« モグラたたき | トップページ | 原発撤退も大変 »

2016年6月 6日 (月)

熊本の子供

happy01オープン予定 

 今日 月曜日(6日)クローズ、木曜日(9日)AM & PM (SSM4)

・前日に張った新品の鹿避けネットが、翌日には鹿に噛切られ

 て穴が開いていました。 県道の山裾と中央部の丘の裾の2方

 面共にですから犯人(?)は別々です。 田んぼにも踏み込ま

 れてしまいました。 昨日の朝はそれの補修でした。

 20m位の丈夫な紐にカーテンみたいになったネットをぶら下げ

 るだけですから短時間で終わります。 鹿に破られたネットはコ

 メリで普通に売られている細手の16cm目の物です。

 必死になった鹿には敵わないようです。 昨日の補修は、破られ

 たネットをそのままにして、10cm目の太手の網を二重に張り足

 しました。 さてどうなる事やら、今朝のチェック結果に注目です。

・もう1カ月位前のテレビのニュースで、 「熊本地震の避難所の

 53%の子供が、怖がって親から離れたがらない」 と伝えていま

 した。 ネットで見るとその他に暴力的になったり、ストレスの影

 響で色んな症状も出ているようです。

 以前は被災した子供や避難所の子供の様子が、それ程報道さ

 れることは無かったと思いますが、東日本大震災以降は広い観

 点で報道されるようになったと思います。

 通常であれば親や周囲の人達に、色んな意味で保護されてい

 るので表面に出てくることはありません。 しかし大災害の時は

 大人達や身辺の状況が極端に悪化するので、ともすれば子供

 達の庇護が後回しになります。

 最近はこのようにニュースでも取り上げられ、また精神面のケア

 の重要性が認識されるようになってきたので、対応が進歩してき

 たと云えると思います。

・53%と云う数字入りのニュースを聞いた時、私は残りの47%の

 子供との差は何なのか、どちらの子供が人間らしいのだろうか、

 痛みを知っている人ほど他人の気持ちがよく分かると云います、

 将来的に社会人として独立して強く生きるのはどちらの子供だ

 ろうか、育て方に差があったのだろうか、などと考えました。

 子供の状況に着目されるようになって、まだ日が浅いでしょうか

 ら統計的なデータはないでしょう。

 北海道で無事保護された男の子、ちょっとやんちゃのようでバイ

 タリティーもあります。 きっと47%の類だと思います。

 いずれにせよ、53%の子供達には大人たちやプロによる適切な

 ケアが必要です。 その過程で47%の子供達との差が分かるか

 もしれません。

 

  Photo
   トラノオ いつだったか道端から採ってきた奴だな。

 

 

 

« モグラたたき | トップページ | 原発撤退も大変 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63736772

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本の子供:

« モグラたたき | トップページ | 原発撤退も大変 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ