« 何故 見る? | トップページ | 何かが見つかる »

2016年11月26日 (土)

夜空

happy01オープン予定

 現在 予約なし

・昨日は、午前中に予定されていた教室が無くなり、一日フリー

 でした。 お蔭で国道筋に出かけて雑用をいくつか片づけるこ

 とができました。

 フリーの時間を与えられるのは嬉しいんですが、緊張が解け

 過ぎるのも考えものです。 妻は 「糸が切れた凧」 状態と称し

 ていますが、どこへ飛んでゆくのでしょう。

・いつもの Tさんが海の上から電話をくれました。 「久々に魚が

 釣れたから晩飯をどうだ」 と云う嬉しいお誘いです。

 鮎の友釣りが終わった頃にやるのが恒例です。

 今年は民泊が忙しくてご夫婦ともに疲れた様子でしたので、大

 変さを察し無理をしなければ良いんだけどと思っていました。

 Tさんは 「魚が釣れたから」 と仰っていますが、本当は日々寂し

 さに晒されている私の心境を察してほぼ定期的に声を掛けてく

 れます。 ”釣りが命” の Tさんです。 友釣りの季節が終わっ

 たので今は船を出しての漁だけになりました。 天気が悪くて船

 が出せない日が続くと、拷問みたいだろうと心配してしまいます。

 「最近の天気だと、畑が綺麗になりますね」 と冷やかしたら、苦

 笑いしながら 「まだ生垣のアカメの剪定が残っている」 と言って

 いました。 本当にジッとして居られない人なんです。

・食卓にはシオ(カンパチの子供)とカツオの刺身、それから相当

 の数の鮎の塩焼きが綺麗に盛られていました。

 鮎は冷凍してあったものを串に刺して、炭火で丁寧に焼いたも

 のです。 如何にも几帳面な Tさんらしく日置川と古座川の鮎を

  区別して説明してくれました。

 「こんなにいっぱい、何匹食べさせるつもりですか」 と聞いたら

  「一人2匹」 と答えられましたが、大皿の上にはそれ以上の数が

 盛られていました。 結局 Tさんの目算通り、ご夫婦とご近所の

 釣り仲間の Mさん と私の4人で、ほぼ鮎を食べ切って皿の上に

 は遠慮の塊の小さな鮎が1匹残っただけでした。

 いつもは1~2匹しか食べない私も4匹平らげました。

・Mさんも Tさんに負けず劣らず釣りが好きで、海や川に熱心に通

 っておられます。 昨日の話題は、数が少なそうで心配と云う鮎の

 話と、アオリイカ釣りの話です。

 Tさんは100日以上もアユ釣りに行って、例年通りの釣果を上げ

 たようです。 私の感覚だと今年は天候に恵まれなかったので、

 少ない釣果だろうと思って質問したんですが、意外な答えで流石

 だと脱帽しました。 名人と呼ばれる所以です。

 アオリイカは和歌山が発祥と云われているヤエン釣りが主ですが、

 生きたアジを泳がせてアオリイカを誘う、とても奥が深い釣りです。

 生きたアジを調達しなければならないので、その苦労や代替えの

 魚の話などで話題は尽きません。

 Mさんはいつもヤエン釣りで浮き釣りの経験がありませんでした。

 Tさんに浮き釣りの方法を教わり、仕掛けも譲って貰っていました。

・気心が知れた人と腹蔵なく話せる場は楽しく、ひと味違う Mさん

 のジョークも面白く あっと言う間に2時間が過ぎました。

 Mさんと私はいつも自分が飲むビールを持参します。

 今回、Mさんは焼酎一瓶を私は手作りのマカロニサラダも持ち寄

 りました。

 帰り際に、封を切らなかった焼酎を Tさんが 「置いておくよ」 と

 仰ったんで 「正月用ですね」 と匂わせておいてから、お礼を言

 って引き揚げてきました。 

 帰り道200mの 夜空の星がとても綺麗でした。

 Photo
  ネットから拝借した写真です。

  私のデジカメでは無理みたいです。

 

 

 

 

 

« 何故 見る? | トップページ | 何かが見つかる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64543133

この記事へのトラックバック一覧です: 夜空:

« 何故 見る? | トップページ | 何かが見つかる »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ