« 起伏 | トップページ | 超越 »

2016年2月 9日 (火)

北朝鮮

happy01オープン予定 

 今週 木曜日(11日)AM & PM(SSM4+α)

  翌週以降のSSM4予定:19日(金)PM,26日(金)PM

 note今週末に素焼きを予定しています。よろしく!  

・北朝鮮のミサイル発射が成功したようです。 何はともあれ胸を

 撫で下ろしたり命拾いした人たちが大勢いることでしょう。

 北朝鮮のお題目通りなら、人工衛星の打ち上げ成功と云うこと

 でしょう。 ことが軍事に関することですから、マスコミ経由で国

 民に公開される情報は本当に断片的で、ニュースやコメントの

 行間を読んだり想像する余地が一杯あります。

 我々が忘れていたり、興味の外にしている瞬間も、北朝鮮の当

 事者たちはそれこそ命がけで、開発や製造を進めていたことで 

 しょう。 前回の発射が2012年12月でしたから、約3年半経っ

 ていますから性能が向上するのは当然です。

 我々が矛盾を感じるのは、性能の向上のために払ったと思われ

 る代償です。 北朝鮮の国民が極貧にあえいでる様子が時々報

 道されています。 軍備に予算を消費する前にやることがあるだ

 ろうと云うことです。

・日本人の拉致問題を今以上に追及できないのは、会話によって

 平和的に解決したいからです。 しかし北朝鮮は、上層部の粛清

 を見ても分かる通り武力偏重であることが明確です。

 拉致は過去の問題ではなく現在進行中の問題です。

 国民を守るのは政府として最低限の義務です。 日本政府が今

 以上に踏み出せないのは、相手が話して分かる相手ではないか

 らで、武力行使が論外である日本の限界です。

 全国民に問うても 「仕方がない」 と云う答えになるでしょう。

 中国のように武力を背景に東シナ海や南シナ海で覇権を拡大する

 国を目の前にしても、日本は武力で対抗する道は決して選ばない

 でしょう。

・武力にすがらない分、経済力、外交力、情報収集力などの力を研ぎ

 澄まさなければなりません。

 さて、私たちの日常生活で暴力沙汰を回避するためには、どうでしょう。

 対話を十分にして誤解を防ぎ、とにかく善意で動くことでしょうか。

 

  Photo_2
 タンポポに似ているけど葉っぱが違うから オオジシバリ かな?

 物置の土台近くに隙間から顔を出していたよ。

 

« 起伏 | トップページ | 超越 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63183620

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮:

« 起伏 | トップページ | 超越 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ