« マイナンバー | トップページ | 後退 »

2015年11月11日 (水)

窯出し完了

happy01オープン予定

  明日 木曜日 12日 AM&PM(SSM4)

  SSM4予定:19日(木)AM, 27日(金)PM

・窯出しが無事終わりました。

 還元焼成らしく味わい深い仕上がりです。

 板状の作品の何点かにクラックが入っていましたが、普段から

 板形の難しさやリスクを承知していましたから、残念ではありま

 すがある程度は納得されるのではないでしょうか。

・夕飯時に見たテレビで調査結果を紹介していました。

 子供に習わせたい習い事の1位は英語・英会話だそうです。

 番組で伝えたのは8位に意外な「プログラミング」が入っている事で

 二人の小学生の様子をレポートしていました。

 二人は目を輝かせて、初歩のゲームソフトを作っていました。

 その教室では、作ったソフトのプレゼンテーションのやり方まで教え

 ていました。

・これからの時代は 、I T を使いこなす能力(ITリテラシー)が要求さ

 れます。 海外との競争にも打ち勝たねばなりません。

 ソフト開発面で先行しているインド、中国からの頻繁なハッキング

 攻撃など、日本は立ち遅れている感があります。

 アメリカの犯罪捜査ドラマを見ると、コンピュータ駆使の重要性や

 凄さが良く分かります。

 極初歩のプログラミングを経験し、面白さから興味を抱いた子供の

 中から凄い人材が育つかも知れません。

・私も1980年代に趣味で簡単なプログラムを作ったことがあります。

 BASIC(ベーシック)と云う初歩用の言語で、パソコン自体が今とは

 比べものにならない原始的な能力のものでしたから、色々制約が

 ありました。プログラムを作るとは云っても、雑誌に載っていたバイ

 オリズム計算やゲームのソフトを、自分の機種に合うように編集し

 た程度です。今から考えたら嘘みたいな話ですが、作ったプログラ

 ムを当時はカセットラジオのカセットテープに保存しました。

 カセットラジオにもパソコンの録音/再生のリモート信号を受ける

 コネクタが普通に付いていました。

・自分が書いたプログラムが思った通りに動いた時の達成感は木工

 や陶芸などの物作りと全く同じです。

 また、完成までの試行錯誤や苦労も物作りと同じです。

 陶芸の場合は成形で失敗した時は粘土を潰して、完全にリセットが

 できて、失敗が無かったことにできます。

1110
  やっぱり平べったい作品が多かったです。

 

 

 ど

« マイナンバー | トップページ | 後退 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/62653305

この記事へのトラックバック一覧です: 窯出し完了:

« マイナンバー | トップページ | 後退 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ