« 次々と出る原発のほころび | トップページ | 信頼できることの幸せ »

2016年1月29日 (金)

みんな電力 V1.0

happy01オープン予定 

 今日 金曜日(29日)AM(SSM4+1) PM

・東京の株式会社 「みんな電力」 をテレビで知りました。 

 ズバリ、電力会社を選べるようにすることが目的の一つです。

 総合エネルギーサービス企業を目指しており、電力の地産地消、

 電力の買取~小売り業務を行い、自社の発電設備もあるようです。

 大規模な太陽光発電パネルの前で、所有者が 「知り合いがお宅

 の電力を買いたいけどどうすればいい、 と言われているけどこれ

 からはそう云う要望に応える道ができた。」 と言っていたシーンが

 印象的でした。 地域で発電した電力を地域で消費すれば、その

 地域の活性化に繋がり、広い場所が有る地方が有利です。

 キャッチフレーズ 「顔の見える電力会社」 も分かり易いです。

・既存の原発や火力発電の有り方に疑問を持った人たちが、次々と

 新しい道に踏み出しているのが感じられ、とても頼もしく思います。

 政府が積極的に脱原発の方策を進めないから、民間の有志が名 

 乗りを上げて民間パワーで世の中を動かしつつある、と考えたとこ 

 ろでハッと気づきました。 「電力の自由化」 は2014年2月に閣議

 決定されていたんですね。 元々日本の電力料金が海外に比べて

 高価であったことなどで、改善の施策が以前から打たれていました

 が、福島の原発事故による電力不足や再生エネルギーへの転換

 志向を切っ掛けに一気に前進したようです。

 でも一連の法制で、電力を買い取る電力会社に 再生可能エネル

 ギ発電促進賦課金」 を我々が払うようにしていたんですね。

 エネルギーの大きな問題を、ユーザーが支払う料金に上乗せした

 お金で何とかしよう云う考え方なんです。 電気を使わない家はあ

 りませんから、これも税金と同じですよね。

 全くの無策よりはましですが、税金の無駄遣いを何とかして、新たな

 施策のための予算を捻出する努力の形跡が有りませんね。

  Photo
 オオイヌノフグリ  ホトケノザと同じ所に咲いていました。

 大きさは5mm以下です。 それにしても 大犬のタマタマとは・・・

 昔は開放的だったんですね。

 別名の一つ「星の瞳」とのギャップが有り過ぎます。

 

« 次々と出る原発のほころび | トップページ | 信頼できることの幸せ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63134703

この記事へのトラックバック一覧です: みんな電力 V1.0:

« 次々と出る原発のほころび | トップページ | 信頼できることの幸せ »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ