« 地区総会 | トップページ | 早や4月の教室が終わりました »

2016年4月28日 (木)

臨床宗教師

happy01オープン予定 

 今日 木曜日(28日)AM&PM(SSM4)  今週は釉掛けです。

・夕方のMBSテレビの報道番組で、初めて聞く 「臨床宗教師」 を

 紹介していました。「心に寄り添う「臨床宗教師」穏やかな死と

 は・・・」 と云うタイトルで10分くらいの特集でした。

 番組で紹介されたのは浄土真宗の30歳前の普通の僧侶です。

 お経を上げる仕事が終わった後は普通のワイシャツ姿になって

 臨床宗教師の仕事をしています。

 ホスピス型共同住宅で、余命が見えた癌患者などの心のケアや

 ”みとり”をしているそうです。

 患者は自分が死んだ後の家族の心配や、死や死後の世界に対

 する不安や恐れを抱いています。 それらの悩みを軽くしたり、

 助けになるのが目的です。

 「東日本大震災を契機に、布教や伝道を目的にせず宗教を超え

 て心のケアにあたる」 ためにできたそうで、番組では3人が紹介

 されていましたが、京都の龍谷大学では一昨年から宗教や心理

 学などを学ぶ養成講座が開設されています。

・突然の災害や事故に見舞われた遺族の心のケアは時々話題に

 なりますが、死を間近に迎えた人の心の問題に、専門家が対応

 する話を初めて知りました。 番組で伝えていたホスピス型共同

 住宅を開いたのは僧侶でもある医師でしたが、患者を助けると云

 う観点に立った時に、医療の限界を感じたそうです。

 それにしても、自分の余命が分った時の悩みは想像以上に大きく、

 宗教または宗教的な考えで恐れや苦しみを軽減できるなら、それ

 は精神面の特効薬と呼ぶことができます。

 妻は 「余命 十年」 と云うジョークが何故か気に入ったらしく、

 よく言っては自分で笑っていました。

 私の余命は分かりませんが、苦しまずにあの世に行けたら御の字

 です。 なお、死後の世界については何の不安もなく、先だった妻

 に再会出来たら言うことはありません、と云うか信じています。

  0426

  名前を調べなかったよ、ハート形の花弁だからサクラソウか

  と思ったら シバザクラ って生徒さんが教えてくれた。

   綺麗な雑草の花が一杯咲いているよ。

« 地区総会 | トップページ | 早や4月の教室が終わりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63546183

この記事へのトラックバック一覧です: 臨床宗教師:

« 地区総会 | トップページ | 早や4月の教室が終わりました »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ