« イイ子でいるのは | トップページ | 無駄遣い »

2016年6月20日 (月)

カビ対策

happy01オープン予定 

 今日 月曜日(20日)AM、木曜日(23日)AM

     金曜日(24日)AM (SSM4)

・NHKテレビの 「ガッテン」 でカビ対策をやっていました。

 日本の気候だと、どんな場所でも大量のカビの胞子が空気中を

 漂っているそうです。

 適度の湿度など、それらの胞子が根付きやすい環境があると目

 に見えるカビに成長するそうです

 番組では主に風呂場のカビ落としについて解説していました。

 一般的には、漂白剤スプレーなどのカビ除去剤を使っているでし

 ょう。 それは良いのですが、多くの人が完璧を期するために更

 にブラシなどでゴシゴシ擦っていると思いますが、それが逆効果

 だそうです。擦る事によってパッキンなどの表面に傷が付いて、

 カビが生え易くなってしまうそうです。

 念入りにやる事が逆効果だとは、私もそうですが知らないと損を

 してしまいます。 スプレーなどのカビ除去剤の効果は極表面だ

 けなので、奥のカビは生き残っているそうです。 奥と云っても

 零点何ミリの話です。 そのカビを殺す効果的な方法は少し高

 い温度に晒すことだそうです。 奥のカビを殺すには50℃のシ

 ャワーを90秒掛ければ良いそうです。 カビが死んでも黒い汚

 れのままですから、カビ除去剤で漂泊することは必要です。

 普段の予防は一週間に一度50℃のシャワーを10秒間掛けれ

 ば良いそうです。 なお、天井に向かってお湯を掛けるのは危険

 なので、スポンジに除去剤を付けて拭く方法を勧めていました。

 天井は目地も無く、平らなのでそれで大丈夫でしょう。

 エアコンは冷房動作で結露するので、内部がカビの温床だそう

 です。 最近のエアコンは冷房停止時に送風モードで1時間位

 動いて乾燥させるそうですから、古いタイプは手動で同じことを

 やれば防げるそうです。

・50℃位の温度でカビが死ぬとは、目から鱗です。

 中流のホテルのバスでも、隅などは黒いカビがチラホラでした

 からそう云うものだと諦めていました。

 私の場合は、イザとなったら目地シールやコンパウンドをやり変

 えればいい位に思っていました。

 でも、それをいつやるかが問題ですね。

 長い人生でまだ2・3回位しかやったことが有りません。

  0619
  雑草の間から鉢植えのバラが顔を出していたよ。

  気付いた次の日には散っていた。 主が居ないと可愛そうだな。

« イイ子でいるのは | トップページ | 無駄遣い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63802514

この記事へのトラックバック一覧です: カビ対策:

« イイ子でいるのは | トップページ | 無駄遣い »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ