« 肩肘張らず | トップページ | 厳しい現実 »

2016年4月20日 (水)

お腹がすいた

happy01オープン予定 

 明日 木曜日(21日)AM、明後日 曜日(22日)AM(SSM4)

・昨日の午前中は環境組織の仕事で代表と会計の私で、県の担

 当者の現状調査のヒヤリングに対応しました。

 話が盛り上がったために、昼食時間を相当オーバーしてしまった

 ので、お腹がすいたと冗談めかして切り上げて貰いました。

 でも話は夕食のことです。 

 昼一時からは現場仕事でした。 民家に山裾のシイノキ が覆い

 かぶさっているので、何とかして欲しいと云う要請があり、

 そう云う対応に慣れた環境組織にお鉢が回ってきました。

 本来は被害者と山の持ち主の間で解決すべきですが、山主も

 広いだけで生産性が無い山の事なので手が回り切れずに、こじ

 れるとトラブルになる可能性があります。

 環境組織は休耕地の草刈りなども、臨機応変に進めています

 からその延長線上の仕事です。

 私は作業写真を撮るだけのつもりで現場に行きましたが、根が

 好きな方なのでつい手を出してしまい、結局作業が終わる4時

 まで付き合ってしまいました。 そんな訳で、昨日は昼寝を取り

 損ないました。 作業が終わって家に帰って来て早々に、遅め

 の昼寝をして取返し、目が覚めた時は5時を回っていました。

 そして久々にお腹がすいているのを感じました。 このところお

 腹がすくことなどなく、時間が来ると習慣的に食事をしている状

 態が続いていました。

 久々の感覚でしたが、いけません、体に力が入らず何もする気

 が起きないんです。 そんな時に思い出したのがウスイエンド

 ウのことです。 前日入手したウスイが殆ど残っています。 

 折角の新鮮なウスイを無駄にする訳にはゆきません。 結局大

 した努力をすることなく台所に立っていました。

 ウスイの塩ゆで 旨かったです。

・この歳になっても学ぶ事は結構あります。昨日の現場仕事は5

 人でやりましたが、主人公はチェーンソーを使う75歳の炭焼き

 さんと、請負の現場仕事で百戦錬磨の60歳そこそこと思われ

 るNさんです。

 4~5m離れた所で、作業の指示とも言えない考えを次から次へ

 と言う人の言葉に対して、 「何故そう急ぐんだ、慌てるんだ」 と

 年配者に対する遠慮がありますから、ポツリと言いました。

 そうなんです、責任者がはっきりしない現場仕事は先を急ぐと

 非常に危険なんですね。 私はそう言うNさんに対して反射的に

  「皆、簡単に考えているんですよ」 と応えました。

 自分がやっていることを 「やるべき仕事」 と認識しないで、成り行

 きで手を付けると本当に危険です。 「急がば回れ」 と云う言葉は

 こういう時の為に有るんですね。

   Photo
  作業の始まりです。 本当はクレーンが必要なんですが・・・

 

 

« 肩肘張らず | トップページ | 厳しい現実 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63509353

この記事へのトラックバック一覧です: お腹がすいた:

« 肩肘張らず | トップページ | 厳しい現実 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ