« グランピング | トップページ | 教室が大事 »

2016年8月 1日 (月)

施工ミス

happy01 陶芸教室は8月一杯夏休みです。 

   昨日、本焼きが終わりました。 窯出し日は未定です。

・施工ミスとは、スズメバチの巣作りの話です。

 木曜日に、男性の生徒さんのKさんに巣を見せようと、現場に

 案内したのですが直前まで有った巣が見当たりません。 

 下を見たらどう云う訳か地面に落ちていました。 まだ蜂が何匹 

 か興奮して飛んでいました。 ハチ撃退用のスプレーをKさんに 

 渡して、私はそうそうに離れた場所に避難しました。

 結局、Kさんが棒で巣を突っついてスプレーが効く形にしてから

 巣にスプレーを掛けて、ハチが寄らないようにしてくれました。

・いつ巣を処分するか、気持ち的に負担になっていたので大助か

 りでした。 それにしても風が特別強い日でもなかったのに、

 なぜ巣が落ちてしまったのか謎です。 

 もうスズメバチも居ないだろうと、昨日やっと巣の残骸などをじ

 っくりと見ました。 外観は立派でしたがまだ作り始めたばかり

 のようで、意外とペラペラの作りでした。 この巣を見た時の

 第一印象が 「変な所に作った」 でしたが、案外その通りで細過

 ぎる枝に作ったのが無理だったのかもしれません。

 また推理を逞しくすると、巣の直ぐ近くに熟したラズベリーの実が

 有りましたから、それを食べに来たアナグマが犯人かも知れません。

・アナグマを飼っている訳ではありませんが、時々庭に来てはミミズ

 目的であちこちを掘り返して行きます。

 また縁側に上がって来て、ガラス戸越しに居間の中を覗いていた

 こともあります。 人間の居住区で獣が生き残るのは大変です。

 人懐こい割には、罠などの危険察知の能力に長けた奴かもしれ

 ません。 私を無害の奴と見切っているようです。

・好奇心旺盛なKさんに救われましたが、聞けばつい最近 足長蜂

 にさされたばかりとのことです。 巣に近づくのを奥さんが一生

 懸命止めようとしていましたが、それを無視するKさんの背中が

 悪戯っ子のようで、微笑ましい光景でした。

  Photo
   壊れた巣を回収しました。 巣が付いた枝の太さは3mm位です。

Photo_2
  アナグマ  30cm位の所にカメラを持って行っても平気です。

 

 

« グランピング | トップページ | 教室が大事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/63994463

この記事へのトラックバック一覧です: 施工ミス:

« グランピング | トップページ | 教室が大事 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ