« 注視しましょう | トップページ | 全行程 »

2016年2月26日 (金)

午前も午後も刺激有り

happy01 オープン予定 

 今日 金曜日 (26日)PM(SSM4+α)

  note今日釉掛けができます。 半磁土が復活しました。

・政治やニュースについてブツブツ言うなら、ブログネタに事欠き

 ません。 でもそればかりでは小言幸兵衛みたいでずるい感じ

 がします。 そう云えばブログ村のランクで1位になっています。

 多分カテゴリー移動の過渡現象だと思います。

 私に1位は似合いませんから直ぐに順位が下がるでしょう。

 以前みたいに5位近辺をウロウロしているのが落ち着きます。

・昨日の午前中は3人の教室で、落ち着いた雰囲気でした。

 ちょっと癖が有って作陶が難しい 「半磁土」 の常備をやめてい

 ましたが、白い独特の地肌が恋しくなったのか、希望される生徒

 さんが居たので、注文していました。 入荷していたそれを使って

 早速作陶された生徒さんが居ます。 やはり選択の余地が多い方

 がいいですね。

 特筆すべきことは、コーヒータイムの話題で大先輩の生徒さん

 が徳島県鳴門市の大塚国際美術館に行きたいとおっしゃった

 ことです。 私もちょっと前のブログに書いたように気になってい

 ました。 その切っ掛けになったテレビ番組を見た訳ではなく、以

 前からそう思われていたようです。情報アンテナの感度に脱帽です。

 他の二人も興味津々でした。 行くなら私が運転手を務めて良い

 と言いましたが、 日帰りか1泊か微妙な距離です。

 折角遠くまで行くなら1泊がお勧めですが、一つの目標として頭

 の片隅に書き込まれました。 どうなりますことやら。

・午後は、例の水路の工事現場に行って作業をしました。

 どういう風に生コン用の型枠を組んだのか、興味がありましたが、

 左官屋さんのジュニアが考えていた通りの形でした。

 いつも無理を言って仕事をして貰う左官屋さんは、最近では珍しく

 親子で仕事をされています。 立派な後継ぎが居るなんて羨ましく

 思いますが、決して順風満帆と云う訳でなく、親子間でそれなりに

 衝突もあったようですが、それを感じさせない微笑ましい様子で

 二人で仕事をしていました。 「親父、このままだとちょっと走った

 だけで角パイプが落ちるぞ!」 と、トラックに積んだ何本かの長物

 の間の細めのパイプを指さして、息子さんが指摘しました。

 父親は特に言い訳も反論もせず 「番線(太めの針金)で縛るか」

 と応対しました。 大人ですよね。 でも頼りになる後継ぎ息子が

 居たら私でもそうできると思います。 まして可愛い孫まで創って

 くれたんですから。 

  Photo
     鳴門の大塚国際美術館への道

     約280km、3時間半のようです。

   Photo_2
  私が居ないうちに進んだ、スラブの型枠。

  結局左官屋さんJr.が言っていた通りの方法でした。

  生コンが固まったら、中心で分割したコンパネを下に落とします。

  Photo_3
  午後から生コンを打ち終わりましたので、後は生コンが固まったら

  型枠を外して、工事完了です。

  職人さんの仕事は見ていて惚れ惚れします。

 

 

« 注視しましょう | トップページ | 全行程 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63262812

この記事へのトラックバック一覧です: 午前も午後も刺激有り:

« 注視しましょう | トップページ | 全行程 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ