« 原発をどうする | トップページ | みんな電力 V1.0 »

2016年1月28日 (木)

次々と出る原発のほころび

happy01オープン予定 

 今日 木曜日(28日)AM, 明日 金曜日(29日)AM(SSM4+1)

・また夕方のテレビのニュースでやっていました。

 高浜原発がある福井県が関電に条件を出しているそうです。

 それが使用済み核燃料の中間貯蔵施設を福井県外に設けるこ

 だそうです。 今は使用済み核燃料を発電所内の核燃料プー

 ルで保管しているそうですが、後8年で満杯になります。

 関電が全国の自治体等に中間貯蔵施設の説明を210の自治体

 に延べ3000回行っているそうですが、前進していません。

 それはそうですよね、「中間」 が 「最終」 になりかねないことは、 

 誰にも分ることです。 

 中間貯蔵施設を東電と日本原発は青森のむつ市に、中電や 

 九電は原発内に建設することで決定や検討がされているそうです。 

・福井県が中間貯蔵施設の建設地の条件に 「高浜原発の電力の 

 供給を受けている県で港が有ること」 なども求めています。 

 港が有る三重、兵庫、大阪は早々と 「あり得ない」 とアンケートに 

 応えているそうです。 唯一和歌山だけが無回答だそうです。 

 2009年に御坊市議会が関電に、施設の建設が可能かどうかの 

 調査を依頼していました。 新聞記事でも見た覚えが有ります。

 二坂知事は具体化することは無いだろうとコメントしていますが、

 「拒否しますか」 と云うインタビューアの質問にはっきり答えず、

 政治家らしい返事をしていました。

・いつもは楽天家に見える関電の八木社長の顔が、珍しく心細さげ

 でした。 「プールが満杯になるまで8年ある、8年後には自分は

 関係なくなっている」 と感じられたのは私だけでしょうか。

・「喉元を過ぎれば・・・・」、「人の噂も七十五日」 の傾向は日本人の

 場合特に強いようです。 善意に解釈すれば、過去に拘らずに前を

 見る国民性と見ることができますが、それぞれの時点で無責任に

 なる恐れもあります。 高齢者や仕事に執着しない裕福な人に舵を

 握らしたら危ないですよね。

  Photo_2
   ホトケノザ 雪に負けずに少し残っていたよ。

« 原発をどうする | トップページ | みんな電力 V1.0 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は原発は絶対設置するべきではないと考えている一人です。化学反応は通常必ず帰結して無害化・処理できることが大原則になっています。ところが原発の最終燃料棒は現在の科学技術ではそれが不可能です。不可能とわかっていることを将来我々の子孫がこの大問題を解決するであろうと楽観して使用し続けることは、良心というものが少しでもあればとても人間のできることではありません。ことは地震対策や水害対策では済まないのです。半減期は2万年として、一度2万年の不毛の荒野や砂漠を想像してみたらどうでしょう。

全くそうですよね。冷静に考えれば分かりきった間違いを、経済を理由に押し通してしまう現実は情けないですね。マスコミももう少し責任の所在などを追及しても良いと思いますが、なかなか難しいのかもしれません。
コメンテーターの誰かが言っていました、「先ずは世論を作ること」だと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63129669

この記事へのトラックバック一覧です: 次々と出る原発のほころび:

« 原発をどうする | トップページ | みんな電力 V1.0 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ