« 大事にしましょう | トップページ | 肩肘張らず »

2016年4月18日 (月)

兄の存在 V1.0

happy01オープン予定 

 今日 月曜日(18日)AM(MRさん)、 木曜日(21日)AM

     金曜日(22日)AM(SSM4)

・昨日の日曜日は玄関ドアーを開けることも無く静かな日曜日

 でした。 夜から明け方にかけては、台風のような風雨でしたか

 ら、熊本は大変だろうなと心配が頭をよぎりましたが、雨音に

 かこつけて目覚まし時計なんか聞こえないふりをして、8時半ま

 で寝ました。

 マイペースな一日でしたが、金曜日の鹿避けネット設置の現場

 下見、土曜日夕方からの破損パイプの修理作業などで、パソ

 コンでの書類仕事が増える一方で全然消化できません。

 など、相変わらずの現況報告(ボヤキ)でお茶を濁そうと思いま

 したが、夕飯の洗い物をしている時に格好のネタを思いつきま

 した。

・私は三男坊で、間に次女を挟んで4つ上の次男の兄が居ます。

 私の人格形成に大きな影響を与えた兄です。

 私の両親と唯一人同居して最後を看取った兄で、生涯独身と

 云うことになるでしょう。 貧乏な一家の経済的な影響を受けて

 当時でも珍しい中卒です。 本人は学校の勉強嫌いだったと言

 っていますが、どの程度本気か分かりません。 徹底的にお人

 好しで、他人の為に尽くすことを苦に思わなかった母親の影響を

 強く受けた兄ですから、犠牲的な気持ちで進学を諦めた、とは決

 して言わない兄です。

 山梨の中学校を出て一人で直ぐに上京し、パン屋に住み込み

 で働いたりしましたが、その後カメラ部品の営業等いくつかの仕

 事を転々としました。 上京するまでの小さい頃は着いて回って

 一緒に遊び、私が中学生の頃に一家が一つ屋根の下に暮らす

 ようになりましたが、大人になってからは夜行日帰りの山登りや

 釣りに着いて行くようになり、スキーをする切っ掛けを作ってくれ

 たのも兄でした。

 読書の好みも同じで、少年時代の漫画の貸本から始まって、

 少年探偵団、ルパン、シャーロックホームズ、エラリークインなど

 の推理小説、サラリーマン時代に読んだ冒険ものマイケル・クラ

 イトン、クライブ・カッスラーのダークピットシリーズ、そして忘れて

 ならないのがドイツのSF小説の宇宙英雄ペリーローダンシリーズ

 です。それらは二人の共通の話題でしたから、筋書きに話が及ぶ

 と盛り上がったものです。 ペリーローダンシリーズは現在500巻

 1000話を超えて発行されているようですが、私は17・8年前に脱

 落しましたが兄は少し前まで読み続けていました。 「貸そうか」 と

 言われましたが遠慮しました。 現役時代に読んでいましたが、

 時空のゆがみや次元の話など、頭が冴えていないと着いて行け

 ない難解な要素が随分とあったのを覚えています。

・嵐寛寿郎の鞍馬天狗の面白さに導いてくれたのも、その兄でした。

 妻が逝ってから、週一で私からその兄に電話して四方山話をして

 います。独り暮らしの爺さん同士ですが、電話している時は何十年

 も前にタイムスリップしてしまいます。

Photo

ナニワバラ あまりにも華やかだから、お隣さんち側からも撮ったよ。

« 大事にしましょう | トップページ | 肩肘張らず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63499837

この記事へのトラックバック一覧です: 兄の存在 V1.0:

« 大事にしましょう | トップページ | 肩肘張らず »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ