« 政治は簡単 | トップページ | 人生は短い »

2015年12月12日 (土)

奥が深い陶芸

・今週の教室が賑やかな中に昨日終わりました。

 私自身は10数年前に、電動ろくろで茶碗やコーヒーカップを少し

 作ったり、妻が学生の大量の体験作品を仕上げるのを手伝って

 いた位しか経験がありません。

 ですから、陶芸家の妻と違って人には教えられないと宣言してい

 ました。 しかし心の中では基本的なことを、初心者に教える程度

 のことはできると自負していました。

 妻がやる大まかなことは見ていましたから、門前の小僧状態でした。

 でも自分が試行錯誤しながら作陶するのと、人に教えるのとは大違

 いです。 人に教えると云う事は、自信を持って教えなければなりま

 せん。 知っていることを伝えるだけでは駄目なんですね。

 同じ形の物でも作る方法が幾通りも有ります。 完成形から大体の

 見当が付きますから人によって作り方が違います。

 その色々な作り方の中から、優れた作品を確実に作る方法を教え

 られるのが陶芸家なんですね。

 今は自信が無いポイントは、先輩生徒に聞きながら進めています。

・先週作った直径22cmの水盤風器が、自然乾燥の段階で底にひび

 が入ってしまいました。

 全く心配していなかったので不意を突かれました。

 粘土は、乾燥段階での水分の蒸発に伴って収縮しますが、例えば

 その収縮度合いが、底の中心付近と外側で違うとひびが入ること

 になり、作陶段階で粘土に無理な力をかけて、ストレスや歪が残っ

 ているとその可能性が余計高まります。

 作品によっては、素焼きや本焼きの段階でひびが入る物も有ります。

・実は乾燥がほぼ終わった大物でもう一点、ひびが入った作品を抱え

 ています。 大物ですから作るのに相当の手間暇が掛っているので

 何とか補修できないかと手を入れていますが、見込み薄です。

 ひび恐怖症に陥りそうです。

・経験を積んだ生徒さんは殆ど失敗がありません。

 作陶の色々な工程上、どうしたら危険か、また大丈夫かを身体が

 会得しているんだと思います。 

 そう云う感覚的なことは旨く言葉に表せません。

 ですから経験を重ねることに意味が有り、失敗は必要なことなの

 ですね。

 問題無く旨く行ってしまったら、こう云うことも考えませんから。

  Photo
    タタラ機を早速使ってくれました。

  板を作るのは本当に楽になりそうです。

  粘土がつい沢山ほしくなるかも・・・

 

 

« 政治は簡単 | トップページ | 人生は短い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひび割れしてたものの…
思ってたより いぃ感じに仕上がってたのが嬉しかったです(^з^)-♪

ナゼ?ひび割れたのかなぁ〜と
この投稿記事を見ながら考えてたら

内側の紐の継ぎ目は、上から下へと
教えてもらったのに…

ほぼ形が仕上がってから
紐と底の部分の継ぎ目を無くそうと
しつこく しつこく 指で撫でていたのと

その際、底から側面の紐の方へ
撫でつけてたよおな気がします。
そのせいで、底の部分にストレスがかかったのでは?と思いました。

もし、そぉだとしたら…
今週、作り直したのも 同じこと
やってしまったかも〜ですΣ( ̄Д ̄;)

あー やっちまった感 ありますm(_ _)m

やっちまった と言えば…
昨晩、車をぶつけてしまいました…>__<…

新車だったために、旦那の怒りも
相当かと…
運転禁止令が出そうです(ノ_-;)ハア…

この前はチョット油断していました。毎日見ていますが今のところ異状なしです。
粘土の特性を知っているかいないかで、扱いが違っている筈です。
少々無理をしても、限界を越えなければ問題無いですよね。
その境界を追求するのも面白いですよね。ぎりぎりの線を知っているのがプロでしょうね。車残念でしたね。「形あるものは・・・」何とやらです。
私達夫婦は暗黙のうちに相手を責めないことにしていました。ただでさえ落ち込んでいるのに更に打ちのめすことは無いですから。また明日は逆の立場になるかも知れませんから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/62850825

この記事へのトラックバック一覧です: 奥が深い陶芸:

« 政治は簡単 | トップページ | 人生は短い »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ