« 笑顔を100倍に | トップページ | 知りたくない事 »

2016年12月10日 (土)

数の問題

happy01オープン予定

 今日 土曜日は予約なし。

 来週土曜日(17日)夜の予約が入っています。

 来週から釉掛けの予定です

昨日の土曜日は、朝8時からイノシシ避けのワイヤメッシュ柵の

 設置作業をやりました。 幸か不幸か教室が無い日に予定が組

 まれたので参加しました。

 モグラタタキならぬイノシシタタキの様相を呈してきましたが、

 50mの距離を6人でやったので、ついで仕事もやって半日で終

 わりました。 なんやかんや言っても皆 楽観主義ですから、次

 から次へとパッチを当てるような仕事になってしまいます。

 私なんぞは、すっかりイノシシにからかわれているような気持に

 なり、悪さをするイノシシは一頭だけではないかとか、作業をす

 る私たちを草むらから見て笑っているのではないかとか、疑心

 暗鬼になる始末です。

 半日作業でしたから身体は楽だった筈ですが、家に帰って来て

 からはグータラしてしまい、簡単な夕飯を準備するのに動いた

 だけでした。 頭の中ではあれもこれもと考えていたんですが。

・「一般市民は変化を嫌い保守的である」 と云うのが定説です。

 確かに平穏無事な毎日を過ごしていたら、それを壊したくないと

 思うのが人情です。 この所の世界情勢をみると、イギリスのEU

 離脱の国民投票、アメリカのトランプ氏の大逆転、韓国の大統領

 の弾劾など波乱続きで、刺激的です。

 これらは現状に不満を持ち、もっと暮らしやすい生活を国民が求

 めた結果だと思います。 しかしこれらの現象は、民主主義=

 多数決 方式の欠点を皆に考えさせることにもなっています。

 60:40 で決議された時、確かに方針は出ますが、40%もの人

 の意思が埋もれたり、泣いたりすることになります。

 ですから、民主主義下では討議を尽くして、極力全員一致の方

 向に近づけなければならないと云う大前提があります。

 しかし、現状では結果だけを求めて数で押し切ったり、討議より

 も党利党略を優先するのが当たり前になっており、それが仕事

 だと勘違いしている政治家もいます。

・日本では政治家に対する責任追及が甘い傾向が有り、辞任す

 れば幕引きになります。 国民性なのでしょう。 

 福島原発の後始末の費用が当初見込みの倍近い21.5兆円に

 なるそうです。 電気代や税金の形で結局国民が負担するしか

 ありません。 「想定外」 の一言で済まされ、責任を取った人が

 誰も居ません。ですから相変わらず原発頼みの方針がまかり通

 っています。 今となって、はけじめをつけろと主張しても相手に

 されないでしょう。 

 不満を羅列していると暗くなってしまいます。

 「さすが」 とか 「素晴らしい」 と思わせてくれる、政治はないもの

 でしょうか。 政治の手腕は稚拙でしたが、民主党が政権を握っ

 た時の期待感が懐かしい気がします。

 自民党の中にも、古い自民党をぶっ壊すと宣言した小泉元総理

 みたいな人がいました。

 ひょっとしたら、そういう風が吹くかも。

 安倍政権は怖すぎませんか。 こちらは数が偏り過ぎた弊害です。

 

  1209
    何回も登場している モチツツジ

  例のネバネバする奴、とても冬とは思えないな。

 

« 笑顔を100倍に | トップページ | 知りたくない事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64603819

この記事へのトラックバック一覧です: 数の問題:

« 笑顔を100倍に | トップページ | 知りたくない事 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ