« みんな元気 | トップページ | カーナビ頼み »

2016年9月 3日 (土)

凄い佛子園

happy01オープン予定 

 今週 今のところ予約なし  ∴今週終了

 いよいよ創作の秋の始まりです。

・昨日の午前中は、環境組織の仕事で小学生の稲刈り実習や、

 獣害防止柵の材料調達で走り回りました。

 それらを自分への言い訳にして、午後は昼寝などでボーっと

 過ごしました。

・テレビのドキュメンタリー番組の録画を見て感動しました。

 最近はなかなか素直な気持ちになれず、勘繰ったりして感動

 することは滅多にありません。

 8月12日の 「カンブリア宮殿」 です。 「ごちゃ混ぜの街作り

 で地域活性!金沢発!注目コミュニティ」 です。

 歩いて5分位で一周できる広さの 「シェア金沢」 です。

 ごちゃ混ぜとは、高齢者(半数以上、32戸)、学生(8戸)、

 障害者(30人用入居施設)の住宅など、70人が暮らす園です。

 その他にレストラン、天然温泉、クリーニング店、売店、マッサー

 ジ店、カフェバー、キッチンスタジオ、ウクレレ教室、ドッグラン、

 アルパカ牧場があります。 これだけの施設が有って東京ドーム

 より少し狭い位だそうです。

 2年前に奥さんに先立たれた74歳のやもめさんが入っていまし

 たが、家賃や維持費を入れて月に12万円だそうです。 その人

 は園内で週2日のヘルパーに近い仕事をして、多い時はひと月

 100時間で7万円の収入が有るそうです。

・興味深かったのは、菜園で野菜などを作る高齢者の生活風景で

 すが、感動したのは障害者と認知症のお婆さんの話です。

 両者が触れ合うことで驚くような現象がありました。

  「シェア金沢」 の原点の施設 「西園寺」 でのことです。 

 首が殆ど動かなかった障害者の青年が、お婆さんが差し出すス

 プーンのゼリーを食べるために2週間後には少し動くようになり、

 手が震えていたお婆さんの震えが止まり、私が行かないと青年

 が死んでしまうと積極的に園に通うようになったそうです。

 障害者の雇用の場を上手に作り出したり、人同士の繋がりを作

 るシステムが素晴らしいんです。

 また、東日本震災の被災地の復興にも影響を与えています。

・行政関係者など年間600団体以上の見学者があるこの施設は、

 若い頃、海外青年協力隊で行ったドミニカでカルチャーショックを

 受けた、お寺の住職の雄谷良成(おおやりょうせい)さんが経営者

 で、社会福祉法人 佛子園の理事長です。

 活動の幅も広く、似たコミュニティを建設中で更に拡大中です。

 地元の銀行が11億円も損得抜きで融資するなど、美談が

 山盛りでした。

・金沢には何回も行っていますが、妻と行った最後の旅行先にな

 った場所です。

 「金沢」 の文字が気になっていた録画でしたが、てっきり北陸新

 幹線がらみの観光の話かと思ったら、案に相違しました。

  「シェア金沢」 みたいなコミュニティに縁があったら入りたいで

 すが、陶芸教室は・・・。 寝食の場としてのコミュニティですね。

  0902
   小学5年生16人の稲刈りです。

  写真では分かりませんが、トンボの群舞が凄かったです。

  飛び立つ虫を食べに寄って来るんだそうです。

 

 

 

 

« みんな元気 | トップページ | カーナビ頼み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64147882

この記事へのトラックバック一覧です: 凄い佛子園:

« みんな元気 | トップページ | カーナビ頼み »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ