« イイ夫婦 | トップページ | 明日から12月 »

2015年11月29日 (日)

るいかつ

・「涙活」 と云う言葉をご存知ですか。

 金曜日の夕方のテレビニュースで紹介していました。

 私も初耳でしたが、私にとってはびっくりする位タイムリーでした。

 ラブレター研究家が泣ける手紙を朗読したり、会場によっては

 落語家ならぬ泣語家(なくごか)さんなども出演します。

 リラックス効果が抜群らしく、お金を払って聞きに来るお客さんが

 相当いました。

・恥ずかしくて、 「泣く」 話は今までしませんでした。

 70過ぎの爺さんが泣いているところは、見苦しい画です。

 とは云っても、実質的には毎日泣いているような気分です。

 涙が滲むことは度々です。羽生弓弦の4回転ジャンプを美しく

 感じ、世界新記録の得点を取ったとか、ジーンとくる女性のバラ

 ードを聞いただけで涙が滲みます。

・思い返すと、大人になってからは泣いた記憶がありません。

 子供の頃に駄々をこねて泣いた記憶が微かにあるだけです。

 そんなに強く自制しているつもりはありませんが、いつの間にか

 「大人の男は泣くべきではない」 と刷り込まれていたようです。

 涙をポロポロ流して泣きたいと、数か月前から思うようになりま

 した。 心の奥底で 「泣いたら負け」 と思っているのでしょうか、

 簡単には泣けません。

 本当に楽になるでしょうか、癖にはならないでしょうか。

 破綻の兆しではないでしょうか。

・数日前から、アマゾンのインスタントビデオから泣ける映画をダウ

 ンロードしようかと考えていました。 でも 「余命数カ月の妻と・・・」

 と云うような暗い物語は苦手で、昔から避けていましたから、何を

 見るか決めるのは簡単ではありません。

 「ゴースト」 のようなサスペンス仕立てなら良いのですが、たぶん

 泣けないでしょう。

・妻に言われたことがあります。 「貴方は全然泣かないわね」 と。

 きっと冷たい奴と思っていたと思います。

 本当は妻と一緒にいる時に何回も涙が滲んだことがあるんです。

 そんなところを見られたくないと云う、私の努力は成功していました。

 そう云えば映画館の隣の席で涙した妻も、何故かそれを隠そうとし

 ていました。 恥ずかしかったのか。弱みを見せたくなかったのか。

 私は追及しませんでした。

  1128
  畑のオクラ 花は咲くけど、流石にもう実は成らないな。

  苗は3本だったけど、沢山収穫して食べたよ。

« イイ夫婦 | トップページ | 明日から12月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は、泣くとスッキリする派です!
だから、時々 ワザとらしぃ位
大きな声で えんえん わんわん泣きます。
聴くと必ず泣ける曲も持ってます(^◇^;)

人間がこの世に生まれて、初めてする事が泣くことなのだから
きっと生きていく上で、とても大事なことなんだろぉと思っています。
泣く語家さんの話し聞きに行きたくなりました(^з^)-♪

泣きたくなるようなコメントをありがとうございます。
小生昔の人間ですから、一皮剥けるかどうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/62768151

この記事へのトラックバック一覧です: るいかつ:

« イイ夫婦 | トップページ | 明日から12月 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ