« 子供食堂 | トップページ | ヤイトガツオ »

2016年1月13日 (水)

初めてのお使い

happy01オープン予定 

    今週 木曜(14日)AM 、金曜(15日)PM(SSM4)

     土曜日(16日) 予定調整中 

・昨日も玄関の鍵は一日中掛かったままでした。

 ですから完全にマイペースで一日を過ごせます。

 人によっては憧れの理想の一日でしょうが、考えようによっては

 牢獄と同じです。 テレビも見るのも何かをやるのも自由ですが。

・一昨日、テレビで 「初めてのお使い」 の放送がありました。 

 いつも欠かさず見ていましたが、今回は番組に気付かずに途中

 から慌てて録画しました。 毎回感動もので、つい涙がこぼれそ

 うになります。 今までは亡くなった妻と並んで見ていました。

 妻は滲んだ涙を隠そうとしていましたが、鼻をすすり上げる動作

 でバレバレです。 

 何故隠そうとするのか、その心理がよく分かりませんでしたが、

 きっと弱みを見せたくなかったのでしょう。 何故か私も気付か

 ない振りをしていましたから、人のことは言えません。 

 この番組で紹介される子供は、子供を大切に育てる細かい気配

 りしている親に育てられています。 私の妻の幼少期は不遇で、

 全く境遇が違います。 私の場合は多い兄弟の下の方でしたから、

 親と密着した覚えが余りありません。

 それなのに感動するのは何故でしょう。

 単純な感情移入ではありません。

 状況は違っても幼い頃に、心細い思いをしたり、幼心には理解

 できな大人の言葉の理不尽さは誰しも経験しています。

 きっとそう云う部分を思い起こして感極まってしまうんですね。

・子供と動物をテーマにすれば視聴率を稼げる、と云うのは業界の

 定説です。それにしても多少の編集はあるにせよ、子供の言葉や

 表情は本物です。 ですから見る人の心に直接響くんですね。

・大事な大事な自分の可愛い子供を、試練に出す親の気持ちも良く

 分かります。 「獅子は我がを千尋の谷に突き落とす」 ことを知

 っていても大変な努力が必要です。

 私たちの場合は、中学生だった娘二人をキャンプやホームステー

 をするために、海外に出したのが似た経験です。 

 帰国して再会した場面はちょっとした感動ものでした。 

 でも私のことですから、 当然 ハグは無しです。

   ・・・ ハグをしておけば良かった。

  0112
         ロウバイ 2輪咲いたよ

« 子供食堂 | トップページ | ヤイトガツオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

気持ちがすごく分かります。
私も、ひとり息子が中学卒業と同時に 高校の寮へ入る時
何とも言えない淋しさを感じました。
高専生活は5年ありますし、その後 就職しても進学しても
もぉ一緒に暮らすことはないだろぉなと覚悟をしたので
15の息子と、今生の別れ位の気持ちになったものです。
大袈裟な…(*-∀-*)
案の定、息子は我が道を どんどん どんどん進み続けて
私は、すっかり置いてけぼりです。
若い挑戦を逞しく感じる反面、羨ましくもあり…
あいつに負けてはいられない!と
良い刺激を受ける日もあったりと…
子から学ぶことも多いものですね(▰˘◡˘▰)

私は人生の卒業生みたいな者ですから、色々なことが遥か昔のことです。
後悔することも多々ありますが、そういう意味では割り切りやすいです。
娘は二人ともアラフォーですが、
「子供から学び、刺激を受ける」 今でも進行形です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63055210

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのお使い:

« 子供食堂 | トップページ | ヤイトガツオ »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ