« 寂しさとは | トップページ | リズムがちょっと »

2016年8月21日 (日)

どこまで話すか

happy01 陶芸教室は8月一杯夏休みです。 

   完成作品の仕分けが終わりましたので、引き取りが出来ます。

   (来訪時は私の在宅を一応確認してください)

・昨晩は珍しい客を招いて食事しました。

 私が借りているお隣の畑の持ち主の Oさんです。

 現役で会社勤めされている方で、長期の休みの時に実家に戻

 って来られ、家の風通しや家周りの雑草引きなど手入れをされ

 ています。 家は母親が亡くなって7年位経ち普段は無人です。

 盆休みの前半は、お孫さん達のお相手ですっかり疲れた様子

 ですが、実家に来たら気分的にはマイペースですが、草引きや

 剪定などで肉体的には休まりませんから、大変だと思います。

 何年か前のお盆休みに、私達の子供や孫たちとのバーベキュー

 に妻が招いたのを切っ掛けに気軽に話をする仲になりました。

  Oさんはちゃんとした家族がありますが、こちらに戻って来た時

 は自炊したりして、やもめ暮らしです。

 今回は一泊位しか出来ない忙しい日程でしたが、お互いビール

 や焼酎さえ有れば、つまみなどのおかずは適当で構わない、似

 たもの同士だと分かっていましたので、気軽に声を掛けました。

 前日に釣ったあゆの塩焼きや、畑から収穫したナスを焼いたり

 枝豆を茹でたりすれば、何とか形になるんじゃないかと適当でした。

・アルコールが回って来るに従って口が軽くなり、普段人に話した

 ことも無いような突っ込んだ話もします。

 歳を取ったせいでしょうか、以前だったら他人には話さないような

 自分の心情についても口を衝いて出ます。

 若い頃は、人に話す限界線がはっきりしており、相手によってそれ

 が変わるようなことはあまり無かったように思います。

 今ではごく自然に、話す相手によって加減している自分が居ます。

 通り一遍の会話で終わるか、相手に理解や慰めを求めて相当

 深い話をするか、両極端になった気がします。

・どうしてそのようになるか、理由は簡単ですね。

 歳を取ると共に、自分が守らなければならないものが減り、また

 他人を見る目が肥えて、自分が心を開けば相手もそれに応えて

 くれるかどうかの、見極めがつくようになるんですね。

 それにしても Oさんはお酒にとても強く、ビールや焼酎を同じ調子

 で飲むととても酷い目に会います。 

 予めストップラインを意識してはいたんですが・・・

  0820
   稲刈りが始まったよ。 

   一日中コンバインの音があちこちに響いて、賑やかだよ。

« 寂しさとは | トップページ | リズムがちょっと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64088111

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで話すか:

« 寂しさとは | トップページ | リズムがちょっと »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ