

 一年位でリサイクルショップに出ていたのを見て、ショックを受け、

 デザインのあり方に疑問をもったのが、自分で店を持つ切っ掛け

 になったとのことです。

 長く使える良い物が結構地方に埋まっており、社長が自ら各地方

 に2カ月位住んで掘り起こしています。

 良い物はプロの道具に多く、100年以上モデルチェンジされてい

 ないものもありました。

 他所ではなかなか作れない厚さ1mmの美濃の磁器(エッグシェル)

 をデザイナーらしい感性でアレンジして、国内の需要を伸ばした実績

 も紹介されていました。

・私は以前から 「100均」 などのあり方に疑問を持っていました。

 安い物=大事にしない と云う構図が出来上がり、潜在的にゴミ増量

 や資源の無遣いの問題が有ったからです。

 顕著なのはコウモリ傘です。ビニール傘や1000円以下の傘が主流

 になり、長く使える良い物を探してもどの店にも有りませんでした。

 高級品を店で見たこともありましたが、価格の根拠がブランド料と

 思われ抵抗があって買いませんでした。

・テレビで紹介されていた静岡の店舗は行ってみたくなる店です。

 テレビで知った別のリサイクルのチェーン店を目的に、妻と一緒に

 大阪までドライブがてら行ったことが有ります。

 助手席に妻が居てくれたら、大阪でも静岡でもお望み通りの店に

 向かって車を走らせるのですが。

 1118
今年はツワブキの当たり年だ。この位の群れがあちこちにあるよ。

 

« 人生を閉じる | トップページ | モノづくり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/62704002

この記事へのトラックバック一覧です: 使い捨て:

« 人生を閉じる | トップページ | モノづくり »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ