« 起伏 | トップページ | 憎っくきシカ »

2016年4月14日 (木)

待機児童 V1.0

happy01オープン予定 

 今日 木曜日(14日)AM 、明日 金曜日(15日)PM(SSM4)

・過激な匿名ブログ 「保育園落ちた」 が国会で取り上げられて、 

 全国的な話題になり、待機児童の多さが問題になっています。 

 一昨日の紀伊民報の一面でも、和歌山県内の年度途中の待機

 児童急増の記事が載りました。

 ヨーロッパみたいに難民がなだれ込んだ訳でも、急に出産数が

 増えた訳でもないのに、何故今急に問題になるのだろうかと以

 前から不思議でした。

 紀伊民報に2011年から2015年のデータが載っていました。

 4月時点の待機児童数は9~18人ですが、10月時点では

 45,35,64,127,215人と年ごとにうなぎ上りです。

 10月の方が極端に増えるのは、年度途中で育児休業からの

 復帰や、新しく働き始める人が入所を希望するためと分析してい

 ます。 また、2014年の例をとってみると10月に127人の待機

 が翌年4月には18人に減っています。 これは保育所の卒園生

 と入園希望者数とほぼバランスしていることを示しています。

 2014年10月の待機人数が127人でしたが、2015年10月に

 は215人と倍近くになっていますから、今年の4月は相当に人数

 増えているかもしれません。

 和歌山県でも、人口が多い市部に人数が偏っているとも言ってい

 ます。 保育所入所希望者が急増している理由として、新聞が上

 げている理由は次の通りです。

  ◇母親が働くことが一般的となるなど女性の意識変化

  ◇これまで孫を見ていた祖父母世代が定年引き上げや継続雇

    用などによって現役で働き続ける人が増えた。

  ◇夫の収入だけでは生活が苦しいといった経済的理由

  ◇ひとり親家庭が増えている

・これだけ要因が多いと、待機数が急激に増えて社会的問題にも

 なる訳です。 和歌山県でこうですから都市部は顕著でしょう。

 子供を預けられなくて大変な思いや苦労をしている人が、ある

 人数を超して同調して顕在化すると、今回のように急に社会的な

 問題になるんですね。 テレビの報道や国会では、保育士の給料

 などの条件が悪くて人材が不足していることも取り上げていました。

 また、園児の声などの騒音問題で近隣住民の理解が得られず

 に保育園の建設を断念した、千葉県の例も報道されました。

 いずれにせよ少子化に逆行した現象なので、行政も投資家も対

 応に苦慮しますから一朝一夕に解決できないと思います。

 子供は親や祖父母に面倒を見て貰った方が幸せです。

 社会的な変化でそれが出来なくなりつつある訳ですが、その弊害

 が表面化するのは何年も先です。 単に待機児童を無くせば良い

 と云う問題ではないと思いますが。 それとも 「日本 死ね」 と言う

 母親に育てられるよりマシでしょうか。

 

   0413
   シラン 今年は紫のより白が目立つよ。

« 起伏 | トップページ | 憎っくきシカ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63482679

この記事へのトラックバック一覧です: 待機児童 V1.0:

« 起伏 | トップページ | 憎っくきシカ »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ