« それでも正月がやって来る | トップページ | たまには邦画 »

2016年12月27日 (火)

SMAPよどこへ

happy01オープン予定

 1月12日(木)から教室があります。

・一昨日から集中的にやっていた、環境組織の会計としての支払

 い仕事がほぼ終わりました。

 自分を含めて16人が対象でしたが、2人だけが留守でした。

 ロボットみたいに無感情な自分ですが、一仕事の区切りがつく

 達成感に近いものが感じられて、晩酌が良く回ります。

・私はSMAP世代よりも上なものですから、解散と聞いてもさほ

 ど残念とは思いません。 「世界に一つだけの花」 を初めて聞い

 た時も、リズム感が無い変な歌だと思った位です。

 グループの歌もそれ程評価していませんが、頼れる兄貴分の雰

 囲気を持ったキムタクのファンだったと云っても良いと思います。

 誰かがSMAPを 「5人の個性はバラバラだが、一体感がある不

 思議なグループ」 と称していました。 当を得た言葉ですね。

 SMAPの歌で感動したことが無い私ですから、解散もそれ程惜し

 いとは感じずに、マスコミのヒートアップぶりにはピンときません。

 しかしグループとしての存在感は抜群でしたから、バラエティー

 番組は楽しく見ていましたから、解散を寂しくは感じます。

 一番残念なのは、スキャンダルまがいの経緯で解散すること

 です。 和気あいあいだと思っていたイメージが壊れてしまい

 ました。 メンバーは39~44歳ですから、それぞれが意思を

 持ち衝突することがあっても当たり前ですが、ファンは現実離

 れした美しいものを描きますから、また夢が一つ消えてしまった

 とも言えます。

・ファンの気持ちを第一に考えて、ある程度自分を殺してもグル

 ープを存続させる道も有ったと思いますが、それこそ全員一致で

 ないとそうはいかなかったでしょう。 ですからうまくいっているグ

 ループの存在は貴重なんですね。 ましてや夫々が溢れる個性

 の持ち主ばかりですから当然の結果なのかもしれません。

 キムタクには今後も銀幕・・・映画のスクリーンを表す昔の言葉・・・

 を通してお目に掛かれると思いますが、 「SMAP」 がこれからは

 それこそ レジェンド になるかと思うと不思議な思いです。

  Dqh1xmrlenge1dw_3848
  ネットで画像を検索すると、意外とポジションはばらばらですね。

« それでも正月がやって来る | トップページ | たまには邦画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531656/64679805

この記事へのトラックバック一覧です: SMAPよどこへ:

« それでも正月がやって来る | トップページ | たまには邦画 »

サイト紹介

  • “ランキングに参加中”クリックしてくれるとプチハッピー!
無料ブログはココログ