« 深く考えなくてイイ | トップページ | 過剰反応 »

2016年12月21日 (水)

曜変天目茶碗

happy01オープン予定

 明日 木曜日(22日) AM & PM/SSM4

 今週も釉掛けができます。

・昨日は3カ月毎の歯の点検日でした。<>

 いつものように手入れをして貰い、異常無しと云われた時は

 ホッと胸を撫で下ろし、早々に椅子から下りて退散しました。

 いつものように手入れをして貰い、異常無しと云われた時は

 ホッと胸を撫で下ろし、早々に椅子から下りて退散しました。

・テレビ番組の 「なんでも鑑定団」 を毎回見ています。 

 番組の前宣伝で 「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」 

 が出たとあったので興味を持って見ました。 

 この番組が始まって以来の大発見だそうです。 

 中国でに日常雑器として作られた曜変天目茶碗は、日本の茶

 席で珍重されました。 現存数が極少で日本だけに残っている

 そうです。 その残っている3点が国宝で、今回の出品はそれら

 と同等の逸品で鑑定額は2500万円でした。

 もし信長、秀吉、家康と歴代の武将の手を経ていたら国宝にな

 っていただろうと、中島誠之助が言っていました。

・陶芸の本などで種類を説明する写真を普通に見ていましたが、

 それほど貴重な物とは知りませんでした。 そう云えば大分前に

 現在の技術での再現を目指している陶芸家がいると、テレビで

 報じていたことが有ります。 天目茶碗には油滴天目など色んな

 種類があります。 酸化鉄を発色剤とした釉薬ですからそれ程

 特別な物とは思えませんが、その他の成分や焼成の条件で人智

 が及ばない、偶然性が高い味わい深い模様が出てくるために珍

 重されます。

・私が習った陶芸家の先生に、天目釉を追求したらと冷やかし半分

 に言われたことがあり、何となく記憶に残っていました。

 工業製品と違って理詰めや力づくではなく、自然に任せる要素が

 多い陶芸は、アナログ的で何となく癒される感じがしませんか。

  Photo

  希少性だけではなく、品物が持つ歴史が貴重なんですね。

  窯変天目のうち、宇宙を感じさせる模様の物は「曜変」と

  表すんですね。

« 深く考えなくてイイ | トップページ | 過剰反応 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64651865

この記事へのトラックバック一覧です: 曜変天目茶碗:

« 深く考えなくてイイ | トップページ | 過剰反応 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ