« 世間は連休 | トップページ | 想像力の問題 »

2016年5月 3日 (火)

何故かウキウキ

happy01オープン予定 

 木曜日(5日)AM  (SSM4は今週休み)

 今週も釉掛けができます。

・昨日の午前中は新人さん二人の教室でした。

 管理人しげやんが昨日ばかりは 「先生」 に変身して、二人に

 釉掛けを教えました。 人に教えると自分の経験の浅さを思い

 知らされます。 生徒の皆さんは 「本焼きを急がなくてもイイで

 すよ」 と気遣ってくれますが、釉掛けが終わると一刻も早く完成

 具合を見たくなるのが人情です。 釉薬の選択など私も色々アド

 バイスしたりしていますから、待ち遠し気持ちは同じです。

 まだ窯の中はガラガラで、あと何人5月の教室に来てくれるかが

 見えないので苦戦しそうですが、なるべく早く本焼きしようと思い

 ます。

・午後からは、環境組織で計画している鹿避けネットの部材の見

 積もり依頼の為に、代表と二人でJAに行ってきました。

 ここ1週間くらいその関係で忙しい思いをしましたので、一区切り

 がついたせいか、午前中の若いお姉さん方のフェロモンのなせ

 る業なのか、気持ちが妙にウキウキし、帰りがけにスーパーで

 寿司弁当を買って来て、贅沢なビールで晩酌までしました。

・私が教室をやっている午前中に、地元の小学生14人の田植え

 実習があり、5名の役員さん達が対応してくれました。

 随分以前から私たちの地区の農家が、学校の要請を受けて実

 施しています。 しかし地区の農家の子供が小学校を卒業をし

 て久しく、奉仕の要素が大きいこの作業に疑問をもつ声が、

 役員会でも出るようになっていました。

 一番の問題は 「どこまで深く子供たちに稲作の大変さや、意味

 を教えるか」 です。 私は田んぼの感触や作業などホンのさわ

 りを体験させることが、目的なんだと軽く考えていました。

 しかし子供たちが体験する田植えや稲刈り以外の、苗作りから

 始まる肥料やり、草取り、水の管理など実際の手入れをやって

 いる耕作者にしてみれば、中途半端な教育は疑問に思わざる

 を得ません。

 何はともあれ、今年も無事に実習が出来ました。

 「学校から他所の地区に交渉して貰え」 などの声も出ましたが、

 こうして善意で動く人が、この地区に居るのは何となく誇らしく感

 じます。 子供たちが一番盛り上がるのは、田植えを終えた後の

 泥落としの名目の開水路に入っての水遊びです。 昨日は最高

 に暑かったのできっと大喜びだったと思います。

  0502
  小学生の田植え、今年は指導が良かったのか整然としています。

 

« 世間は連休 | トップページ | 想像力の問題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63570895

この記事へのトラックバック一覧です: 何故かウキウキ:

« 世間は連休 | トップページ | 想像力の問題 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ