« 強行採決 | トップページ | 時の流れに 身を任せ »

2016年10月24日 (月)

当然の答え

happy01オープン予定 

 今日 月曜日(24日) クローズ

     木曜日(27日) AM & PM 、 金曜日(28日)PM

 今週も釉掛けができます。

・昨日は雨は降りませんでしたが、はっきりしない天気で苦手な

 一日でした。 前日からの続きで環境組織の会計関係の事務

 仕事をやり、日当等の支払いで夕方に20軒近くの家を回りま

 した。 地区を時間を置いて2周しましたが、在宅率は70%程

 度でまずますでした。

 少し前までは夕方6時はまだ明るくて、外の仕事をやっている

 人を多く見かけましたが、昨日あたりの6時には周りがすっかり

 暗くなり、今年のカレンダーがペラペラになった事や、冬の到来

 を嫌でも思い起こさせられました。

・Yahooニュースで読売新聞のニュースを紹介していました。

 タイトルは 「廃炉費負担、原発事業者に責任…新電力は除外

 へ」 です。 当然の結論です。 こんな分かり切ったことなのに、

  産経は新電力も負担すべきだと反対意見を主張していますか

 ら、不勉強なのか圧力なのか理解に苦しみます。

 読売の記事は 「経済産業省は、運転を終了した原子力発電所

 を解体する廃炉費用について、原則として、大手電力などの原

 発事業者に自ら工面させる方針を固めた。」 また 「廃炉費用は

 現在、国が認可する規制料金となっている大手電力の小売料金

 に上乗せされている」 とあり、この規制料金が2020年に廃止

 されて完全自由化されるのが今回の動きの切っ掛けのようです。

 更に記事には 「原発を解体して安全な状態にする廃炉には、

 1基あたり300億~800億円規模の資金が必要となる。原発を

 運転する事業者は、廃炉作業のために「原発施設解体引当金」

 の積み立てが法令で義務づけられている。」 とあります。

 企業として先を見越して必要な費用を積み立てたり、留保金を持

 つのは当たり前のことです。 なぜそんなことまで法令で義務付

 けするのでしょうか。 政府のお金を当てにするなよと釘を刺して

 いるのでしょうか。

・商品としての電力の料金には、燃料代、維持費、人件費などが

 総べて含まれている筈です。 「廃炉の費用が掛かりますので

 料金の上乗せを」 と、借金の取り立てみたいなことを言われたら

 反発したくなります。 常識外れです。

 今まで散々 「原発は安上がり」 だと言っていたんですから。

・もう一つ目を光らせていなければならないことがあります。

 今回の一事をとっても、廃炉が如何に大変かが察せられます。

 それを決定したり、責任をもつ人達があと何年その立場に居る

 かです。 人は誰でも自分が引き継いだ形を踏襲する方が楽

 です。 もし、「自分の任期中は波風を立てずに従来路線で」 と、

 考えてしまうようなことがあったら、怖くありませんか。

 原則40年の稼働期間が一気に20年延長されようとしています。

 その頃は、大概の人は異動したり退職していますよね。

  1023
    ノギク  名前を調べたけど分からなかった。

  直径1cm位の小さな花で、丈は50cm位で天辺が分かれて

  3~4個の花が咲いている。 葉っぱは笹型で対生みたい。

  花弁が糸みたいに細いから、ヒメジョオンに似ているんだけど?

« 強行採決 | トップページ | 時の流れに 身を任せ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64389843

この記事へのトラックバック一覧です: 当然の答え:

« 強行採決 | トップページ | 時の流れに 身を任せ »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ