« 養生 | トップページ | 午前も午後も刺激有り »

2016年2月25日 (木)

注視しましょう

happy01 オープン予定 

 今日 木曜日(25日)AM 、明日 金曜日 (26日)PM(SSM4)

  note今週も釉掛けができます。 半磁土が復活しました。

・夕方のテレビニュース、ホットニュースは 「起きたこと」 の報道です。

 印象として残るのは、特集やドキュメンタリーのコーナーです。

 この様に緊急性が無い報道を何と呼ぶのか知識が有りませんが、

 夕飯を食べながら見て、記憶に残るのはそのコーナーです。

・民主党と維新の党が合流し新党を結成する動きを見せています。

 街頭でインタビューを受けた一般人の意見は 「仲が良くなかった

 んだから、駄目でしょう」 「寄せ集めだから期待できません」 など

 ネガティブなものばかりでした。

 でも忘れていませんか、相当数の野党の議員さんにも多額の税金

 が議員歳費として掛かっています。 年間約2100万円だそうです。

 この他に政党交付金が1000万円/人位有るそうです。

 与党の独断専行を防ぐために野党の存在や力は必要です。

 「期待できない」 なんて大人の言葉ではなく、「しっかりやって貰

 わなければ困る」 「一致団結せよ」 など辛口のコメントが欲しい

 と思いました。

 党名から 「民(たみ、国民)」 と 「主(ぬし、主人)」 の文字が消え

 たら目指す先は推して察するべしですね。

・もう一つ目を引いたのは、免疫チェックポイント阻害薬 「オプジー

 ボ(ニボルマブ」 についてです。 この薬はおととし稀な皮膚がん

 の治療薬として保険承認され、その後がんが再発し、他に治療薬

 が無い患者に劇的に効く可能性がある新薬として、保険が追加

 承認されました。 肺がん患者などに20%の確率で効果が有り、

 1年以上生存期間を延長出来るそうです。 問題はこの薬がべら

 ぼうに高価だということです。 1回の投薬の薬代が130万円位で、

 年間3500万円掛かるそうです。

 当初の保険対象だった、皮膚がんのメラノーマの患者が約500人

 /年に対して、肺がんでは5万人/年と推定しているお医者さん

 が居ます。 もし、肺がんの患者がこの薬を1年間使い続けると

 2兆円/年に近い公費を出費することになるそうです。

 日本の国民医療費は40兆円で、内訳は保険料20兆円、自己負

 担5兆円、公費15兆円で、保険制度を揺るがしかねない問題が

 また、一つ報道されました。

・イギリス、韓国、台湾では原則保険適用外で患者の自己負担だそ

 うです。 コメンテーターは 「国民みんなで考えるべき問題」 とくく

 っていましたが、本当に難しい問題ですね。

 他のがんへの効果も実証試験中で、製薬会社も成長分野と見て、

 力を入れているそうです。

 悩む問題ですが、保険制度を崩壊させかねないこと、治癒ではなく

 延命であることなどを考えれば、答えは出ていると思うのですが。

 目の前に効く薬が有っても費用面の問題で使えないとすれば、

 本人や周囲の人、それから医師などは非常に辛いですが、今でも

 保険の負担料率の高い人は年間200万円以上掛かります。

 お金次第で人生が左右されるのが厳しい現実ですよね。

  Photo
     それにしても高すぎる薬ですね

 

« 養生 | トップページ | 午前も午後も刺激有り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63259075

この記事へのトラックバック一覧です: 注視しましょう:

« 養生 | トップページ | 午前も午後も刺激有り »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ