« 刺激が欲しい | トップページ | 白紙の領収書 »

2016年10月13日 (木)

炎上

happy01オープン予定

 明日 曜日(13日)AM & PM (SSM4)

     土曜日(15日) クローズ(一五市出店)

・東京で地下の電力ケーブルが燃えて、大規模の停電が有った 

 ようですが、その炎上ではなくネット上の炎上話です。

 Yahooニュースで、「”残業100時間で過労死は情けない”とす

 るコメントを武蔵野大学(東京)の教授がインターネットのニュー

 スサイトに投稿したことについて、同大学が10日、謝罪した。

 7日に電通の女性新入社員の過労自殺のニュースが配信され

 た時間帯の投稿で、ネット上では”炎上”していた」 と云う記事で

 す。 実を云うと私も初めてこの記事を読んだ時、やはり100時

 間位の残業で?と同じように感じていました。

 昨年のクリスマスに自殺された24歳の女性が、今回労災に認定

 されたニュースが流れたのが切っ掛けです。

 本人のツイッターが9日から非公開になったのではっきりしませ

 んが、確か毎日2~3時間しか眠れない日が長く続いたようです。

 ですから、残業時間の数字以上に自宅に持ち帰った仕事の負荷

 がべらぼうだったと思います。 また、休日も無かったようです。

 私が現役の時、多忙時は月に200時間を超える残業をしたこと

 もあります。この200時間は、深夜残業の翌日の勤務が残業と

 して計算され、当然休日出勤も含んだ数字です。

・月に100時間と云うことは、休日出勤を4回で40時間とすると

 20日間の実働日に毎日3時間の残業と云う勘定になります。

 社宅住まいだったようですが、毎日夜9時過ぎの帰宅だったので

 ないでしょうか。 それから食事などをして、持ち帰った仕事を深

 夜までやっていたら、精神的に追い込まれることは確かです。

 視野が狭くなり、明日への希望も見えなくなります

 炎上した投稿者の大学教授は、多分単純に数字だけを見て判断

 したのではないかと思います。

 実際には、苦労してやった仕事が全く評価されなかったりして

 パワハラもあったようです。

・日本では言論の自由が有りますから、意見を云うのは自由です。

 しかし、名誉棄損などの法に触れることは勿論、誹謗中傷や

 悪口はご法度です。 弱者には特別な配慮が必要です。

 その一線を超えないように、炎上者や点火者は要注意ですね。

 それにしても将来性がある若者が、追い込まれて自ら命を絶つ

 職場ってどうなっているのでしょう。 1991年にもあったようです

 から恐ろしい職場なんですね。

 私が働いていた職場では、上司のフォローも同僚の温かい目も

 ありました。 それから労働組合もちゃんとありました。

  1012
       ニオイバンマツリ

  今頃一輪だけ咲いている、どこにも変わった奴がいるよな。

 

« 刺激が欲しい | トップページ | 白紙の領収書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

過労死ですね。この問題は現在も非常に深刻ですね。私たちが現役の頃、世は「モーレツ社員」などと言ってある種の美徳のように考えられている側面もありました。今はもうそれは多分無いのでしょうね。私自身も「11PM]を見ながら夕食を摂る生活が10年以上も続き、肉体的にも、精神的にも限界だった時代を経験しました。そして多くの大切なものを失いました。しかし、そんな時代を経験すると仲間の絆やある種の自信が身につくようにも思います。しかし、それは生き残ったからであって、死ねば終わりであり、やはり失ったものの方が多いように思います。明後日、その当時の仲間と集まって一杯飲みの会があります。それは戦友たちであり、敗軍の仲間たちで傷を舐めあうようにも思うのです。

私は失ったものにも気付きませんでした。
娘の作文に「父さんはいつも寝ている」と書かれて苦笑いした程度です。
形容詞で死ぬほどと云う言葉があります。形容詞のままで留めなければいけませんよね。戦友ですか。いいですね。
私はメールや年賀状のやり取りをする程度です。
今日、電通へ強制捜査が入りました。失った命は戻って来ませんが、今度こそ再発はして欲しくないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64339480

この記事へのトラックバック一覧です: 炎上:

« 刺激が欲しい | トップページ | 白紙の領収書 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ