« 待機児童 V1.0 | トップページ | 当方平穏無事 »

2016年4月15日 (金)

憎っくきシカ

happy01オープン予定 

 今日 金曜日(15日)PM(SSM4)

・今日は ホテル ヴェルベデーレ の一五市に出店する日でし

 たが、ドタキャンしてしまいました。 頭の中が水水木金曜日に

 なっていたようで、日程的に無理があり関係者には迷惑を掛け

 てしまいました。

・昨晩は環境組織の今年度最初の役員会で、夜9時までみっちり

 討議しました。

 9時近くになった時に 「お腹がすいた」 と言う役員が居て、大分

 はしょって会議を終らせました。 実は私もお腹がすいていました。

 会議が夜7時からですから、ゆっくり晩酌したい人は夕飯抜きで

 会議に出てきています。 私も議事進行上酔う訳に行きませんか

 ら夕食抜きです。 ちょっと辛そうですが、実際は色々資料を作っ

 て準備した会議が終わると気分がすっきりし、遅めの夕飯や晩酌

 をとてもリラックスして楽しめます。 このブログを書いている時点

 では、熊本の震度7の地震の被害がまだ分からない状況です。

・会議の結果、今朝は朝8時に現地に集まって鹿の対策のための

 調査と具体的な方法の相談をしています。 (している筈です)

 実情から見ると、県道沿いの700m位の距離に柵を設けないと、

 鹿の侵入を防げないようです。 自動車が通ったり、出入りする

 道が関係し、折角の川の景観を損なうこともできないので、大変

 難しい仕事になりそうです。 

 良い方法が見つかれば良いのですが。

・以前は余り聞かなかった被害が出ているようですから、鹿の数が

 相当に増えていることが考えられます。 高齢化などで鹿を狩る

 人が減っていたり、離れた地区の鹿対策が進み、対策が比較的

 甘い地区へ回ってきていることも考えられます。

 行政から獣害防止柵の工事費の補助が出ますが、工事費と被害

 額の費用対効果の評価をした上でないと出ません。

 しかし、農家や耕作者の心情は金額の問題ではありません。

 家庭菜園などの経験者はお分かりだと思いますが、精魂込めた

 作物が何等かの原因で被害を受けたり、収穫を妨げられると本

 当にがっかりします。 原因が獣の場合は憎くもなります。

 相手が子連れの鹿の一家だと分かっていてもです。

 田んぼの稲の苗が荒らされた痕は、鹿が生きるためと云うよりは

 意味もなく目茶目茶にしているようにも思えます。

・役員で被害を主張する人は2~3人で、その他の10人位は直接は

 被害を受けていませんが、農家の大変さは皆が理解していますか

 ら、何とかしたいと全員が同じ思いです。

 本当は獣たちと共存するのが理想ですが、直ちに皆殺しにしようと

 云う話ではなく、取り敢えず元の山か他所の土地に行ってもらうと云

 う穏やかな話です。 獣害は全国的な問題で、柵などの防護と駆除

 を併行してやらねば効果が薄いことになっています。

  0414
  ほぼ一年中咲いている例のツツジだよ。

  やっぱり今の季節が本番だな。

 

 

 

« 待機児童 V1.0 | トップページ | 当方平穏無事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63487261

この記事へのトラックバック一覧です: 憎っくきシカ:

« 待機児童 V1.0 | トップページ | 当方平穏無事 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ