« 真っ赤っか | トップページ | 誕生日 »

2016年5月26日 (木)

鹿の次は猿

happy01オープン予定 

 今日 木曜日(26日)AM、明日 金曜日(27日)PM (SSM4)

・昨日も県道筋の鹿避けネットの設置工事をやりました。

 夕方4時過ぎに雨がポツポツ来て、作業を切り上げる切っ掛け

 になりました。 結局8割位の距離のネットを張り終えました。

 3日間連続で作業したので、参加者の皆が疲れ気味です。

 でも本当は、疲れと云うよりはストレスだと思います。

 皆が他の用事や仕事の都合を遣り繰りして、共同作業に参加

 しています。 農家の方も梅の収穫など作物主導の作業が

 目白押しです。 今日は天気が悪くなる予報でしたので、共同

 作業を一旦中休みすることになりました。 その間に不足部品

 を追加手配するなどの時間も稼げます。

 私の場合はストレスではなく、単なる肉体的疲労とテレビの録

 画が溜まる一方でHDDの容量が残り少なくなっている問題があ

 り、中休みは大変有難く感じています。

・月曜日の作業が終わった夕方、 T さんがその日に釣ったカツオ

 を捌いて振る舞ってくれました。  T さんは自他ともに認める準

 漁師ですから、海に出られる天気の時は優先的に漁に出ていま

 すから、せめて共同作業のメンバーの労を労おうと云う気遣い

 です。 T さんちの庭先で、7人がノンアルコールビールと刺身を

 頂きながら談笑しました。 その時に農家の方から出た話に少し

 面食らいました。

 まだ、鹿避けネットの大変な仕事が残っているのに 「次は猿対策

 の電柵を設けたい」 と言ったんです。 以前から猿による被害は

 耳にしていました。 しかし猿は空中を飛ぶので防護柵や保守、

 それから雑木の枝打ちなど大変なのが分かっていましたから、

 農家の方もてっきり諦めているのかと思っていました。

 猿は稲になった米を手でしごいて食べるんだそうです。またそ

 の時に他の稲も踏み倒して、稲刈りが出来なくなってしまうとの

 ことです。

 その農家の方は他人の田んぼを預かって耕作しています。

 もし、猿の被害がひどいと収穫と収入に影響し、耕作意欲が無く

 なるので地主に田んぼなどを返すことになるが、元々耕作者が

 居なくて頼み込まれた経緯があるので、手を引いたら耕作放棄

 地になるのは目に見えている、との話でした。

 確かにその通りです。 耕作のモチベーションが無くなったら、

 地域の農地が草ぼうぼうになってしまいます。

 言われてみればもっともな事ですが、そこまで深刻に考えたこと

 が無く、猿の被害がやむを得ない損害の範囲に収まっているん

 だろうと言う位にしか認識していませんでした。

・私は以前から思っていましたが、有害獣による農作物の被害は

 ロスの割合や程度ではなく、丹精を込めた作物を獣に横取りされ

 る悔しさや無力感が根本的な問題だと云うことです。  

 現実には予算面などに限りがあり、猿対策の具体化は相当困難

 だと思いました。 何より私には同時にいくつもの問題を考えるこ

 とはできません。

 その旨冗談めかして言って、取り敢えずはぐらかしました。 

 

   0525
   アジサイ  変な奴がひょっこり顔を出した、突然変異かな。

 

« 真っ赤っか | トップページ | 誕生日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63683305

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿の次は猿:

« 真っ赤っか | トップページ | 誕生日 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ