« 身近にある価値 | トップページ | 教室が無い日だから »

2016年12月 6日 (火)

慰めてくれる自然

happy01オープン予定

 今週 木曜日(8日) AM & PM/SSM4

 12月12日(月)に今年最後の素焼きをして、

           3,4週目を釉掛けにします。

・昨日は買い物ついでに地元の道の駅 海来館 でランチしました。

 本当は週一回位行って売り上げに貢献したいのですが、ついつ

 い出るのが面倒になり、余り行けていませんが刺身が食べたく

 なった時はそれを目的に出かけます。 統計的には日替わりラ

 ンチの方が多そうです。 それ以外取り立てて書くようなことは

 有りませんでしたが、4時頃カラスの鳴く声があまりにも賑やか

 なのでカメラ片手に外に飛び出しました。 地元のカラスの縄張

 りによそ者が入り込んだらしく、10羽近いカラスが尋常ではない

 声を張り上げていました。 よそ者が何なのかとうとう分かりませ

 んでしたが、カラスとは違う太い声で鳴く、これも鳥とは思えない

 聞いたことがない声でした。 慌てて家からサンダルで飛び出し

 たので、よそ者の姿を求めて竹藪に入るのを躊躇いました。

 何事かと思った騒動でしたが10分位で静かになりました。

・世の中は暗い話題ばかりです。 ブログ用の話題と写真が欲し

 かったのですが、残念ながら中途半端に終わってしまいました。

 私が住んでる地区は周囲を低い山に囲まれて、東側の山裾を

 日置川(ひきがわ)が流れており、西側の山の尾根筋は世界遺

 産の参詣道の大辺地(おおへぢ)の一部です。

 自宅から空を見上げると地区が盆地のように感じます。 

 その盆地を縄張りにしている代表は数羽のトンビで、次がカラス

 の群れで、不吉を感じさせるカラスの声は毎度のことです。

 50羽位の野鳩の群れも時々やって来ては、区内の空を回り電

 線に並んで羽を休めている光景もよく見ます。 群れ鳩はカラス

 と違って静かです。キュッキュッと云う翼を羽ばたく音と、悲しげ

 なクークッと云う鳴き声だけです。 私の相手をしてくれるのは

 家の周りを忙しく飛び回るイソヒヨドリで、今の時期はマンリョウ

 やナンテンの実などを漁っているようです。

 他にもヒワやモズなども時々見かけますが、残念ながら良く識別

 できません。動体視力が落ちた俄か田舎人には無理のようです。

・家の直ぐ裏が竹藪なので、鳥たちの羽休めや遊びにもってこい

 の様で、昨日のよそ者もそこに逃げ込んだようでした。

 空を見上げたら3羽のトンビが高空をゆったりと舞っていました。

 1羽のトンビを2羽ぐらいのカラスが襲い掛かって追い払う光景

 は何回も見ていますが、今回の相手はトンビではなかったのよ

 うです。

・今みたいな境遇になると、何でも生き物やその営みの気配は嬉

 しく感じます。 新車や窓ガラスに糞を落とされてもそれほど怒る

 気にはなりません。 鳥インフルエンザを寄せ付けない元気さが

 あればなによりです。

  1205
    鳴き声で頻りに威嚇するカラスたち。

  カメラに収めたのは2羽だけでした。決定的瞬間はなかなか。

« 身近にある価値 | トップページ | 教室が無い日だから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64586543

この記事へのトラックバック一覧です: 慰めてくれる自然:

« 身近にある価値 | トップページ | 教室が無い日だから »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ