« 日置川の民泊体験 | トップページ | モグラたたき »

2016年6月 4日 (土)

窓が開けられない

 bleah 今週の教室終了

・朝起きて窓を開けようとしてびっくりしました。

 小さな虫の大群が庭先を飛んでいました。 

 一昨日の午後の教室をやっている時も、バケツの水の中に

 何匹も浮かんでいたり、目の前を飛んだりしてイライラさせら

 れました。 体長3~5ミリ位で網戸が役に立ちません。

 生徒さん達から色々な虫の名前が出ましたが、私に分から

 ない虫の名前ばかりでした。

 私が知っている小虫はブヨまたはブユだけでしたが、その名

 前を言っても地元の生徒さんには通じませんでした。

 もう一つ言葉で知っている 「雲霞(ウンカ)」 を言ってみました

 が、皆キョトンとしていました。 ネットで調べたらウンカはイネ

 に付く虫で季節的にも全く的外れでした。

 ブヨと違って人を刺すことは無いのでその点は安心ですが、気

 持ちが悪いものです。

・夕方に小虫の塊が一時的に飛んでいるのは何回か見たことが

 ありますが、昼間から長時間の現象は記憶がありません。

 昨日は折角天気が良かったのに、窓を開けて家の風通しが出

 来ずに残念でした。 窓に止まった虫をマイクロスコープで写真

 を撮り、ネットで調べました。 「ユスリカ」 のようです。

 この名前は渓流釣りではお馴染みです。 イワナやヤマメの餌に

 なる虫です。 家の近くに日置川が流れていますからその関係か

 と疑いましたが、生徒さんの話だと隣のすさみ町でも同じ状態の

 ようなので、川よりも天候が原因で大量発生したのかもしれませ

 ん。 でも、異常な大量発生をすると云うことは、ユスリカを餌に

 している天敵に何等かの変化があったかもしれません。

 自然界のバランスが崩れるのは怖いことです。

 朝群舞していた虫も日差しが強くなるに従って、数がパラパラに

 なり、洗濯は普段通りに出来ました。

 小虫にはイラつきましたが、同時に 「ブログネタだ」 と飛びついた

 自分が居ました。

・北海道で行方不明になった少年が無事発見されました。

 諦めかけていたので、最近には無い嬉しいニュースです。

 自衛隊の施設管理のお粗末さなんてどうでもイイことです。

 結果良ければ全て良しです。

 

  Photo
   ガラス窓に止まったユスリカ、足を含んだ体長が3ミリです。

« 日置川の民泊体験 | トップページ | モグラたたき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63726507

この記事へのトラックバック一覧です: 窓が開けられない:

« 日置川の民泊体験 | トップページ | モグラたたき »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ