« 見応えあり 君の名は | トップページ | 当然の答え »

2016年10月23日 (日)

強行採決

happy01オープン予定 

 今週 月曜日(24日)予約待ち

     木曜日(27日) AM & PM 、 金曜日(28日)PM

 今週も釉掛けができます。

・前日に田辺まで出かけて映画鑑賞などをして、十分に気分転

 換したお蔭で昨日は身体が良く動きました。

 朝は近所の知人から柿を取りに来るように声が掛かったので、

 バケツを片手に駆けつけました。 とんでもない数を貰って欲し

 そうでしたが、当方は独り身ですから遠慮して20個位にして貰

 いました。

 その後は一日中環境組織の会計の仕事で、メンバーへ支払う

 日当などの領収書作成や現金の袋詰めをしました。

 夕方6時頃までに終えて各戸配付するつもりでしたが、現金の

 勘定が合わずに間に合いませんでした。 今日に持ち越しです。

 お札を細かいお金に崩す両替え処理を間違えたために、お金

 が余ってしまったんです。 崩す依頼側と受け手の一人二役を

 厳密にやっていたつもりが、この体たらくです。

・山本農林水産相がパーティーでの失言を追及されています。

 TPPの承認案を審議する衆院の特別委員会での、強行採決

 の見込みについて口を滑らしたんですね。

 このニュースを耳にした当初は辞任がどうのこうのと、なぜそん

 なに大事になるんだろうと不思議でした。

 一党支配下での強行採決は戦術の一つとして当たり前で、何

 回もやっていますから、そんなに責められることではない筈です。

 しかし強行採決されると分かっていたら、野党は真剣に討議する

 気になりませんから問題なんですね。一方法案を期日まで成立

 させたい与党にしてみれば、民主主義の前提の 「お互いが納得

 するまで議論」 するには事情が許しません。

 この辺りの事情は双方とも分かっています。 分かっていても口

 に出してはいけないんですね。 この強行採決の失言では先月

 も自民党の福井衆院議員が衆院TPP特別委員会理事を辞任し

 たばかりですから、強行採決が余りにも普通のことだったと分か

 ります。 しかし、そうであっても安倍首相のように 「我が党にお

  いては(1955年の)結党以来、強行採決をしようと考えたことは

 ない」 と、皆が苦笑いしてしまうようなことを堂々と言える心臓を

 持っていないと駄目なんですね。

 正直な政治家は、発言には人一倍注意が必要です。

・それにしても国会や委員会で、金銭に関する不正、人事、運営

 に関する追及などに費やす時間が長過ぎませんか。

 議員さんへの給料(歳費)はそのためではありませんよね。

 常々思っています。 議員が多すぎる、少数精鋭にならないか。

 職業議員は要らない、与野党の議員数を拮抗させる選挙制度は

 ないものか、小選挙区を無くして比例制だけに、等々。

 皆 実現性が無い事ばかりです。

  1022
        キイジョウロウホトトギス

  何とか咲いたけど今年は数が少ない。

  去年は一杯咲いたから裏年なのかな。

 

« 見応えあり 君の名は | トップページ | 当然の答え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64384802

この記事へのトラックバック一覧です: 強行採決:

« 見応えあり 君の名は | トップページ | 当然の答え »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ