« 変な日 | トップページ | 寝て また寝る »

2016年8月13日 (土)

お盆に思う

happy01 陶芸教室は8月一杯夏休みです。 

   完成作品の仕分けが終わりましたので、引き取りが出来ます。

   (来訪時は私の在宅を一応確認してください)

・ついでが有ったので、国道近くのスーパーに買い物に行きました。

 世間はお盆休みだったんですね。 日置川の河原にも川遊びの

 グループが4~5組来ていました。 スーパーの駐車場も他府県

 ナンバーの車が1/3位あり、まだ3時過ぎでしたが店内は品薄

 で空っぽの棚が目立ちました。 他所の客の買い物だけでは

 なく、帰郷組をもてなすための食材も相当に売れたと思います。

・妻を急に失った私にとって世間が賑やかであればある程疎外感

 にさいなまれます。 妻が逝って1年半以上経つのに、未だに

 色んなシーンが妻に繋がってしまい、情けなく感じます。

 親子3代が楽しそうにする様子など、私たちもちゃんと通過して

 来た道ですから、それ程悲観するいわれはないとは分かっては

 いるのですが、条件反射的な感情なので手の打ちようがありま

 せん。

・妻の 「どっか行こうよ」 と云う声が頭の中で響いています。

 そう云うことには気が合い、私の気持ちも完全に同化していま

 した。 ですから、そのムズムズ感が二人のものなのか、私だ

 けのものなのか定かではありませんが、多分私のですよね。

 問題は、その 「どっか」 がなかなか浮かばないことです。

 チラッと浮かんでも次の瞬間、隣に妻が居ないことに気付いて

 振り出しに戻ってしまいます。

・退職後の人生を第二や第三の人生と云うようですが、結婚を

 第二の人生とするならば、第三の人生と云うべきでしょう。

 そして、妻に先立たれた私は第四の人生を歩んでいることに

 なります。 その第四の人生の構想がいまだに浮かばないまま

 月日が過ぎて行きます。

 今までみたいな快楽主義は成り立ちません。

 若い頃論じた 「何のために生きる」 と云う疑問も再燃します。

 感情を押し殺し、五感を鈍くして生きることを、 「息を殺して暮す」

 と言いますね。 自己防衛の手段だと思いますが、それが一番

 現実的な対応です。

 幸い私の場合はそれに加えて、心の中の 「妻と共にある」 という

 感覚が支えになっているようです。

 いつまでも女々しい感じがしますが、時間感覚も狂っていますか

 ら仕方がないです。

・耐えられない寂しさで自分が壊れつつあるのかな、と少し恐れてい

 ましたが、ブログを書くうちに気持ちが整理されました。

 要は 無理をせず、背伸びをせず、少々崩れても良しとする です。

  0808
   大分前に咲いた気がするけど オシロイバナ だっけ?

« 変な日 | トップページ | 寝て また寝る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64049802

この記事へのトラックバック一覧です: お盆に思う:

« 変な日 | トップページ | 寝て また寝る »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ