« 本焼き完了 V1.0 | トップページ | 和歌山が好き »

2016年1月20日 (水)

久しぶりに

happy01オープン予定 

 明日 木曜日(21日)AM, 明後日 金曜日(22日)PM(SSM4+2)

・一昨日から昨日にかけて冷え込み、時々雪がちらつきました。

 関東の方は月曜日から大変だったようです。滅多にないことです

 から慣れることも出来ず余計大変です。 

・昨日はポット時間ができたので田辺に行って映画を見てきました。

 第一目的は気分転換ですが、007も見たいと思っていました。

 ボンド役のダニエル ・クレイグの4作目で、良さそうな批評が新聞

 に載っていたので気になっていました。

 前の3作は全部妻と一緒に見ました。ダニエル ・クレイグは決して

 ハンサムではありませんが、無機質なところが初代のショーンコネ

 リーに通じるところが有ります。 

 アクションものですから、映画の内容については特に語るようなこ

 とはありません。 インディージョーンズ風の早いテンポで次から

 次へとアクションシーンが続きます。 

 冒頭のシーンがいきなりキシコの 「死者の祭り」 で何千と云う群衆

 の多くの人が骸骨のコスチュームを着て浮かれていました。

 よりによって 「死者の・・・」 とは、どう云う発想の祭りなのでしょうか。

 エキストラで済む人数ではありません。 コンピュータ処理のVFXだ

 としてもそれを感じさせません。 思わず感心してしまいました。

 映画の長さも2時間半近く、4作の中で一番長かったのではないか

 と思います。丁寧に作っているのが分かり、見応えも一番でした。

・私が 「映画を見なくてもレンタルビデオで十分」 、と今は亡き妻に

 言うと 「映画は映画館で見なければ駄目」 と、映画館の回し者み

 たいなことをいつも言われたものです。 

 昨日の映画は爆発や建物の崩壊シーンがいくつありましたが、確

 かに迫力が違います。 大画面とお腹に響くような音響効果は、

 家庭のテレビでは味わえません。 それに加えて物語の舞台の

 景色の美しさも、お金を払う価値が有ります。

 前作の 「スカイフォール」 もそうでしたが、スコットランドの寒々しい

 荒野の雰囲気が映し出されて、風景に対する作り手の思い入れまで

 もが感じ取れたものです。

 景色をゆっくりパンして映し出す手法は、最近のドラマでは余り見か

 けなくなり、物足りなく感じていたことを思い出しました。

 誰かが日本の文化は 「間合い」 の文化だ、と言っていたと思います。

 風景をゆっくり映し出すことは 「間」 に相当します。

 ロマンチックな雰囲気を出したり、舞台の背景説明だけでは決してなく、

 これから起こることを予感させる 「間」 を観客に与えたり、緊張をゆる

 める役目も果たします。

・映画館のシニア割引の入場料が1100円でした。100円上がった気が

 します。 数えたら90人は優に入れる会場に6人だけでした。

 今回は年齢を確認されませんでしたが、いつもは窓口に私の免許証

 だけを妻が持って行きました。

 

  4675100361
   007 「スペクター」 の冒頭 死者の祭り

 

« 本焼き完了 V1.0 | トップページ | 和歌山が好き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63091409

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに:

« 本焼き完了 V1.0 | トップページ | 和歌山が好き »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ