« 頑張れ シャープ | トップページ | 慰安婦問題解決 »

2015年12月28日 (月)

大掃除

・昨日の日曜日は風が強かったですが、良い天気でした。

 世の中は、年末年始の海外旅行の出国ラッシュだそうです。

 私は、いつもお世話になっている Tさんのお宅の大工仕事のお

 手伝いをしました。 屋外のウッドデッキの一部分が腐っていた

 ので、寸法を詰める改造をしたり木材の部分交換をしました。

 奥さんも時々その手伝いをしたり、大掃除をされていました。

 お隣の家が賑やかだったので、見るとやはり一家を上げて大掃

 除をされているようでした。

・地元の人は年末ではなく、お盆に大掃除をやりますから意外でした。

 移住当初の我が家は、昔ながらの習慣で年末にやっていましたが、

 最近は年末の寒い中、頑張ることもないと最小限の掃除で済ませ

 ていました。 妻は陶芸の仕事や正月料理の準備などがありまし

 たから、掃除は私の役目でした。 ですからどの程度まじめに掃除

 するかは私次第です。

・60年以上前の私の子供時代の大掃除風景は、今の人達には想

 像できないでしょう。 畳を上げて外に出して棒で叩いて埃を払い、

 畳の下と下地板の間に敷いてある新聞紙を交換します。

 殺虫剤(DDT)をそこに散布した時期も有ります。

 窓ガラスを拭き掃除することは勿論、障子は外して近くの川まで

 リヤカーで運んで水につけて、古い障子紙を剥がして桟に付いた

 糊などを落としてから、持ち帰って新しい障子紙を張ります。

 電灯の笠など照明器具の掃除をし、天井とその近くの壁の煤払い

 もやります。 これだけのことをやりますから子供達も戦力として外

 せません。 大イベントですから 「サザエさん」 などの漫画でも描か

 れた風景です。 畳の下の古新聞の記事を読みふけってしまう場面

 に、覚えがありませんか。

 大掃除が終わって家の中がピカピカになり、明るくなると正月を迎え

 るのに相応しい改まった気分になったものです。

・そんな風に育った私ですから、所帯を持った後も大掃除は欠かしま

 せんでした。 勿論畳み上げや障子張りはやりませんが、台所の換

 気扇やレンジ、風呂場などを普段以上に念入りにやります。

 昔は無かった車の掃除は、いつも最後にやりました。 

・これからの我が家に正月は無いでしょう。

 ですから大掃除も予定にありませんが、最小限の掃除はするつもり

 です。 妻は私に任せっ切りでしたが、私の尻を叩いたことも、クレー

 ムをつけたこともなく、逆に 「そんなにやらなくていいんじゃない」 と

 言う事が多かったように思います。

 いい加減ではやめられない私の性格を読み切って、私を旨く使って

 いたんですね。

  1227
        例のツツジが満開だよ。

  隣のハギやムラサキシキブは冬景色なのにな。

 

« 頑張れ シャープ | トップページ | 慰安婦問題解決 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/62951108

この記事へのトラックバック一覧です: 大掃除:

« 頑張れ シャープ | トップページ | 慰安婦問題解決 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ