« さぁ本焼きです | トップページ | マイナンバー »

2015年11月 9日 (月)

本焼き終了

happy01オープン予定

  今週 木曜日 12日 AM&PM(SSM4)

  SSM4予定:19日(木)AM, 27日(金)PM

・昨日、本焼きが終わりました。

 「無事終了」と言いたいのですが、その言葉は窯出しまでお預けです。

 朝5時の教室内の温度が17℃で寒くなく、助かりました。

 一日中雨が降る嫌な天気で、夕方5時にはゲリラ豪雨を彷彿と

 させる強い雨が降り、ちょっと緊張しました。

・実を言うと、我が教室の陶芸窯は煙突の周りから雨漏りがします。

 今まで3~4回自分で修理していますが、直りません。

 煙突がトタンの波板の屋根を貫通しているのですが、煙突の外周 

 を伝わった雨が貫通穴の隙間から漏れて来ます。

 煙突と屋根の隙間を完全に塞いだり接着は出来ないので、考えて

 見れば当然の現象です。

 大工さんから引き渡された時は、確かシーラントで塞いであったと

 思いますが、煙突の温度が1000℃位になると思いますので、長く

 は耐えられずに変質してしまいます。

 屋根に上がって私流にモルタルや、耐火粘土で盛り上げて塞ごうと

 しましたが一年も持ちません。

 最近は諦めて、雨漏りに合わせて下にバケツを置くようにしています。

・15年前に陶芸窯のカタログに、煙突の周囲にツバを付けた形のフラ

 ンジ型の部分煙突が載っていましたが、こういう場所に使う部品だ

 ったんだと大分後に気付きましたが、後の祭りです。

 建物のレイアウトが許すならば、煙突を垂直に屋根を貫くのではなく、

 一旦横に延ばして壁を抜いた方が雨漏りの心配がないですね。

 ただ陶芸窯の場合、還元焼成の時に煙突の下のシャッターやドラフト

 窓の調整をして、排気とバーナーの燃焼のバランスをとるので、ただ

 煙突が付いていれば良いと云うものでも無いようです。

・妻が逝ってしまったので、私がこんなに煙突で手を焼いていたことを、

 知っている人が誰も居なくなりました。

 記録に残すほどの事でもなく、世の中には他人に知られずに埋もれる

 ことが、無限にありますね。煙突のことはどうでも良い一例です。

    Photo
            悪戦苦闘した煙突。 

  錆びて開いた穴から煙が出た所にパッチも当てています。

« さぁ本焼きです | トップページ | マイナンバー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/62640767

この記事へのトラックバック一覧です: 本焼き終了:

« さぁ本焼きです | トップページ | マイナンバー »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ