« 教室が大事 | トップページ | 今晩 暇? »

2016年8月 2日 (火)

都合が良い錯覚

happy01 陶芸教室は8月一杯夏休みです。 

   まだ窯出ししていません。(アツアツです)

・一昨日、汗だくになって窯炊きしたので昨日はゆったり過ごし

 ました。 なかなか空いた日が無く、延び延びになっていた床屋

 に行ったついでに、田辺でショッピングと洒落込んできました。

 ショッピングと云っても例の百均と日曜大工店です。

 歳のせいでしょうか、何か目的のことを1・2個すると妙な達成

 感と云うか、テーマを果たした気分になって、その後は決まっ

 てのんびりしてしまいます。 そんな状態を特にイラつくことなく

 受け入れています。

 窯焚きも終わって夏休みに入り、アユ釣りに行きたい気分なの

 ですが、仕掛け作りなどが終わっていません。 今の第一優先

 のテーマです。(その他のテーマは草引きや剪定などで・・・・・・)

・夕食の洗い物は妻の生前から私の担当でした。

 毎日洗い物をしながら、奇妙な感覚を楽しんでいます。

 私の現役時代は洗い物は妻がやっていましたから、それは妻の

 仕事だと潜在意識に強く刷り込まれています。

 こちらへの移住や私のプータロー生活を切っ掛けに洗い物が私

 の担当になりました。 そして洗い物をやっている私の頭の中で

 は 、妻を楽にするために 「やって上げている」 と常に意識してい

 ました。 本当はそうではなく当たり前の事なんですが、昔の人間

 の私としてはそんなものでした。

 妻が逝った現在は、それこそ自分の為だけの洗い物です。

 しかし頭の中は以前のままですし、手を動かしている時は無心

 ですから、妻が生前と同じように作業場で仕事をしているとか、別

 室のパソコンでブログをカタカタ入力しているような錯覚をします。

・妻が逝ってから1年半以上も経つのにしようがないなと思いつつ、

 洗い物を担当していて良かったなと、つくづく思ってもいます。

 そんな錯覚と云うか勘違いを楽しんでいるんです。

 ホンの短い時間ですが、穏やかな気持ちでいられるんです。

・私が洗い物をし始めた直接の切っ掛けを思い出しました。

 引っ越しの時に持ってきた食洗器を、妻の要望で従来の家の時

 と同じように、流し台の下に据え付けました。

 しかし、私には 「田舎には食洗器は似合わない」 と云う変なこだ

 わりがあり、また食器をセットしたり取り出す手間を考えたら、

 時間的にも手洗いとあまり変わらないのではないかと感じていま

 した。 そんな経緯で俺が洗うよと云うことになったんです。

 勿論、食洗器に入らない鍋釜などの道具類も一式です。

 また、折角苦労して配線配管した食洗器はいつでも使えますが、

 専用の洗剤が見当たりません。

 

  Photo

   キンミズヒキ  雑草らしからぬ葉っぱだったから、抜かずに

  置いたらヒョロヒョロと1mも伸びた先端に、渋い花が咲いたよ。

  これもアチコチに出てきているぞ。

 

« 教室が大事 | トップページ | 今晩 暇? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63999291

この記事へのトラックバック一覧です: 都合が良い錯覚:

« 教室が大事 | トップページ | 今晩 暇? »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ