« ほぼ一窯ですが・・・ | トップページ | 気晴らし »

2015年12月20日 (日)

テレビ朝日 ドラマ「相棒」

・亡き妻はテレビを余り見ませんでした。

 そんな妻が 「相棒」 と 「鬼平犯科帳」  だけは私と一緒に見てい

 ました。 「相棒」 は推理仕立てと、緊張感が秀でていて、劇場版

 まで一緒に見に行きました。 たまに少々期待外れの内容であっ

 ても 「次はきっと」 と毎回見ていました。

 それが今週のドラマは、脚本や演出それと映像処理までもがとて

 もひどく、見るに絶えなくて途中で録画を消去しました。

 きっと、正月の特番の関係で予算が無くなったのかも知れません。

 予算が無い時の監督さんはいつもと違うようです。ギャラのランク

 があるのでしょう。 映像の質まで低下すると云う事は制作チーム

 の問題でしょうか。

 役者さんも生彩を欠いて気の毒なようでした。

 特命係の二人が銃弾が飛び交う現場に立ち会うなんて、過去の

 路線や実績を全てぶち壊してしまいました。 まるで素人が作った

 みたいに無理な脚本でした。

・予算が無くても、それなりに丁寧なドラマにすることが出来る筈です。

 役者や多くの関係者が居るのに、無駄な労力を使って駄作が出来

 てしまったと云う事は、時間が無いために多くの妥協をしたのでしょう。

 こんなことをしていたら、益々スポンサーが離れてしまいます。

 無理せずに、正月特番のPRついでに 「今週お休み」 とした方が、

 視聴者を裏切らないで済みました。

・私のようにバーチャル世界に浸り、癒され、楽しむ人は結構多いと

 思います。 地上波放送で時代劇ドラマが無くなったりして、重厚感

 あるドラマが乏しくなりました。

 過去の名作の焼き直しも大いに結構、鬼平など池波正太郎ものは

 何回も焼き直されているようです。

 文化の維持・継承のためにも、海外ドラマに負けないように企画の方々

 の奮起を是非お願いします。

 いろんな分野が海外展開されています。

 国内のユーザーや視聴者にも目を向けて下さい。

  1219
        竹藪の中のマンリョウ

 3m離れた所の奴は赤いけど、種類が違うのかな。

 

 

« ほぼ一窯ですが・・・ | トップページ | 気晴らし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/62901451

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ朝日 ドラマ「相棒」:

« ほぼ一窯ですが・・・ | トップページ | 気晴らし »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ